DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

のりたまさんのフェルトドッグ

noritama_top.jpg
羊毛フェルトの「ちびベン」  のりたまさん:作










ベンが旅立って間もなくの頃、ネットのお友達のりたまさんから頂いたメール。
温かい励ましの言葉と、
「少し先になりそうだけど、贈りたいものがあるので待っていて下さい」
とのメッセージ。

その後しばらくして、わたしがベンのコートを捨てずに持っていることを
知ったのりたまさんから、そのコートをほんの少しわけて頂けないか?
との問い合わせ。
贈りものというのは、ニードルフェルトで作るフェルトドッグだったのです。
ニードルフェルトは、基本的には羊毛で作るものですが、最後にベンの
本物のコートを挿して仕上げたい、と。
後日、託したベンのコートは、お腹と尻尾の部分に使って頂いたそうです。

彼女は、ベンに実際には会っていないので、このブログの写真を参考に
ベンの分身を作るべく、努力して下さったわけです。
お人柄が滲み出るような、温かい表情が出ていますよね。




noritama_2.jpg

首輪も自作されています。
以前、のりたまさんのブログで、彫金にトライされているのをみていて
わたしもやってみたいな・・・と、実はとても興味があったんですよね~

その時のエントリーを改めて見てみると、仕上げた作品たちの中に
今回頂いたこのベンのネームプレートも、写っているではないですか!
いやー、、、ぜんぜん気付きませんでした(笑)








noritama_1.jpg

noritama_3.jpg

noritama_4.jpg

昨年のちょうど今頃わたしは、ベンがもう永くはないみたいだということを知って
失意のどん底に陥り、毎日泣いて暮らしていたんだったな。
あれから一年、出口の見えないとてつもなく長いトンネルの中を歩いている感覚は
正直今も拭い切れないでいるけれど、季節は確実に一回転し、もうすぐまた
ベンの大好きだった雪の季節がやってきます。
あの日、雪と共に逝ってしまったベンが、今度は雪と共に空から舞い降りてくる。







noritama_5.jpg

一年経つ今でも、こうしてベンのことを想って下さる人がいること
本当にありがたいなと思います。
このブログを通し、「ベンくんのファンで・・・」と言って下さる方もいらっしゃり、
たわいもない日常でも、記録を残すことでの大きな出会いを実感しています。

のりたまさん、ほんとにありがとう。





スポンサーサイト
  1. 2010/11/12(金) 21:54:20|
  2. ベン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。