DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きのこのシチュー

100529_top.jpg
きのこのクリームシチュー








大昔の学生時代、「イタリアントマト」というカジュアルイタリアンの店で
バイトをしていたことがあります。
今もイタトマは健在のようですが、当時とは、店のイメージも雰囲気もメニューも
だいぶ様変わりしたようですね。昔はもうちょっとオシャレ(笑)なイメージだった。
あの頃は、若い子が入れるイタリアンの店なんてあまりなかったし
ケーキなんかも、すごく美味しく感じたなぁ~

メニューのひとつに、器の上をパンで蓋したきのこのようなスープがあって
「ズッパフンギ」というネーミングを鮮明に覚えています。
本来、イタリア料理の「ズッパ ディ フンギ(zuppa di funghi)」といえば、
同じきのこでも形を模したものではなく、具材がきのこのスープのことのようですね。
こんな風に、スープやシチューの器を、パンやパイで蓋する料理は
ロシアの定番料理でもあり、ケンタッキーフライドチキンには、チキンポットパイ
なんてものもありますね。
雲の上のパン屋さんとして有名な志賀高原の横手山頂ヒュッテでは、
「きのこ雲スープ」という名物メニューにもなっています。



100529_1.jpg

オーバーナイトで仕込んでおいたパン生地を、シチューの入ったココットに
かぶせ、周囲をしっかり押さえて密着させます。
きのこのシチューと言っても、今回はきのこは入っていないのだけど。
ロシアではボルシチなんでしょうね、やっぱり。
カレーを入れても美味しそうです。





100529_2.jpg

中のシチューの水分が、膨らみに影響しているのでしょうか?
ちゃんとぷっくりと丸くなるので面白い。
器の大きさに対するパン生地の分量がいまいちわからなくて
今回はちょっと少なかったようです。
もうちょっとこんもり乗せて、ぶわっと膨らませた方がかわいいかも。





100529_3.jpg

100529_4.jpg

パンをむしり取り、中のシチューに浸しながらいただきます。
何の変哲もないいつものスープも、パンを被せるだけでちょっとしたご馳走に。
これ、ダッチオーブンでもいいんじゃない!?



スポンサーサイト
  1. 2010/05/30(日) 10:51:51|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。