DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブレッド・デ・ロワ?

091024_top.jpg
かぼちゃのちぎりパン ガレット・デ・ロワ風








先日のパンに頂いたコメントにお返事を書きながら、そうは言っても
実際自分ではやったことのなかった、型を使わずに天板いっぱいいっぱいで
焼くパンに、さっそくトライしてみました。

やりたいことがある時に限って土曜日出勤だったりして時間がなくて
ならば久々に早起きをして出勤前に焼くしかないか!
寝坊したら嫌だな~・・・とか、
起きた時に発酵が良いタイミングになっているかな~・・・とか
そんなことを考えながら床に就いたら、夜中に何度か目が覚めてしまい
まぁ眠りの浅いこと!ちぃせぇーな<自分
今回は一種類だし、窯入れも一回だし、結局はいつもより一時間ほども
早く起きれば良いだけのことなのに、どんだけ早起きが一大事かって!(笑)
もーほんと、朝は苦手なんです、わたし。



091024_1.jpg
最終発酵完了 窯入れ前。

そんなわけで、無事寝坊せずに起きられまして(^^;
オーバーナイトで一次発酵完了している生地を、さっそく分割。
オーブンのターンテーブルに紙を敷いて、丸めた生地を敷き詰めていきます。
ちなみに、うちのターンテーブルはちょっと大きめの直径約30cm。
粉500gで、24分割しました。
今回は塗り卵をして、こんがり焼き色をつけます。






091024_2.jpg

栗まんじゅう? いえいえ、パンですから。
なかなか良い色に焼き上がりました。
もう少し、生地少な目でも良いかもなぁ・・・






091024_3.jpg

焼成前はあまり色が出ていなくてわかり辛かったと思いますが、
今回は生地に、かぼちゃの裏ごしを練りこんでいます。
ちぎると黄色いクラムが顔を出します。食欲をそそるほっこりする色です。






091024_4.jpg

で、、、なぜガレッド・デ・ロワ風かと言えば・・・
ちょっとイタズラをして、中に数個、山栗の甘露煮を仕込んでおいたのです。
今回の確立は1/6。
目印なんてつけていないから、わたしだってどこに入っているのかなんて
わからないのに、写真を撮ろうととりあえず割ってみたら見事的中!
これ、結構うれしいかも(笑)
焼く際の目的に応じ、確立を変えてみるのも楽しいかもしれません。

四角いほうの天板なら、もっとおっきく焼けるわけで
誰かをお招きする際など、大量にパンを焼きたいときなんかは
見た目にも、実用的にも、なかなか良いかもしれません。





スポンサーサイト
  1. 2009/10/24(土) 21:27:26|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

じゃがづくし

091018_top.jpg
ポテトサラダを挟んだポテトパン ポテトチップス添え。 ・・・笑







最近は、ついつい色々小細工してしまうのだけど
相方は結局、こういうシンプルで柔らかいパンが好きなのだ。
だいたいいつも辛口なのに、この手のパンはあらかた好評だから。
でも天邪鬼なわたしは、お褒めの言葉に戦意を喪失する。
そしてつい、よせばいいのにヘタなチャレンジに走ってしまうのだ。


091018_1.jpg
最終発酵前。(ベンチ後、丸め直して型入れ直後)

思うようなパンが焼けないことが続くと、やっぱりゲンナリしてくる。
今日は久しぶりに、シンプルなパンを焼こう!
ふんわり柔らかいパンを焼いて、悪いイメージを払拭しよう。
今回もまた、前の晩に仕込んで常温でオーバーナイト。





091018_2.jpg
最終発酵完了。

表面が滑らかでなくプツプツしているのは、おそらくジャガイモのせい。
シンプルなパンとか言いながら、実はすりおろしたじゃがいもを
練り込んでいたのでした。
おろし金の目が粗めのものだったので、じゃがいもの形跡が、若干
残っているのかも。





091018_3.jpg

窯入れ前に、上新粉をたっぷり振りかけます。
今日は、焼き色をあまり入れないパンにしようと思います。





091018_4.jpg

091018_5.jpg

170度で20分。
焼き色、ちょっと入りすぎたかな。
でもふんわりと、とてもやわらかいパンになりました。
それでいて、もっちり。 うん、なかなかいい感じです。

ポテトサラダも作って、サンドウィッチにすることに。





091018_6.jpg

最近、我が家でブームの電子レンジで作るポテトチップス。
パリパリと、ちゃんとポテトチップスになるから面白い。
油を使わないからヘルシーでいいのだけれど、
塩が絡みづらくて、味気がうまくつかないのです。
なにか良い食べ方、ないですかね?




