DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サクラ色

100328_top.jpg
ポルワス双糸の桜染め







冷たい雨が、しとしと降り続く北陸地方。
春は、そこまで来ていながら足踏み状態のようです。

それでも先週、ふっと暖かい日があったので、久々に河原にランチに行きました。
真夏の猛暑時と真冬の極寒時以外は、つかの間の昼休みに会社を抜け出して
大抵この土手の桜並木の下に車を止めて、車の中でお弁当を食べています。
この河原、地元ではちょっとしたお花見の名所です。
ゆえに桜の季節は、なんとも贅沢なランチタイム。
でも今年は雪も多かったし、まだまだ桜のつぼみはカチカチです。
いつものように車を停めてふと外に目を向けると、風雪の重みに負けたのか、
折れた桜の木の小枝がたくさん落ちています。
毎年見ていたはずの何気ない光景ですが、今年はそれがお宝に見えました。

先日、石川先生の工房に伺った際見せて頂いた、かわいらしいピンク色の草木染め。
先生のご自宅のお庭に咲く山桜の木で染められたと聞いて驚いたことを、
すぐに思い出したのです。思いがけない出会いがちょっとうれしくて
なんの予備知識もないままに、とにかく小枝を拾い集めて家に持ち帰りました。

家に帰り、さっそく桜染めについて調べてみると
それはなかなか手のかかる作業のようでした。
淡いピンクのいわゆる桜色を出すのには、ちょっとした工夫が必要のようです。
この季節の桜の木は、来るべき春に艶やかに花を咲かせる為に、枝先に向かって
力と色素を蓄えていくのだそうで、色を抽出しやすいのは、つぼみを蓄えた枝先です。
ワケも分からず、落ちていた枝を片っ端から拾ってきちゃったけれど、
よりすぐる余裕があるならば、しなりのあるなるべく瑞々しい小枝が良いようです。





100328_1.jpg

その小枝をさらに細かくカットして、鍋でコトコト時間をかけて色を煮出します。
こちらはまだまだ寒くてストーブ生活ですから、部屋のストーブに鍋をかけて
生活とともに点けたり消したりを繰り返しながら、2日間をかけて煮込みました。
液を漉して残った枝に、もう一度水を足してさらにもう2日かけて二番液を抽出。
その二つを足すと、結構な量の染め液が出来ました。





100328_2.jpg

ここで染めることも可能ですが、この時点だとピンク色にはならないのだそう。
ここから数日間寝かせて熟成することで、黄味やベージュ味が抜けて
赤味を際立たせることが出来るのだそうです。
熟成が進んだら、さらに「炭酸ナトリウム」を添加して、液をアルカリ性に傾ける。
完全に理科の実験状態。 ちなみにわたし、完璧な文系脳です。何がなにやら~





100328_3.jpg
桜のお花と一緒に撮りたいところでしたが、つぼみはまだこんな状態です。


液を煮出して、一週間経過。
そろそろいけるかなぁ・・・ということで、試しに染めてみました。
今回も媒染は焼きミョウバン。
まだちょっとベージュ味が残っているような気もしますが、まぁまぁピンク?

染め液はまだ残っているので、さらにもう少し熟成させてから
近々もう一度染めてみたいと思います。





100328_4.jpg
前回染めたタマネギとコラボ(^m^



平日はまとまった時間が取れず、紡げるのはどうしても週末だけになってしまうので
なかなか上達出来ずにもどかしくもあるのですが、それでも少しずつ手も慣れてきて
目標とするスタイルも見えてきました。
ベン毛を紡げる日も、夢じゃなくなったような気もします。

すっかりヒキコモリになりつつありますが(苦笑)、今年はこんな時間の過ごし方も
いいじゃない。
焦らず、ゆるりと。





スポンサーサイト
  1. 2010/03/28(日) 17:47:48|
  2. 手紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

わが街の山 荒島岳

100314_top.jpg
日本百名山 荒島岳(標高 1.523m) の頂上から白山を望む








先週の日曜日(3/14)
久々に地元の荒島岳に登ってきました。
里山に毛が生えたイメージとは裏腹に、なかなか侮れない結構タフな山です。
登山口からの標高差1.260m。遭難者も出る、なんやかんや言うても百名山。
一昨年の4月後半に初登頂を果たしているのですが、
残雪期でとても歩きづらい上に新しい靴で行ってしまったことも重なって
足は攣るは、膝は壊れるは相当痛い目に遭い、へろへろぐったり
もう二度と登るまいと誓ったはずのお山だったはずなのに・・・。




100314_5.jpg

休日と晴天が重なるなんて、この季節にはとても珍しい北陸地方。
この青空に、ちょっと浮かれて血迷ってしまったんです、きっと(苦笑)

