DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・花咲く蒸しパン

110302_top.jpg
ミルク・キャラメル・チョコレート








相方の協力もあり(笑)順調に消費が進み、また爆蒸し。
いや~~ハマるわぁ。
蒸しパンの神が降りてきて、次から次へと作りたいものが浮かんでくる。
目についた簡単な材料で、とにかく片っ端から蒸す!蒸す!蒸す!
あんなに苦労したのが嘘のように、もうノッペリとはオサラバだ~




110302_1.jpg

ミルク&甘納豆
水分は牛乳で。コンデンスミルクとバニラエッセンス入り。





110302_3.jpg

ココア&チョコチップ
濃いめの色にしたかったので、ノーマルココアとブラックココアを半々で。
チョコレートは、普通の板チョコを粗く削ったもの。
食べる時に軽くチンすると、チョコが溶けてフォンダンショコラ風味。





110302_2.jpg

キャラメル
深めに煮詰めたキャラメルを水分代わりに。
バターを風味付けに入れました。







---
蒸しに使う鍋。
セイロでもなく、ル・クルーゼでもなく、、、たどり着いたのは・・・





110302_4.jpg

何の変哲も無い、昔ながらのアルミの蒸し鍋。
家に転がっていた、30~40年?モノの古い鍋です。
小さくて軽くてお手軽なので、たまにプリンを作ったり
ベンのゴハン用に野菜を蒸すのに使ってました。
色々なもので蒸してみたけれど、なぜかこれが一番きれいに花が咲くんです。

おこわを炊いたり、肉まんを蒸したり、、、
それらを蒸篭は圧倒的に美味しくしてくれます。
でもきっと、そういう優しい蒸気では、蒸しパンの爆発力は引き出せない
のかもしれない。
この鍋が走り出しそうなくらい、最強の強火で一気に蒸し上げます。
ガバッと割れると、生地は倍以上に膨らみふんわりとした食感に。
ハード系パンの、クープの働きにも似ているのかもしれません。



さて、と、、、
小麦粉の蒸しパンを攻略したところで、そろそろここいらでもう一度、
米粉蒸しパンに再チャレンジしてみるかー。



スポンサーサイト
  1. 2011/03/02(水) 12:56:46|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。