DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大切なベン毛のために

100221_top.jpg



「愛犬の抜け毛で、編みぐるみを作りませんか?」

まだベンが3歳の頃、あるきっかけで出会ったサイトは
犬の抜け毛を糸に紡ぎ、その毛糸でぬいぐるみを編んでくれるという
編みぐるみ作家さんのネットショップでした。
今でこそ抜け毛で作る編みぐるみは、本も出ているほどですが
当時はまだポピュラーなものではなく
そんなことが出来るのか!?という驚きと、作り出される編みぐるみの
かわいらしさに衝撃を受け、すぐに抜け毛を集めてベンの編みぐるみを
作って頂きました。
仕上がったベンの編みぐるみは、「100%ベン毛」という付加価値も相まって
それはそれは愛しく、それまで迷惑な存在だった抜け毛自体までもが、なんだか
大切なものに思えてきて、もう1コ作ってもらおうかな、、、などとなんとなく
薄ぼんやりと考えながら、その後もしばらく抜け毛を捨てずに貯めていました。
だけどそんな想いも日々に忙殺されいつのまにか薄れ、袋に1杯貯まったあたりで
忘れ去られていたのですが、こちらへ引越して来る際も、なんとなく捨てることが
出来ず一緒に持って来ていました。







100221_ven.jpg
届いた編みぐるみと  2002年2月 ベン3歳


ベンがいなくなって、今となっては貴重になってしまったその抜け毛をどうにかしたい
と思い始めました。
またあの作家さんにお願いしようかな、とも思ったのですが
どうせなら、もうちょっと違う形で残したい・・・
ところで糸を紡ぐことって、わたしにも出来るんだろうか、、、
そう思い立って色々調べているうちに、なんだかどんどんその気になってきて・・・







100221_1.jpg
アシュフォード社 トラディショナル・ダブルドライブ




結局、手紡ぎ用の道具をあれやこれやと一式揃えてしまったのでした。
まずは今日、紡ぎ車を組み立てました。
経費削減のため、自分で組み立てる白木の組み立てキットを購入。
サンドペーパーをかけ、ワックスを塗り込んでからようやく組み立て。
大っ嫌いなマニュアルと首っ引きで、相当面倒な作業でしたヾ(´ε`;)ゝ
予算に余裕のある方は、ラッカー仕上げした組み立て済みがオススメです。





ベンの毛は、袋に1杯しかありません。
失敗は許されないので、まずは羊毛で練習しなきゃ。
実は今日は、羊毛も洗ったんです。
ひとくちに羊毛と言っても、こちらもとても奥が深いのです。
でもそれはまた、別の機会に。



というわけで、いったいどうなりますことやら・・・。

スポンサーサイト
  1. 2010/02/22(月) 00:10:28|
  2. 手紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。