  1. 2009/10/19(月) 21:50:38|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山栗パン

091017_top.jpg
山栗の甘露煮と丹波栗ペーストのロールパン。







ダッチオーブンぱんも、先日のキャンプをもってシーズンオフ。
また暖かくなって、外遊びが気持ちの良い季節までひと休み。


---

生地は前の晩に仕込み、オーバーナイト。
冷蔵庫に入れなくても、常温で長時間発酵が出来る季節に
なってしまいました・・・ 寒いわけです。

覚書:
ドライイースト小さじ1/4
捏ね上げ温度25度。室温15~17度で8時間。のち30度で1時間。


091017_1.jpg

先日のデイキャンプの際、またたくさん山栗を拾っていたのです。
こんな時に限って残業が続いて、夜作業する時間がなかなかとれず
毎晩少しずつ、3日がかりでやっと処理。
栗ご飯にも使ったし、摘み食いしたりもしたけれど
最終的に、ジャム瓶3個分の甘露煮が出来ました。






091017_2.jpg

こちらは丹波栗のペースト。
京都赴任中のRYOくんが、先週末の乗鞍キャンプに持参してくれた栗。
現地で食べ切れなかった分を、ちゃっかり頂いて帰ってきました。
焼き栗としてすぐに食べられるよう、下茹でしてくれていたので
家では、茹で栗にして頂きました。
結構たくさんあったので、傷まないうちにペースト加工。
着色してないホントの色。
瓶詰めの際、脱気処理はしたけれど、甘さも控えめだし
日持ちは厳しいだろうなぁ~・・・早めになにか作らなくっちゃ。






091017_3.jpg

この日は、ひょえ~~~ってくらい、いっぱい落ちていたのだけど
調子に乗ってあまりたくさん拾い過ぎると後が大変なので
心を鬼にして、大き目のだけを選んで持ち帰りました。
虫食いもまったくなくて、なかなか良い栗です。






091017_4.jpg

091017_5.jpg

上に乗せるだけではまた、焼き上がりにはじけ飛ぶのは目に見えています。
生地に直接こね入れるのでは、煮崩れもせずせっかくコロンとしている栗が
きっと割れて崩れてしまうでしょう。
というわけで、シナモンロールのように、のした生地で巻き込んでから
カットして並べることにしました。
決して今回は、断面を期待してこうなったわけではありません(笑)
甘露煮と一緒に、丹波栗のペーストと、甘納豆も巻き込みます。
オーブンに入れる前に、塗り卵をしてグラニュー糖を少々振りかけました。






091017_6.jpg

中から丸ごと山栗がゴロンと出てきて、一応、目論見は成功。
だけど、なんか今ひとつ物足らない感じ・・・
ペーストを、もっとたっぷり入れても良かったかも。
あと、上面で焼けた栗がゴリゴリしていて歯ざわりが悪い。
見た目的には寂しくなるけど、栗はあまり外側に出さないほうがいいのかな。

091017_7.jpg


今年はなんだかバタバタしていて、つい買いそびれてしまった大きい栗。
やっぱり渋皮煮も作りたかった、、、と、今更思ってみても
もう地元のスーパーからは、栗の姿は消えていました。
ネットではまだ出回っているようだから、手に入れようと思えば入るようだけど・・・

もうほんとに、秋も終わりなんだな~。



  1. 2009/10/17(土) 22:55:19|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寒中キャンプ in 乗鞍

091012_top.jpg
アウトドア薪ストーブで煮込むロールキャベツ








毎年お世話になっている、無印良品 南乗鞍キャンプ場。
今シーズン最後の営業日となったこの週末、
いつもの山仲間と、今年は賑やかに4つのテントで過ごしてきました。
標高1.600M。放射冷却も伴って、夜はかなりの冷え込み。
さりとてそこは山慣れした我らが集団。
氷が張ろうが、霜が下りようが、完全防備で食に語りにと
夜が更けるまで楽しむのでありました。

定宿にしているDサイトが、かなり混み合っていたので
今回、初のAサイト。
なぜかココ、あまり人気がないみたいでとても静か。
お陰でプライベート空間を満喫出来ました。
こじんまりとした印象だけど、ぜんぜん悪くないです。
静かに過ごしたいならAサイト、オススメです。


091012_1.jpg

実は今回、わたしは料理に奔走していたため、
じっくり写真を撮る余裕がありませんでした。
楽しかったキャンプの様子は、ヨウメイさんRYOくんのところで
見ることが出来るので、ぜひそちらも併せてご覧下さい!



