DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東山ボヌール

100530_top.jpg
山中温泉東町 東山ボヌール








小松空港や金沢方面に出かける際に、抜け道としてたまに通りかかる山中温泉。
寄り道してお風呂にだけ入ったことはあったけど、泊まるにはちょっと近すぎるし、
目的地になったことはなく降りて散策というのも今までしたことはなかったのです。

その山中温泉に新しくOPENしたカフェが、とてもステキだという噂を聞いていて
いつか行ってみようとタイミングを見計らっていました。



100530_1.jpg

鶴仙峡の入り口に位置する黒谷橋のたもとに、そのカフェはありました。
昔は旅館だったという古い建物を改装したそのカフェは
外観はたぶん、当時の風情をそのままに残したものなのだと思います。





100530_2.jpg

100530_3.jpg




でも、ひとたび中に足を踏み入れてみると、そこにはレトロモダンな空気が
広がっていたのです。
程よい調光の照明。静かに流れる音楽。本棚にずらりと並ぶ外国絵本。
大きく縁取られた木枠の窓からは、外に広がる新緑がまるで迫ってくるようです。
今日は生憎のお天気で、鬱蒼とした木々と相まってしっとりと薄暗く
それがまた、なんとも良い雰囲気を醸し出していました。


100530_4.jpg

100530_5.jpg

100530_10.jpg

100530_6.jpg

中庭にあるデッキの向こうには、小川に続く生けすがあって、
ここ数年、鶴仙峡でもチラホラ見かけられるようになったホタルを呼び戻すべく
ビオトープ化する計画が進んでいるのだそうです。
今のところ、営業時間は17時までとのことですが
もしもめでたくホタルがたくさん舞い飛ぶようになったなら、その季節にはぜひ
夜間営業などしてもらえたら、きっとステキでしょうねぇ。




100530_7.jpg

2Fの一部もカフェスペースに改装されていて、ほんの数人だけが座れる
特等席になっています。窓の外には黒谷橋と鶴仙峡。
たまたま席が空いていたので、最初はここに座ったのですが
食事は1Fでしか出来ないとのことで、ちょっと残念だったけど下の席に移動です。




100530_8.jpg

ランチのビーフシチューセットを注文。
スキレットに乗った熱々のごはんと、お肉がゴロゴロ入った濃厚デミの
ビーフシチューはソースポットで別提供。
これにドリンクと、デザートはシャーベットでした。




100530_9.jpg

コーヒーもとても美味しかったです。
ミルクピッチャーやシュガーポットも、ここにはシルバーがお似合いです。


はっきりしないお天気のせいでしょうか?
日曜日だというのに店内はとても静か。
あとで知ったことですが、良いお天気の続いたこのGWには
凄まじく混雑していたらしいのです。きっとその時に訪ねていたら、
印象はまったく違うものになっていたかもしれません。
でもやっぱり、こんなカフェでは静かに過ごしたいもの。
わたしにとっては、それが何よりお気に入りのカフェの条件です。

久々に、心踊った珈琲探訪でした。





100530_11.jpg
黒谷橋


さて、、、、そろそろカフェをあとにして、散策しながら車に戻りましょうか。
鶴仙峡は、全長1.3kmにわたる緑深い渓谷。
その渓谷に沿って遊歩道が整備されています。
カフェのあった黒谷橋から、車を停めたこおろぎ橋までの道のりを
のんびり歩いて帰ります。





100530_12.jpg

途中には、川床なんかもあったりして。
お茶や甘味を楽しめます。





100530_13.jpg

カフェに近い駐車場がいっぱいで、仕方なく離れた場所に車を停めたことで
思いがけない散歩になり、ちょっとしたリフレッシュになりました。
苔生した足元や木々が生い茂り、すっぽりと緑に包まれながら
すぐ近くまで来ていても、知らずに通り過ぎてしまっているステキな場所が
まだまだいっぱいあるんだろうなぁ・・・と思いました。