北アルプス三大急登のひとつ、燕岳の合戦尾根は昨年登りましたが
わたし的には、こっちの方が急登な気がします。
しかも、何が辛いってなんのポイントもないんです。
水場もなけりゃ、見晴台もない。そしてゴールには大好きな小屋もない。






100314_6.jpg

ただひたすら、ブナ林の中をもくもくと登るのみ。
要するに、このブナ林が荒島岳の最大の魅力とされているわけです。
トトロの森とか呼ばれ、青々と茂る季節はかなりキレイなのだそうですが
今日のわたしには、登っても登っても変わらぬ景色に気が遠くなるばかり。






100314_1.jpg

じゃあなんで登るのさ?と問われれば、このひとときのためと答えます。
頂上にたどり着く前に、空腹のあまりシャリバテ寸前。
最大の難所「もちが壁」を登りきったあたり、
地元・大野の街を見下ろす絶景ポイントで、ランチにします。






100314_2.jpg

相方特製 掘りごたつ風 雪ベンチ。
雪山用ノコギリとスコップで、サクサクッと作ってくれました。







100314_3.jpg

今日のメニューはチーズフォンデュ。
食材は、がんばって自分でボッカ。





100314_4.jpg

でもちょっと失敗。
アルミ鍋では火加減がビミョーで非常に難しかったのです。
しかも、冬山では食材が冷たくて・・・あんまり美味しくない(涙)
暖かくなったら、琺瑯鍋でも相方に持たせて(鬼)リベンジか。






100314_7.jpg

コーヒーが美味しくておかわり。のんびりし過ぎ。
ここで下山でも良かったのだけれど、頂上はもうすぐそこ。
仕方が無いので(!?)ここまで来たらゲットしておくか。

ここからは森林限界。
これぞ雪山!を堪能しながら頂上を目指す。
外界はすっかり春の装いですが、お山の上はまだまだ冬でした。
全行程8時間。今回もヘロヘロ。





相方曰く「荒島に登れれば、どこでも登れる」
北アルプスのように岩場や痩せ尾根もなく、死の恐怖はないけれど
かなり達成感はある山です。
でも実は、トレーニングにも良い山で、慣れた人なら2時間を切るのだそうで
(通常コースタイム:登り3時間45分)
人それぞれ、この山に持つイメージはずいぶんと違うのだろうな、と思います。
わたし? もうまっぴらごめん。(ほんと?)



  1. 2010/03/21(日) 21:20:51|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

3人で写真を

091101_top.jpg
2009.11.01 六呂師高原




相方が突然、3人で写真を撮ろうと言い出して
三脚を担いでお山へ。
思えばこれまで、3人で写真を撮ったことなどなかった。
わたしも相方も、そういう柄じゃないから。
いや、正確にはもうずいぶん前に一度だけあって
ペット同伴宿にお泊りした際の宿のサービスで、チェックアウト時に
半ば強制的に玄関で記念写真を撮ってもらったことがあったのだけど。
でもその写真は宿に保管されるシステムで、今わたしの手元にはない。

なんだか思い出作りみたいで、わたしはちょっぴり気乗りがしなかったのだけど
確かに、3人で写っている写真も持っていたいという想いも正直あって
切ない気持ちを抑えつつ、せっかくだから笑って写ろうと努力をしました。



091101_1.jpg

三脚に載せた無人のカメラに、シャッターのおちるタイミングで視線を向けろ
と言ったって、ベンにはちょっと難しくって、何度もトライ。
あまりうまくは撮れなかったけれど、やってみれば結構楽しくて
こんなことなら、もっと前から撮っておけば良かったとも思いました。

そしてこれは間違いなく、大切な大切な思い出の写真になりました。






091101_2.jpg

091101_3.jpg

今日はベンの三回目の月命日。
あれからまだ三ヶ月しか経っていないということに、ただ溜息が出るばかり。
だけど
旅立ちの日に降り始めた今冬の雪は、もうすっかり消えてなくなりました。
春はもうすぐそこ。



  1. 2010/03/17(水) 23:54:38|
  2. ベン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

はじめての手紡ぎ糸

100307_top.jpg
出来たっ!








