DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

50% vs 100%

101219_top.jpg
ロールパン 米粉50%と米粉100%で焼き比べ~









アレコレと小細工したい気持ちをグッと堪え
ここはシンプルに、ロールパンで焼き比べをしてみました。


違うのは、米粉が100% か、米粉50%:小麦粉50% かということだけで
他のBPはすべて同配合です。
ただし、米粉のほうが給水率が高いようで、若干水分が多く入りました。
いつも水分は、BPに関わらず手の感触で微調整しているので、
今回も、どちらも同じこね上がりになるよう調整した結果です。
ちなみに、小麦粉は国産小麦「はるゆたか」。

工程的には、50/50のみ一時間弱一次発酵、100%はこね上げてすぐに分割。
別々に2回こねなくてはいけないので、このタイムラグも計算のうえ作業。
それぞれ、粉200gで8分割。
ベンチやら、成型やら、出来るだけ条件を整えるためリズミカルに
作業をしていると、まるで気分はパン屋さんです(どんだけ!笑)




101219_1.jpg
米粉100% 発酵前


101219_2.jpg
米粉100% 発酵後


同じような手加減で成型したつもりではありますが
50/50の方、一次発酵後の生地がふわふわで非常に作業がし辛くて
だいぶ生地を痛めたかも。
っていうかそもそも、ロールパン自体作るのが久々で
かなり勘が鈍っている感否めなし。






101219_3.jpg

うちのオーブンは、ガスコンベクション。
庫内でファンが廻って、一応焼きムラを抑える仕様にはなっているけれど
世の中そうそう上手くはいくはずもなく・・・(苦笑)
ばっちり焼きムラありまくるので、いつもはターンテーブルを使って
焼ける分だけ回数を分けてちまっと焼いているわけですが
今回はなにせ条件を揃えるという縛りがあるので、角天板二段で一気に
焼くこととします。 当然焼きムラまくったので、途中何度か扉を開けて
段やら向きやら変えました。所詮小さなオーブンです。庫内温度低下は免れず
これも本当はなるべくやりたくない作業なんですけどね。






101219_4.jpg

焼きムラのせいなのか? いや、粉の違いなのか?
手前、米粉100%のほうがぐっと焼き色が入りました。
でもってなぜか、巻き目ぱっくり割れだしーっ!(;_;)
生地の伸びも良かったし、成形は50/50よりむしろこっちのほうが
すっごくやりやすかったんですけどね、、、なぜ?





101219_5.jpg
左2列:米粉100  右2列:50/50

持った感じも、見た目も、明らかに50/50のほうがふわふわ。
100はどっしり、、、という感じかな。





101219_6.jpg
左:米粉100  右:50/50

焼き色を整えようとして、ちょっと焼き込み過ぎたのかも。
若干パサつき気味。
確かに50/50のほうがふんわり感はあるけれど
もっちりとした米粉の醍醐味を味わうならば、100も捨てがたい。






101219_7.jpg

なんか、こないだの様な感激はなかったなー。
熱をもろに受ける小さなテーブルロール的なパンには合わないのかな。
もしかしたら、ブルマンとかいいのかもしれない。

実はこのあと、更に米粉100%生地でベーグルを焼いたのです。
作業が夕方に及びバタバタになって余裕がなく、写真を撮れなかった
こともあったのでレポはまたいつか。

それがねぇアナタ!







・・・次回のレポをお楽しみに(笑)



スポンサーサイト
  1. 2010/12/21(火) 21:00:41|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。