そのうちまた、のんびりお茶でも飲みに来ようと思います。



スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 22:49:24|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

きのこのシチュー

100529_top.jpg
きのこのクリームシチュー








大昔の学生時代、「イタリアントマト」というカジュアルイタリアンの店で
バイトをしていたことがあります。
今もイタトマは健在のようですが、当時とは、店のイメージも雰囲気もメニューも
だいぶ様変わりしたようですね。昔はもうちょっとオシャレ(笑)なイメージだった。
あの頃は、若い子が入れるイタリアンの店なんてあまりなかったし
ケーキなんかも、すごく美味しく感じたなぁ~

メニューのひとつに、器の上をパンで蓋したきのこのようなスープがあって
「ズッパフンギ」というネーミングを鮮明に覚えています。
本来、イタリア料理の「ズッパ ディ フンギ(zuppa di funghi)」といえば、
同じきのこでも形を模したものではなく、具材がきのこのスープのことのようですね。
こんな風に、スープやシチューの器を、パンやパイで蓋する料理は
ロシアの定番料理でもあり、ケンタッキーフライドチキンには、チキンポットパイ
なんてものもありますね。
雲の上のパン屋さんとして有名な志賀高原の横手山頂ヒュッテでは、
「きのこ雲スープ」という名物メニューにもなっています。



100529_1.jpg

オーバーナイトで仕込んでおいたパン生地を、シチューの入ったココットに
かぶせ、周囲をしっかり押さえて密着させます。
きのこのシチューと言っても、今回はきのこは入っていないのだけど。
ロシアではボルシチなんでしょうね、やっぱり。
カレーを入れても美味しそうです。





100529_2.jpg

中のシチューの水分が、膨らみに影響しているのでしょうか?
ちゃんとぷっくりと丸くなるので面白い。
器の大きさに対するパン生地の分量がいまいちわからなくて
今回はちょっと少なかったようです。
もうちょっとこんもり乗せて、ぶわっと膨らませた方がかわいいかも。





100529_3.jpg

100529_4.jpg

パンをむしり取り、中のシチューに浸しながらいただきます。
何の変哲もないいつものスープも、パンを被せるだけでちょっとしたご馳走に。
これ、ダッチオーブンでもいいんじゃない!?



  1. 2010/05/30(日) 10:51:51|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ニリンソウを見に徳沢へ

100522_top.jpg
氷壁の宿「徳澤園」と、徳沢キャンプ場に咲き誇るニリンソウ








土曜日、相方は毎年恒例になりつつある「残雪期日帰り富士山」山行へ。
もちろん、そんなハードな山行には付き合えるはずもないわたしは留守番。
・・・の、つもりだったけど。
家でおとなしくしているのにもそろそろ飽きてきたし
たまには外の空気も吸わにゃ!

前から気になっていた、この季節の徳沢のニリンソウ。
HPでチェックすると、だいぶ良い感じになっているとのこと。
ということで、前日突然思い立って上高地単独行いざ!



100522_1.jpg
AM9:00 かっぱ橋  お天気どよーん ( ノД`)

マイカー規制で、ちょっと敷居が高く感じていた上高地だったけど
一昨年秋の涸沢山行で、実は結構気軽に行けることを知りました。

朝5時半、奇跡的に早起きが出来て家を無事出発。
平湯あかんだな駐車場に車をデポ。シャトルバスに乗り換え上高地入り。
なんやかんやしてても9時にはかっぱ橋ですから、結構お手軽でしょ。





100522_2.jpg

天気予報では、お日様マークだったのだけど
現地に着くと空はどんより。
遠景は残念な景色だけれど、涼しくて歩くには調度良い気温。
お肌にも優しいし、ね(笑)

