DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お泊り白山いとおかし 前編

110924_16.jpg
白山 御前峰にて(セルフ撮り)










晴天の約束された三連休。
仕事で無念の連休ならずなわたしを置いて
相方は、意気揚揚と北アのロングトレイルに出かけて行きました。
とはいへ、こんな良いお天気に、おとなしく家にいるのも悔しいので
わたしはわたしで、ちょっとしたチャレンジをしてみることにしました。

という訳で、、、今年3度目の白山へ、いざ!


110924_top.jpg

まー、、、それにしても良いお天気!
今日の登りは観光新道。


山に登り始めてまだ間もない頃、初めて登った白山で
下りに利用したこの観光新道が、わたしの膝痛との闘いのきっかけです。
それ以来、幾度となく白山には登っているけれど
あの時の痛みと辛さがトラウマとなって、どうしても足を踏み入れる
勇気がなかったコースです。

この夏、同じく急登と言われる(スケールは違い過ぎるけど)北アの南岳新道の
登りを経験したことで、ちょっぴり自信がついたこともあって、
登ってみたいな、、、という思いが密かに膨らみかけていたところを、
ある方の言葉が背中を押してくれました。

「山高きが故に貴からず」

実際は、自分が思うほど大変な登りではないのだと思います。
だけど、わたしにとってこれはトラウマ克服のチャレンジです。






110924_1.jpg

「大変なのは、登り始めの一時間だけでしょ」と、相方は言いました。
実は、一度歩いているにも関わらず、登山道の状況をぜんぜん覚えていないのです。

ひとりに抜かれ、ひと組みを抜いて、登る人に出会ったのはこのふた組みだけだけど
下りてくる人とは大勢すれ違いました。
あの時のわたしは、こんな道を登りに使う人の気が知れなかったけれど
今のわたしには、下る人の気が知れない(笑)。

かくして相方の言葉通り、一時間も登るとあっけなく稜線に顔を出しました。
もうほんとにそれは、あっけなく・・・






110924_2.jpg

室堂までの中間地点、仙人窟の岩の上で、山ガールたちが日向ぼっこ中。
登山部のメンバーにも、この景色を見せてあげたい!
ちょっと大変かもしれないけれど、あの二人ならきっと大丈夫。

雲ひとつない真っ青な空。ひんやり心地よい秋の空気。
360度の大展望にすっかり気を良くし、この時点ですでにトラウマ克服の気分。





110924_3.jpg
下から見上げる殿ヶ池避難小屋


110924_4.jpg
上から見下ろす殿ヶ池避難小屋


でもほんとに大変だったのはここからだったのでした。
殿ヶ池避難小屋を過ぎ、馬のたてがみあたりが辛かった~(笑)
でもたとえばこれが砂防新道だったとしても、十二曲りあたりでいつもヘロヘロ
なのだから、中盤戦というのは、どこを歩いていても辛いものなのかもしれません。





110924_5.jpg
黒ボコ岩の上に立って写真を撮っています。


ふ~
黒ボコ到着! ここまで3時間。
お昼をまわり、少し雲が湧いてきました。
さてここから、ラストスパート!







---

思いの外順調に、室堂に着いてしまいました。
時間的にも体力的にも、これからでも下りられなくはないけれど・・・
実は今日、もうひとつのチャレンジが。

「ひとりで小屋泊まり」。




110924_6.jpg

なんてったって、ひとり上手のひとりっこ(笑)。
テント装備さえ背負えれば、ひとりでテン泊だってやぶさかじゃありません。
でも悲しいかなそんな馬力は持ち合わせておらず、かと言って布団に3人とか
絶対有り得ないわけで、今までチャレンジ出来ずにいた単独お泊り登山。

でも、そんな同志に朗報ですよ。
室堂自炊部屋、なかなか快適でした。これならいける。


以前泊まったときは、夏の最盛期だったこともあって詰め込まれた感が否めず、
しかも運悪くイビキおやじの隣になったりしたもんだから一睡も出来なくて
それがきっかけで小屋泊恐怖症になり、テント購入に踏み切ったといういわくつきの
白山室堂。






110924_7.jpg

でも今日はこんな感じ。
夏はここもきっと詰め込まれるんだと思うけど、今ならこんなにゆったり。
布団は敷いてあっても来なかった人とかもいて、実際はもっと余裕がありました。
床が土間になっていて、部屋の真ん中にデンと構えるテーブルで自炊が出来ます。
自炊者用の部屋というだけあって、山慣れた人ばかりだったようで
みなさん行動がスマート。 ほんと、まったくストレスは感じなかったです。



ちなみに今日のザックは、オスプレー・タロン33。(右下の赤いザック)
えぇ、また買っちゃいました(笑) こういうこともあろうか、と。
夜中に外をウロウロしようと思っていたこともあって、防寒対策ばっちり詰め込み、
三脚ほか撮影機材に3食分の食料。行動食&ドリンク。暇つぶし用の文庫本。
なんやかんやで約8kg。プラス一眼レフカメラ。
観光新道だからとちょっと心配だったんだけど、まぁこれくらいなら問題なしでした。






110924_8.jpg

枕元の窓から御前峰ビュー。

それにしても早く着きすぎて暇なので、散歩でもしてくるかー。
アタックザックに簡単な荷物を詰め込んで、ちょっとそこまで、、、
のつもりで出たのですが・・・




後編へ続く



スポンサーサイト
  1. 2011/09/26(月) 23:21:08|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。