DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さくらアップルパイ

100418_top.jpg
春に焼く、さくらアップルパイ








車検だ保険だと出費がかさみ、うんざりしていたところにもってきて
なんの前触れもなく、いきなり火花を散らしてオーブンが壊れた。
どうして家電というものは、こういうタイミングで壊れるものなのか。
電子レンジも兼用しているので、ないと不便極まりない。
修理代は結構高くついたけれど、かと言って新しいものを買う余裕は当然なく
泣く泣く修理に出して直してもらった。

ベンの一件があってから、なぜかまったくオーブンに向き合う気になれなくて
せっかくのガスオーブンも、もっぱらただの電子レンジと化していた。
「そろそろ思い出してくれ」そんなガスオーブンの叫びだったのか。




100418_1.jpg


2009年12月16日。
「アップルパイ作れる?」
そう言って、いつもお世話になっている方にりんごをたくさん頂いた。
もちろんアップルパイは、りんごを渡すついでの一言なのはわかっているけれど
それでもうれしいリクエスト。日曜日にでも焼こうと思ってた。

だけど翌日、突然の悲しみに見舞われて、アップルパイどころじゃなくなった。
こんなことになるのなら夕べ、ベンにりんご、むいてあげるんだった・・・
結局頂いたりんごは、すりおろして絞ってカーゼに含ませて、
眠るベンの唇を、そっと撫でてあげることしか出来なかった。





100418_3.jpg

せっかく直してもらったのだから、久々に焼いてみようかな。
リクエストに応えられなくて、ずっと気になっていたアップルパイを。
りんごは本来、秋から冬にかけてが旬のもの。
お菓子に最適の紅玉はこの時期もう手に入らないし、リクエストをくれた本人に
今は食べて頂くことは出来ないけれど。

そんなわけで、秋の味覚のアップルパイに、桜というのも変だけど
奥越は今まさに、桜が満開の時なので。





100418_2.jpg

参考レシピは、
平野顕子さん著「ニューヨークスタイルのパイとタルト、ケーキの本」より。
モミジの型抜きをサクラに変えて。
練り込みでも折り込みでもないパイ生地ははじめて焼いたけど
ザクザクとダイナミックな食感はいかにもアメリカ~という感じ(笑)
だけどやっぱり、りんごがサン富士では味がぼやけてイマイチ。
でも、久々のお菓子作りは楽しかった。






100418_4.jpg
2009年4月18日 勝原園地

昨日は、ベンの4回目の月命日でした。
最近は、なぜか頻繁にベンが夢に登場しています。



スポンサーサイト
  1. 2010/04/18(日) 18:15:33|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。