徳沢までの道のりは、一時間半ほど。
中間地点の明神を過ぎるあたりから、ニリンソウが賑やかになってきました。





100522_3.jpg

わかりますかねぇ?これ。
ニリンソウの絨毯ですよ!?
林道ずっと、右も左もニリンソウ、ニリンソウ、ニリンソウ。
そんなニリンソウストリートをひたすら歩くと・・・





100522_4.jpg

井上靖の山岳小説「氷壁」に登場する宿、徳澤園に到着。
ここから見える岩稜・前穂高東壁が、小説の舞台になっています。
この小説の主人公・魚津の婚約者かおるが、この徳澤園に宿をとったことから
この宿は、”氷壁の宿”と呼ばれています。

もともと徳沢は、上高地牧場として開拓された土地だそうで
徳澤園は、牧場を守る番人の山小屋として誕生したのが始まりだそう。
現在はもう牛馬はいませんが、ハルニレやカツラの巨木が点在する草原は
牧場の面影が残る、素晴らしい景色。あぁ~晴れていたら最高なのに!





100522_5.jpg

ニリンソウの花期としては、まだ最盛期ではないけれど
今日もたくさんの写真愛好家が訪れていました。

わたしは、ハルニレの木の下に場所をとり
お湯を沸かしてのんびりランチ。
登山の疲れを癒す人、昼寝をする人、熱心に写真を撮る人、、、
みな思い思いに過ごしています。

テントも数張り。
この季節はテン泊も気持ちが良いでしょうが、せっかくなので徳澤園に
泊まってみたいものです。
でも実際は、登山者にとってここはあくまで涸沢や奥穂、蝶ヶ岳の登山口であって
単に上高地からの通過点に過ぎません。
ここを目的地とし、引き返そうとしているわたしは今日、
ある意味とても贅沢な過ごし方をしているのだと思います。





100522_6.jpg

ニリンソウの数は、本当にすごかったです。
でもなぜでしょう・・・
わたしにはなんとなく、自然なものとは思えなかったのです。
ロープが張られ、保護されている様はもはや養殖(?)というか。
ロープが張られ立ち入り禁止の看板が立っていても
中に入り込んで夢中で撮影している人もいるくらいですから
この景観を守るためには致し方ないのかもしれませんが。

一昨年の春、刈込池で出会ったニリンソウの感動が
あまりにも強烈に残っているからなのかもしれません。
数は当然少なかったけれど、あのニリンソウは、まさに自然の中の花でしたから。





100522_7.jpg

100522_8.jpg

お昼を過ぎ、だいぶ人も増え賑やかになった徳沢に別れを告げ帰路へ。
明神橋を渡り、往路とは反対の梓川右岸を帰ります。
嘉門次小屋の岩魚とビールを横目に、明神池を見学し穂高神社奥宮を参拝。
あの時、涸沢の帰りは膝が痛くて足を引きずって泣きながら歩いたけれど(苦笑)
今日は快調に飛ばして寄り道しながら2時間でかっぱ橋到着。






100522_9.jpg

そして今日はもうひとつ、楽しみにしていたことがありました。
五千尺ホテル喫茶室のケーキとコーヒー(嬉)
うーん、、、ラグジュアリー!





100522_10.jpg
季節のフルーツタルトとアイスコーヒー。どちらも美味っ!

せっかくここまで独りで来たのだから
相方が一緒では出来ないことを、やっておかなきゃね~(笑)
(ここでケーキを食べたいなんて言ったって、嫌だと言うに決まってるもの)





お天気はイマイチぱっとしなかったけれど
思い切って出かけて良かったです。

ニリンソウはたぶん、来週末あたりが見頃ではないでしょうか?
徳沢までは、UP/DOWNのほとんどない穏やかな散策路です。
徳沢往復でも充分楽しめますから、
登山はちょっと、、、という方も、出かけてみてはいかがでしょうか?




