DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

酒粕酵母の季節です。

kasu2.jpg
甘納豆入り酒粕シフォン









今年もお酒の造りが始まって、スーパーにも搾りたての酒粕が並ぶようになりました。
粕を使った料理はちょっと苦手なのだけれど、昨年、酒粕酵母でパンを焼くことに
すっかりハマり、今年もさっそく酵母を起こしました。
酒粕は冷凍保存も出来るし、熟成粕なんかは一年中手に入るから
酵母は別にこの季節にしか起こせないわけじゃないけれど
店先にどーんと積まれた真っ白い粕を見ると、やっぱり今この季節だからこそ
やりたくなるのですよね。




パンを焼こうと思って起こした酵母だけど、その前に・・・

kasu3.jpg

発酵した酵母を、大さじ3杯ほど入れてシフォンケーキを焼いてみました。
粕が発酵していることが、焼き具合に影響するかどうかは不明。
たぶんあまり関係ないような?
ほんのり香る粕の香りは、時間が経つと馴染んで癖が和らぐような気がします。
シフォンはフレーバーに関わらずなんでもそうだけど、
時間が経ったほうが美味しいケーキなのだと思います。






eng_muf1.jpg

先日、自作セルクルで無理矢理焼いたイングリッシュ・マフィン
ちゃんと焼きたくなって、材料を調達。
酵母も起こしたことだし、せっかくなのでこの酒粕酵母で焼いてみました。





eng_muf2.jpg

ちょっと焼き色入りすぎましたねー。
イングリッシュ・マフィンは、基本的にもう一度焼く調理パンだと思うので
焼き色は、もっと薄めに軽く焼くのが正解なのだと思うけど・・・







091128.jpg
白山市ノ瀬登山口の広場にて



ここのところ週末のお天気がぱっとせず、外遊びもイマイチ。
かと言って、雪の気配もまったくなく、暖かな11月でした。
日曜日は、白山登山口を偵察に。
普通だったら、雪でゲートが閉まっているはずなのに
今でも別当出合登山口まで車で上がれるという驚き。

早く雪降れ降れ!!!



スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 22:55:18|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ピクニックで焼きバナナ

091108_top.jpg
イングリッシュ・マフィンに焼きバナナをのせて





朝焼きあげたイングリッシュ・マフィンと、お茶のセットを
バスケットに詰め込んで、お山の上の牧場にピクニックへ。
行き先が牧場っていうだけで、同じことをしていても
それはディキャンプではなく、ピクニックと呼びたくなる不思議。


091108_1.jpg

半袖でも過ごせそうなほど、ぽかぽかと穏やかな良い天気。
つい数日前には初雪が降って、このあたり一帯雪景色になっていたのです。
暦の上ではもう冬ですもの。
牧場と言ってももう季節外れで、牛さんは牛舎で過ごしているのでしょう。
それにしても静か。
広大な草原を、わたしたちだけで独り占め。なんて贅沢!
なんとも開放的な牧草地で、ベンをしばし放牧。





091108_3.jpg

木陰にいつもの小さなイスとテーブルをセットして
火遊びお手軽バージョン、ストーブと100均網。
今日はピクニックだから、間違ってもお肉なんか焼きませんよ。

バナナは皮ごと真っ黒に焼いて、マフィンも軽く炙ります。
蒸し焼き状態になったバナナは、甘味も増してトロトロです。





091108_4.jpg

焼けたマフィンにバターをぬったら、スライスしたバナナをのせ
さらに、メープルシロップとシナモンパウダーを少々。





091108_5.jpg

091108_6.jpg

某PascoのCMでは、食パンのトーストにこの焼きバナナをのせていますね。
CMでは、掃き集めた落ち葉の焚き火で焼いています。
オーブンやトースターでも簡単に出来るけど、やっぱりアウトドアで焼きたい
焼きバナナ。





091108_7.jpg

車でほんの少し走るだけで辿り着ける極上の遊び場。
なにがスゴイって、いつ来ても人がいないこと。
わたしはここに住んじゃいたいくらい好きなのに!
これが東京近郊だったら、えらいことになっているはず。
いったいみんな、どこで遊んでいるんだろう・・・田舎って不思議。




  1. 2009/11/09(月) 23:08:58|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

イングリッシュ・マフィン

engmuff_top.jpg

イングリッシュ・マフィンが食べたくなって、昨日スーパーで探したけれど
こういう時に限って見つからないわけで。
ならば仕方ない、自分で焼くか。






engmuff_1.jpg

イングリッシュ・マフィンと言えば、コーンミールをまぶすのが
本当なのだけど、突然思い立っちゃったわけだから、
なんの用意もないのです。というわけですりゴマで代用。
型もないので、オーブンシートの空き箱で自作。
なんかもう、トホホな感じだけど、まぁいいか。






engmuff_2.jpg

型の8割ほどまで膨らんだら窯入れ。
上にも天板を乗せて、天板と天板で挟んだ状態で焼きます。
ちなみに、粉200gで8分割。リングの直径は約9cmです。






engmuff_3.jpg

コーンミールじゃないと、やっぱりなんかちょっとイメージが違うけど
これはこれ、ということで。

さぁ焼けた!
今日はこれからこのパンを持って、プチピクニックにお出かけです。





091108_2.jpg




  1. 2009/11/08(日) 21:39:18|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。