DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バッグをリペア

110502_top.jpg
久々にミシン仕事。









わたしのミシンはとても重いので、しまってしまうと出すのが億劫で
ついついミシン仕事とは疎遠になってしまいます。
たまに、相方にパンツの裾上げなんか頼まれても、そりゃ面倒で面倒で(笑)
出しっ放しにしておけば、気軽に仕事に取り掛かれるだろうということで
先日、ミシンを乗せられる小さなテーブルを購入しました。
でもそのテーブルも、いつのまにやら物置になっていて・・・
まずテーブルまわりを片付けないと仕事が出来ないという・・・アカンやん!




110502_1.jpg
お見苦しい写真で失礼。


今、愛用しているバッグ。
内側にも外側にも、小さなポケットがいっぱいついていて
ごちゃごちゃになりがちな小物も整理出来るのでとても便利。

だいぶ使い込んで、持ち手が擦り切れてボロボロ。
でもこのバッグ、仕立てが結構しっかりしていて、持ち手以外は問題がなく
捨てるのもなんだか惜しいような。
同じようなバッグがあったら買い換えようと思っているのだけれど
新たな出会いがあるまで、もうひと頑張りしてもらわなければいけないので
それまでこのみすぼらしい姿を、とりあえずなんとかしなければ。






110502_5.jpg

近所の手芸屋さんでハギレを購入。 麻混のコットン、50cmで525円也。
同じようなストライプ柄が見つからなかったので、似たような色目の生地で。
まず持ち手を外し、中の芯を取り出して再利用。







110502_2.jpg

はい、完成。

取り掛かってさえしまえば、すぐに出来ることなんだけど
重い腰を持ち上げるまでが大変なのよねー。







110502_3.jpg

縫い上がりは取って付けた感が否めなかったものも、
一度洗濯すれば、そこそこ馴染んでいい感じに。
少し使っていれば、またさらに馴染んでくれるでしょう。






110502_4.jpg

何を隠そうわたくし、服飾の専門学校を卒業しております。
入学して間もなく、それまで使っていた家のミシンをハードワークで破壊。
専門学生は、すごい勢いで縫いますからね。
特殊生地も扱うし、普通の家庭用のミシンなんかじゃ仕事になりません。
母に、職業用のミシンを買ってもらいました。それがこのミシン。

というわけで、相当の年代物です(笑)
最近はめっきり使うこともなくなってしまったけれど
まだまだぜんぜん、なんの問題もなく現役です。
大切に使えば、一生モノかな。 ミシンって、頑丈に出来ているんですねー。

たまには自分の服でも縫ってみようか、、、な、、、
ってか、バッグも自分で作ればいいじゃんって話ですが。



スポンサーサイト
  1. 2011/05/06(金) 19:47:05|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。