DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブレッド・デ・ロワ?

091024_top.jpg
かぼちゃのちぎりパン ガレット・デ・ロワ風








先日のパンに頂いたコメントにお返事を書きながら、そうは言っても
実際自分ではやったことのなかった、型を使わずに天板いっぱいいっぱいで
焼くパンに、さっそくトライしてみました。

やりたいことがある時に限って土曜日出勤だったりして時間がなくて
ならば久々に早起きをして出勤前に焼くしかないか!
寝坊したら嫌だな~・・・とか、
起きた時に発酵が良いタイミングになっているかな~・・・とか
そんなことを考えながら床に就いたら、夜中に何度か目が覚めてしまい
まぁ眠りの浅いこと!ちぃせぇーな<自分
今回は一種類だし、窯入れも一回だし、結局はいつもより一時間ほども
早く起きれば良いだけのことなのに、どんだけ早起きが一大事かって!(笑)
もーほんと、朝は苦手なんです、わたし。



091024_1.jpg
最終発酵完了 窯入れ前。

そんなわけで、無事寝坊せずに起きられまして(^^;
オーバーナイトで一次発酵完了している生地を、さっそく分割。
オーブンのターンテーブルに紙を敷いて、丸めた生地を敷き詰めていきます。
ちなみに、うちのターンテーブルはちょっと大きめの直径約30cm。
粉500gで、24分割しました。
今回は塗り卵をして、こんがり焼き色をつけます。






091024_2.jpg

栗まんじゅう? いえいえ、パンですから。
なかなか良い色に焼き上がりました。
もう少し、生地少な目でも良いかもなぁ・・・






091024_3.jpg

焼成前はあまり色が出ていなくてわかり辛かったと思いますが、
今回は生地に、かぼちゃの裏ごしを練りこんでいます。
ちぎると黄色いクラムが顔を出します。食欲をそそるほっこりする色です。






091024_4.jpg

で、、、なぜガレッド・デ・ロワ風かと言えば・・・
ちょっとイタズラをして、中に数個、山栗の甘露煮を仕込んでおいたのです。
今回の確立は1/6。
目印なんてつけていないから、わたしだってどこに入っているのかなんて
わからないのに、写真を撮ろうととりあえず割ってみたら見事的中!
これ、結構うれしいかも(笑)
焼く際の目的に応じ、確立を変えてみるのも楽しいかもしれません。

四角いほうの天板なら、もっとおっきく焼けるわけで
誰かをお招きする際など、大量にパンを焼きたいときなんかは
見た目にも、実用的にも、なかなか良いかもしれません。





スポンサーサイト
  1. 2009/10/24(土) 21:27:26|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。