  1. 2010/05/23(日) 21:33:12|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ジャムを作るならパンも焼こう

100517_top.jpg
ヨーグルト入りふわふわちぎりパン








本屋さんで立ち読みしていて目に止まった いがらしろみさん の
「イチゴとバナナのジャム」がとても美味しそうだったので
その足でスーパーへ行って、イチゴとバナナを購入。
ジャムを作るなら、それをつけて食べるパンも欲しいなぁ~・・・
ということで、ようやくパンを焼く気力が沸き起こったのでした。

ずいぶん前に封を開け、放ったらかしてあった粉、、、大丈夫だろうか?
まぁいいか、死にゃあしまい。
使い切りたいので、一度に粉をいっぱい使える天板いっぱいに焼くパンを。



100517_1.jpg

最近はもっぱら、ジャムを作るなら手軽に電子レンジでチン!だったけど
今日はロミさん風に、鍋で煮立てて作ってみよう。
イチゴは潰さず、ゴロリと果肉が残るように。
近頃は、ジャムのことをコンフィチュールとかって言うけれど
なんだかこっぱずかしく思うのは、わたしだけでしょうか(笑)






100517_2.jpg

卵もバターもたっぷり、牛乳とヨーグルトとハチミツも少々加え
昨今のマクロビブームも完璧に無視する超リッチ配合。
白いご飯もふわふわの白いパンも卵も乳製品も大好きなわたしに、
マクロビオテックなど絶対に無理~~(爆)

覚書:
粉500 ドライイースト3 捏上温度・室温発酵27℃で3時間 焼成200℃6m-160℃4m





100517_3.jpg

内層に水分を残したしっとりもちもちしたパンにするためには
高温短時間で焼くべし・・・との情報を参考に温度設定したら
やっぱりまた焼き色が入ってしまった。
実は職場で「アルプスの少女ハイジ」の話をしていたもんだから
もう頭の中は白パンで・・・
次回こそ、真っ白なパンにするべく再チャレンジしたいと思います。




  1. 2010/05/18(火) 20:48:02|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

小さな花あしらい

100516_top.jpg
2009年5月16日 雁が原

5月12日 ベンの誕生日。
ことわざじゃないけれど、やはり歳を数えずにはいられないのです。







食いしん坊でボール命!だったベンに、お花ってなんだかピンとこなくって
実は今までお花を飾ることはしていなかったのですが
17日は月命日でもあるし、おやつと一緒にお花も買ってみる。

100516_1.jpg

お花屋さんで、
「テーブルにポンと飾れるような、普段使いのシンプルなアレンジで」
とお願いしたのですが、予算1000円で、思った以上に豪華になってしまいました。
本当はもっと、その辺で摘んできました的なナチュラルな感じを想像していたのです。
むしろ予算500円くらいにしておけば良かったのかしらん・・・
抽象的なイメージを伝えるというのは、難しいですねぇ。
なんだかこれは、美容室で髪型をオーダーする時の感覚にも似ているような気がします。







100516_2.jpg
こちらはmyアレンジ。
庭に咲いていた花を摘んで、自分で挿してはみたけれど・・・



本当なら、好きなお花をチョイスして、切花だけで持ち帰り
自分でアレンジすればいいのだろうけれど、片田舎の小さな花屋に、
わたしのイメージする花のラインナップなどあるはずもなく
というかそもそも、わたしにそんなセンスの持ち合わせはないので無理な話。
ネットでみかける小洒落たお花屋に頼んだところで、生花の配送は
配達料がバカにならないわけで。
街のほうへ出れば、品揃えも豊富なお花屋さんもあるのだろうから
今度気にしてみてみよう。

それにしても、ほんのささやかなお花でも、あると結構和みます。
野に咲く花を通りすがりにちょちょっと摘んで、
さりげなくステキに飾れるような人になりたいものです。



  1. 2010/05/16(日) 17:53:33|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

練習の成果は!?