先生に、練習用にとトップの羊毛を頂きました。
やるなら汚毛洗いからだ!と意気込んではみたものの
はじめて紡ぎの練習をするならば、やはり扱い易いトップに限ります。
いきなり先走りはいけません。腕をわきまえねば(苦笑)
自分で作ったローラッグはとりあえず横に置いておいて
頂いたトップでせっせと紡ぎの練習です。
まだまだヘタクソとは言え、少しでも上達を感じられるのがうれしくて
頂いた羊毛はあっという間に紡ぎ切ってしまいました。
そしてまた、羊毛を大量に注文してしまうのでした。今度はトップをね(笑)



100307_1.jpg

で、一晩練習して出きたのがコレ。
どれくらいの太さで、どれくらいのヨリをかければ、どんな毛糸になるのか・・・
まったく見当もつかないし、まぁわかっていたところで思うように紡げる
わけでもないので、今はあまり深いことは考えずに紡いでみました。







100307_2.jpg

糸もある程度たまったので、昨日は教わらなかった双糸に
自己流でチャレンジ。
糸の太さが均一でない上に、たぶんヨリもハチャメチャな糸を
更にわけもわからずヨリ合わせているのだから出来は当然トホホです。
「はじめて紡いだ糸はヘタクソだけど、上達したらもう二度と出せない味が
あるものだから、捨てずに取っておいた方がいい」とよく聞きます。
ガックリしつつも、まぁ記念ですから。

お湯に浸け込みヨリ止めをして、乾燥させたあと玉にしてみたら
案外かわいくて。
調子に乗って、このまま草木染めにも突入。
素材は、そのうちやってみようとちょっと前から貯めていたタマネギの皮。
媒染は焼きミョウバン。





100307_3.jpg

何に使うというアテもないので、どんな色になってもいいやと
かなりアバウトな作業でしたが、なかなか良い色に染まりました。
雪が溶けて草花が茂り出せば、田舎では染料となる素材に事欠くことは
ないでしょう。これからは、草花を見る目が変わりそうです(笑)


これでひとまず、一通りの工程は終了。
ただただベンの毛をなんとかしたい一心で、まったく何も知らないところから
手探りではじめた糸紡ぎ。
次々に湧き出る疑問や困難に悪戦苦闘しながらも、なんとか楽しみながら
がんばっています。
それにしても、、、奥が深いです羊仕事!


  1. 2010/03/09(火) 00:17:15|
  2. 手紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「工房 風雅」を訪ねて

100306_top.jpg
草木染め職人 石川先生








原毛を洗ってカードをかけて、ローラッグを作るまでは自力でなんとか出来た。
さてそこからが問題。
なんせ紡ぎ車は自分で組み立てたものだから、ちゃんと正しく組み立てられていて
本当にこれで糸が紡げるのかすら怪しい限り。
これまで紡いでいる人を実際に見たこともなけりゃ、紡ぎ車の実物さえ見たことも
ないわけで、ベルトや導き糸のかけ方からすでに???なことばかり。
ローラッグを手に持ちペダルを踏んで、しばらく悪戦苦闘してみたけれど
組み立てキットに同封されていた説明書や、探した動画サイトを参考にしたところで
一方通行のマニュアルだけでは限界がありました。

きっとこんな時、誰かにふっと背中を押されれば、案外簡単に突破口は見つかるもの
なのだろうに・・・ かと言って、そんな風に背中を押してくれそうな人を
こんな田舎で見つけることは容易いことではありません。
都会なら、有名なショップもいっぱいあって、講習会も行われているのです。
帰郷も兼ねて、行くしかないか~東京に。

そんな一連の思いを会社でなんのきなしに話したら、
「そういえばこの間、年の市で糸を紡いでいる人を見た」との情報が!





100306_1.jpg
とても味のある、石川先生のお宅。 山小屋好きのわたしとしてはテンションUP!




「年の市」とは、毎年1月の終わりに開催される江戸時代から続く奥越・勝山の蚤の市。
農家が冬の間に手作りした生活用品を販売し、旧正月の準備をしたのが始まりとされ
木工品や新鮮な野菜、伝承料理などを販売する露店が所狭しと並びます。

こうなったら、その方を探し出すしかない!
たとえ手ほどきが受けられなくとも、実際に紡いでいるところを見せて頂けるだけでも、
きっとなにかのヒントになるに違いない。
地元通のネット知人(実際にお会いしたことはないのだけど)に、思い切って
お尋ねメールをすると、あっけなく、その方が誰なのかが判明したのでした。
そして、そのまた知り合いの方を通じて、石川先生を紹介して頂くことが出来ました。

思いは口に出したり、思い切って行動を起こせば、縁は繋がるものなのですねぇ~
ちょっと感動しました。






100306_2.jpg

先生のご専門は、草木染め。
いたるところに作品が置かれていました。
つい先日、NHKの取材が入ったとのことで、その時染められた生地を見せて
頂きました。このピンク色は、お庭の山桜の枝で染められたのだそうです。
枝でも、こんなかわいらしいピンク色になるのですね。

練習用とは言っても、せっかく紡ぐ毛糸です。
上手に紡げる様になったら、わたしも染めてみようと思っていたので
お話を伺いながら、野望は膨らむばかりでした。





100306_3.jpg

ご自宅の離れにある工房でレッスン。
見えているのは、わたしが持ち込んだ紡ぎ車。






100306_4.jpg

それはもう、まさに背中を押された一瞬でした。
やっぱり、ただ写真でみるのと実際に手ほどきを受けるのとでは時空が違います!
ここ数日のモヤモヤを、たった2時間のレッスンで一気にジャンプしたような気が
します。 くーっ、、、来て良かった。

