DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャムを作るならパンも焼こう

100517_top.jpg
ヨーグルト入りふわふわちぎりパン








本屋さんで立ち読みしていて目に止まった いがらしろみさん の
「イチゴとバナナのジャム」がとても美味しそうだったので
その足でスーパーへ行って、イチゴとバナナを購入。
ジャムを作るなら、それをつけて食べるパンも欲しいなぁ~・・・
ということで、ようやくパンを焼く気力が沸き起こったのでした。

ずいぶん前に封を開け、放ったらかしてあった粉、、、大丈夫だろうか?
まぁいいか、死にゃあしまい。
使い切りたいので、一度に粉をいっぱい使える天板いっぱいに焼くパンを。



100517_1.jpg

最近はもっぱら、ジャムを作るなら手軽に電子レンジでチン!だったけど
今日はロミさん風に、鍋で煮立てて作ってみよう。
イチゴは潰さず、ゴロリと果肉が残るように。
近頃は、ジャムのことをコンフィチュールとかって言うけれど
なんだかこっぱずかしく思うのは、わたしだけでしょうか(笑)






100517_2.jpg

卵もバターもたっぷり、牛乳とヨーグルトとハチミツも少々加え
昨今のマクロビブームも完璧に無視する超リッチ配合。
白いご飯もふわふわの白いパンも卵も乳製品も大好きなわたしに、
マクロビオテックなど絶対に無理~~(爆)

覚書:
粉500 ドライイースト3 捏上温度・室温発酵27℃で3時間 焼成200℃6m-160℃4m





100517_3.jpg

内層に水分を残したしっとりもちもちしたパンにするためには
高温短時間で焼くべし・・・との情報を参考に温度設定したら
やっぱりまた焼き色が入ってしまった。
実は職場で「アルプスの少女ハイジ」の話をしていたもんだから
もう頭の中は白パンで・・・
次回こそ、真っ白なパンにするべく再チャレンジしたいと思います。




スポンサーサイト
  1. 2010/05/18(火) 20:48:02|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。