100505_top.jpg
コリデール カラフルネップ入り


わたしのGWも終わろうとしています。
連日良い天気が続く中、ひっそりと家で過ごした2010年春。
まぁ、それはそれで贅沢な4日間でした。

今日は相方も家にいたので、付き合ってもらってちょっと面白い試みを。








---
糸紡ぎを始めて2ヶ月あまり。
平日はほとんど紡ぎ車に触ることもないし、気の向いた時にカラカラやるだけで
熱心に練習しているわけではないけれど、だいぶスタイルも出来てきたように思います。
とはいえまだまだ初心者。あとで見たら笑っちゃうのかな~・・・とか思いつつ、
現時点での練習の成果を、恥を忍んでお披露目します。 まぁ、記録ですから。

羊毛はコリデール。
カラフルなネップをカーダーで混ぜ込みローラッグにしてから紡いでいます。
アナンダで購入したこのネップは、フエルト化していて毛足がないので
羊毛には絡まりづらく、紡いでいるそばからぴんぴんと飛び出してしまうのですが
なんとも言えない可愛らしさがあって、ただ今マイブームです。



[練習の成果は!?]の続きを読む
  1. 2010/05/05(水) 17:15:36|
  2. 手紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヨモギ染め

100503_top.jpg
コリデール ヨモギ染め








確か桜が咲き始めた頃だから、もう3週間ほど前だったか、チラホラ芽吹き
出したヨモギを、例によって昼休みに土手で摘んで染めてみました。
まだ肌寒い頃だったから、新芽は出揃っていなくて量を摘むことが出来ず
充分な色が抽出出来なかったのかもしれない。思うような濃さにならなかった。
染める前に色々調べてみると、やはり皆さん苦労されているようで。
ポピュラーな素材のようだけど、ヨモギで思い通りの色を出すっていうのは
なかなか難しいのかもしれない。

ヨモギも桜染めと同じようにアルカリ抽出。さらに今回は、羊毛を入れる前に
食酢を投入して染め液を中和させるという、新たなテクを。
ただし、中和と言っても量が適当で怪しいところ。
本来なら、きちんとPH測定して行わなければ、あまり意味はないのかも。
あ~、、、ますますもって文系脳が悔やまれます。

石川先生、ご覧いただいてますでしょうか?(笑)
こんな調子で、毎度手探り悪戦苦闘です。




100503_1.jpg

思い通りに染まらなかったとはいえ、色のストックが増えていくのは嬉しいもの。
桜のピンク、玉ねぎの黄色と並べて思わずニンマリ。

でも、すっかり良い気候になってしまい、もうストーブを点けることもなさそう。
コトコト時間をかけて煮込むのに、キッチンを使うのは気が引けるので
そうそう実験で遊んでばかりもいられないかな。






100503_4.jpg

これまで染めた3色に、カラフルネップを混ぜ込んだもの。
そしてダークブラウンを差し色に。
イメージは、アナンダの講座で出来た偶然の産物みたいな感じだったのだけど・・・





100503_2.jpg

100503_3.jpg

まぁ、ヘタに計算すると逆に上手くいかないってのはよくある話で(笑)。



あのー、、、もう皆さん薄々お気づきかと思いますけど
わたし、実は編み物が苦手です(爆)
若かりし頃、一応人並みにセーターなど何着かは編んだことはあります。
棒針もかぎ針もやりましたし、道具も一揃え持ってます(先日の大掃除
ダンボール箱から発掘済み)。
でも、続かなかったっていうのは結局そういうことで・・・。

だいぶ毛糸も貯まってきたし、そろそろ何か編まないと
紡ぐだけ紡いでお終いじゃあ、羊も浮かばれませんしね。はぁー。




  1. 2010/05/04(火) 22:30:09|
  2. 手紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

軽やかに暮らしたい。

100502_top.jpg
2009年5月9日 打波川   川原でイワナを焼きながら(本文とは関係なし^^;)







だいぶ春めいてきたので、部屋を少しスッキリさせようかな、と
なんとなく整理を始めたら、猛烈な勢いでスウィッチが入ってしまい
ここ数日、ドッタンバッタンど家中を駆けずり回っていました。
今は使っていない部屋や、物置状態の屋根裏が、結構な収納力で
押し込めばなんでも入ってしまうので、それを良いことに
気付けばかなり荒れ放題になっていました。


[軽やかに暮らしたい。]の続きを読む
  1. 2010/05/02(日) 09:37:18|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。