あとはまず、しばらくはひたすら自己練に励むのみ。







100306_5.jpg

草木染め職人 石川雅夫 先生

平成元年、田舎暮らしを求めて大阪から福井に移住。
お子さんがアトピーで皮膚が弱かったこともあり、肌に優しいものをとの
思いで草木染めにも着手。
お庭で、無農薬野菜や染料となる草木などを育てながら
自給自足的な生活を営まれています。
実は以前、英語の先生の経歴も持つ多才な方。
現在は、制作活動を行う一方で、福井市自然史博物館の講師や
サークルなどの教室も勤められています。






100306_6.jpg

お土産に、藍の種を頂きました。
もう少し暖かくなったら、撒いてみようと思います。
藍の葉が収穫出来る頃、自分の毛糸で藍染めが出来たらうれしいなぁ・・・。





---
今回の出会いにご尽力頂いた、yokoさん、ぐっつあんさん、
本当にありがとうございました。

石川先生、またそのうちよろしくお願いいたします!



  1. 2010/03/06(土) 17:12:32|
  2. 手紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

はじまりは汚毛洗いから

100301_top.jpg
大切なベンの毛。(約 270g ありました)









手紡ぎ用の羊毛というのは、ニーズに合わせて様々な状態に加工され売られています。
(グリージー → スカード → ウェッブ → スライバー → トップ)
一番簡単なのは「トップ」と呼ばれる状態で、
そのまますぐに紡げるように、きれいなロープ状に始末し加工されています。
大抵はみんな、まず紡ぐことが目的でしょうから、このトップを購入し
紡ぎの練習を始めるようです。
でもそもそも、手紡ぎなんて面倒くさいものをやりたいなんて人種が
そんな簡単なことで満足しているはずがないのです。
そのうちだんだん欲が出て、やっぱり洗いたくなっちゃうんですね「グリージー」を。

わたしはもう、絶対に洗いたくなる自信があったので(笑)
いきなり最初からグリージー購入です。





100301_1.jpg

で、これがそのグリージー。
羊にもたくさんの種類があって迷いましたが、今回は「ポルワス」という種類の羊の毛。
グリージーとは、要するに汚毛。
羊から刈り取ったそのままの状態なので、羊自身が分泌する脂分や、
泥んこや、うんちや、草や、なんかの種やら、いろんな汚れがこってり。
袋の中はさながら、動物園のか・ほ・り(^^;






100301_2.jpg

脂や汚れでこてこてにくっついていましたが、洗えばこの通り!
(今回はちょっと、何かの種が取りきれずプツプツと残ってますけど・・・)
これを機械で自動的に洗うと、脂分が抜けすぎてパサパサになったり
フエルト化してあとでほぐすのに苦労したりするのです。
紡ぎ車を通す場合は、ある程度は脂分が残っていたほうが紡ぎやすいし
ふわふわと、優しい手触りの毛糸になるのだそう。
脂分も汚れもその毛によって様々だから、その状態に合わせて
洗剤の量や洗う時間を調節しなくてはなりません。
このへんは、たくさん洗ってたくさん紡いで
いっぱい経験を積まないと、実感出来ない世界でしょう。






100301_3.jpg

そのあと、「ハンドカーダー」を通して毛の流れを整えます。
ハンドカーダーとは、犬飼いならご存知、スリッカーブラシが大きくなったようなもの。
画像 手前が、ベンが使っていたそのスリッカー。
ハンドカーダーを一本ずつ両手に持って、こすり合わせるように毛を梳きとります。





100301_5.jpg

スリッカーで、犬をブラッシングしたことのある人ならわかると思いますが
ブラシのピンに、毛がある程度の量引っかかると、ぺろ~んと板状になって
剥がれるんですね。
それを、くるくるっと巻けば、「ローラッグ」の出来上がり。
このローラッグを片手に持って、引き伸ばしながらヨリをかけて行くと
糸(単糸)になると言うわけ。

・・・と、知った風に書いたけど(笑)、ここからがヒジョーーーに難しく
なかなか先に進めません。
煮詰まっていたところに、一筋の光が? 見えたの?見えないの??
またその話は、次の機会に。





100301_4.jpg

左がベンの毛。右がポルワスの毛。
ベンの毛は、羊みたいにチリチリしていないのがわかるでしょうか?
このチリチリが、毛が絡み合うのには大切なポイントになるわけで
犬の毛を紡ぐのが難しい理由の一つなんでしょうね。




でも、、、ベンの毛に着手出来るのはまだまだ先の話。


  1. 2010/03/01(月) 18:00:27|
  2. 手紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。