DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鹿教湯温泉 三水館  お部屋編

110610_top.jpg
鹿教湯温泉 三水館 「蔵」   長野県上田市





お風呂とごはん編はこちら





友人まるまるの結婚式にご招待を頂いた。
場所は信州・長野県。
東京から駆けつけることになる友人たちとも久々に会えるし
ここはひとつ、ついでに長野観光も楽しんじゃえということで
有給休暇もオマケに付けて、結婚式前乗りの二泊三日で
初夏の長野を満喫してきました。

わたしは家を夜明け前に車で出発。長野新幹線でやって来る東京組を、
朝9時、長野駅前でピックアップして、日中は善光寺と小布施を観光。
平日ということもあってか、比較的どこも静かな印象。
それとも、、、ここもまだ、震災の影響を引きずっていたりするのだろうか?

今夜はわたしのリクエストで、以前から、長野に来ることがあったら
ぜひ泊まってみたかった温泉宿に宿泊です。
せっかくステキなお宿に泊まるのだから、滞在すること自体を楽しみたい。
観光はそこそこに切り上げて、ちょっと早めのチェックイン。





110610_1.jpg
お茶菓子は、手作りの小さなタルト。


松本と上田の中間地点、山深い寂れた風情の温泉街のはずれに
「三水館」はありました。
お部屋に案内して下さった中居さんが、お茶を煎れてくれました。





110610_2.jpg

このお部屋は、明治40年に建てられた松本の呉服商の蔵座敷を移築したもので
1階の和室はほぼ当時をそのまま再現しているのだそう。



ここ三水館は、部屋数7部屋の小さなお宿。
週末は、半年先まで予約がとれないとのふれこみで知る人ぞ知る人気宿。
平日に泊まれるからこそ、割と近々でも予約がとれたというわけです。

今日、私たちが泊まるお部屋の名は「蔵」。
7部屋の中でも、ちょっと特別な離れのお部屋です。
ネットで検索すれば、他の部屋の宿泊感想記は山ほどヒットするのですが
なぜかこの「蔵」に関する情報が、あまり見当たらないのですよね。
そんなこともあって、未知の世界に探検気分でワクワクです。





110610_3.jpg

レトロなガラス戸を開けると、ここから先がわたしたちだけの空間。
ほかの部屋に宿泊しているお客さんは、知らない景色。




110610_4.jpg

110610_5.jpg

実はこの渡り廊下は、3年前のリニューアルで増築された部分だそう。
今はこうして、本館から直接行き来が出来るようになっているけれど
それ以前は、完全な離れになっていて、写真を見ると蔵そのものの風情でした。





110610_6.jpg

110610_7.jpg

以前は出入口だったであろう重厚な扉。
今はデッキになっていて、お風呂上がりに涼むのに最適。
この季節、ちょっと虫が多いのが難点か・・・






110610_8.jpg

部屋の奥の窓枠に、こんな張り紙が・・・

「窓を開けたところに 鳥の巣があります。 親鳥が卵をあたためて
おりますので、そっとしておいてあげて下さい。」

サプラーイズっ!



110610_9.jpg

110610_10.jpg

おかげで常に障子は締切ですよ。
でもやっぱりちょっと気になるので、そーっと写真だけ。
ママさんがお留守の際に、卵を3コ確認。かわいいのぉ('-'*)フフ






さてこの「蔵」、メゾネットになっていて2Fの寝室がまた素敵なのですよ。
1Fの和室の雰囲気を残しつつ、洋風にアレンジされたモダンな造り。


110610_12.jpg

今日は3人で宿泊なので、ベッドはこんな配置になっていますが
2人きりだったりすると、もっとゆったりした空間になるでしょうね。
定員としては7名程度とのことなので、グループで宿泊するのもいいでしょう。
ちなみに、2Fにもトイレと洗面があるので多人数でも安心。





110610_11.jpg
天井の梁が見事。

写真のこちら側に、イスとテーブルのセットがあって、
夜はここでまったりお酒を片手にガールズトークでも、、、
ってな感じなのですが・・・





110610_13.jpg

わたくし朝4時起きで、一日中ドライバーだったりしたもんで、
さすがに疲れて眠くて眠くて起きてられませんでした┐(´-`)┌
もったいないけど、夜更しもそこそこに一番先にベッドに潜り込みました。





噂通り、塵一つなく完璧なまでに清潔な印象。
梁から柱から床から、木部分はどこも磨きあげられツヤツヤでした。
間接照明を上手に使ったムーディなライティングも手抜きなし。
家具はもちろん、ミニキッチンやトイレなど水周りの小物なども
この部屋にしっくり馴染むナチュラルなもので徹底されています。

高級ホテルのように、至れり尽くせりのアメニティグッズは用意されていないので
それらを楽しみにしている女子には、ちょっと物足りないかな。
わたしはむしろ、普段使っている以外のものを使用するのが苦手で、いつも自分の
ものを持参しているので問題なしなんだけど。

冬はお部屋にコタツが入るようなので、そんな季節に伺うのも良さそうです。



スポンサーサイト
  1. 2011/06/18(土) 21:12:57|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。