DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒中キャンプ in 乗鞍

091012_top.jpg
アウトドア薪ストーブで煮込むロールキャベツ








毎年お世話になっている、無印良品 南乗鞍キャンプ場。
今シーズン最後の営業日となったこの週末、
いつもの山仲間と、今年は賑やかに4つのテントで過ごしてきました。
標高1.600M。放射冷却も伴って、夜はかなりの冷え込み。
さりとてそこは山慣れした我らが集団。
氷が張ろうが、霜が下りようが、完全防備で食に語りにと
夜が更けるまで楽しむのでありました。

定宿にしているDサイトが、かなり混み合っていたので
今回、初のAサイト。
なぜかココ、あまり人気がないみたいでとても静か。
お陰でプライベート空間を満喫出来ました。
こじんまりとした印象だけど、ぜんぜん悪くないです。
静かに過ごしたいならAサイト、オススメです。


091012_1.jpg

実は今回、わたしは料理に奔走していたため、
じっくり写真を撮る余裕がありませんでした。
楽しかったキャンプの様子は、ヨウメイさんRYOくんのところで
見ることが出来るので、ぜひそちらも併せてご覧下さい!



そんなわけで画像はないのですが、パンやら肉やら
クッキングストーブでの火遊びをしっかり満喫しました。
あれもこれもと欲張ったせいで、どれもイマイチのデキだったけど。

予想以上の寒さで、二次発酵がうまく進まず
お陰でその後の作業ががグダグダになって火加減調節にも失敗。
なんともお粗末なパンを2種類(カマンベール入りとノアレザン)。
その後、直火でワッフルを。
パンもワッフルも、生地は前夜に仕込んで冷蔵発酵したのち
現地に運び込みましたが、いつもより長距離輸送となったため
温度管理が益々うまくいかなかったのかも。
何より、冬の野外でのパン焼きは難しいわ~






091012_2.jpg

パンやワッフルを焼く傍らで、薪ストーブにはロールキャベツの鍋を
かけていました。ロールキャベツもやはり、前夜に家で仕込みを
しておいたもの。ル・クルーゼ様のお陰で、こちらは放っておいても
グツグツと良い匂いを醸してくれていました。


今日のメインは、丸鶏のスタッフドチキン
わたしは材料を用意しただけで、あとは他のメンバーにお任せすることに。
丸鶏の下ごしらえって、きっと苦手な人も多いのでは?
「お尻から手を入れて、お腹の中も洗ってね」
なんていきなり言われてもなかなかねぇ(笑)
でもNちゃんは頼もしかった!
軽くアドバイスしただけでテキパキと任務を遂行。
そして窯番は、ディープサイズDO所有のヨウメイさんにお任せ。
こんがりと良い焼き色で、こちらは大成功でした!

その間に、うちのDOでヨウメイ家がグラタンを。
そして、土鍋ご飯も美味しく炊いてくれました。

お肉はもう一品、タンドリーチキン
2台のDOが空く間もなくフル稼働。まさに食の祭典!





091012_6.jpg
野菜不足を補うべくした絶妙なメニュー、Y姉妹作・生春巻。


091012_3.jpg
RYOくんの手土産・丹波栗を炭火焼き栗に。ホクホク~・・・なんて贅沢な!






091012_4.jpg

091012_5.jpg

相当冷え込むのは覚悟の上でした。
事前に、くどいほどみんなにアナウンスをかけて冬装備を徹底。
手分けして大量に薪を持ち込み、薪ストーブと焚き火で暖をとりました。

たぶん、夜半から明け方にかけては零下だったと思われますが
テントの中では、シュラフ2枚重ねにシュラフカバー、中には湯たんぽ。
そして足元にはベンたんぽ(笑)。
お陰で寒さなんて微塵も感じることなく、朝まで熟睡。




こんな寒さでも楽しめるのは、このメンバーならではなんじゃないかな。
でも今度は、ぜひ気候の良い季節に集いたいものです(笑)
それまでに、また何か楽しいメニューを開発しておこう。



スポンサーサイト
  1. 2009/10/15(木) 23:45:47|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。