そんなわけで画像はないのですが、パンやら肉やら
クッキングストーブでの火遊びをしっかり満喫しました。
あれもこれもと欲張ったせいで、どれもイマイチのデキだったけど。

予想以上の寒さで、二次発酵がうまく進まず
お陰でその後の作業ががグダグダになって火加減調節にも失敗。
なんともお粗末なパンを2種類(カマンベール入りとノアレザン)。
その後、直火でワッフルを。
パンもワッフルも、生地は前夜に仕込んで冷蔵発酵したのち
現地に運び込みましたが、いつもより長距離輸送となったため
温度管理が益々うまくいかなかったのかも。
何より、冬の野外でのパン焼きは難しいわ~






091012_2.jpg

パンやワッフルを焼く傍らで、薪ストーブにはロールキャベツの鍋を
かけていました。ロールキャベツもやはり、前夜に家で仕込みを
しておいたもの。ル・クルーゼ様のお陰で、こちらは放っておいても
グツグツと良い匂いを醸してくれていました。


今日のメインは、丸鶏のスタッフドチキン
わたしは材料を用意しただけで、あとは他のメンバーにお任せすることに。
丸鶏の下ごしらえって、きっと苦手な人も多いのでは?
「お尻から手を入れて、お腹の中も洗ってね」
なんていきなり言われてもなかなかねぇ(笑)
でもNちゃんは頼もしかった!
軽くアドバイスしただけでテキパキと任務を遂行。
そして窯番は、ディープサイズDO所有のヨウメイさんにお任せ。
こんがりと良い焼き色で、こちらは大成功でした!

その間に、うちのDOでヨウメイ家がグラタンを。
そして、土鍋ご飯も美味しく炊いてくれました。

お肉はもう一品、タンドリーチキン
2台のDOが空く間もなくフル稼働。まさに食の祭典!





091012_6.jpg
野菜不足を補うべくした絶妙なメニュー、Y姉妹作・生春巻。


091012_3.jpg
RYOくんの手土産・丹波栗を炭火焼き栗に。ホクホク~・・・なんて贅沢な!






091012_4.jpg

091012_5.jpg

相当冷え込むのは覚悟の上でした。
事前に、くどいほどみんなにアナウンスをかけて冬装備を徹底。
手分けして大量に薪を持ち込み、薪ストーブと焚き火で暖をとりました。

たぶん、夜半から明け方にかけては零下だったと思われますが
テントの中では、シュラフ2枚重ねにシュラフカバー、中には湯たんぽ。
そして足元にはベンたんぽ(笑)。
お陰で寒さなんて微塵も感じることなく、朝まで熟睡。




こんな寒さでも楽しめるのは、このメンバーならではなんじゃないかな。
でも今度は、ぜひ気候の良い季節に集いたいものです(笑)
それまでに、また何か楽しいメニューを開発しておこう。



  1. 2009/10/15(木) 23:45:47|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

秋は忙しい。

091004_top.jpg
アウトドアリビングで寛ぐ旦那と愛犬の図。







雨続きのウィークディをやり過ごし、奇跡のようにピーカンの日曜日。
足の調子がいまいちで、しばらく山は自粛するらしい相方と
今週もまったり火遊び。
ドライブも兼ねて、今日はちょっと離れた隣県のキャンプ場まで。
抜けるように高く青い空は寒気も伴って、今朝のキャンプ場は
5度だったそう。
今度みんなで行くキャンプ場は標高もあるし、晴れればもっともっと
冷え込むかも。冬装備で望むべし!>ALL


091004_1.jpg

日向はポカポカと暖かいけれど、風が冷たくじっとしていると肌寒いくらい。
だけどベンにとっては、今が一番過ごしやすい季節で絶好調~






091004_2.jpg

焚き火をするなら、もはやパン焼きはセット事項。
今日は惣菜パンにしてみようと、家のあり合わせをタッパに詰めて。

わたしがパンと格闘している間に、相方は相方で、コッフェルでご飯を炊いて
カレーライスを食べていました。
最近、鍋炊飯に凝っている相方。かなり腕を上げています。






091004_5.jpg

今日は炭火ではなく、薪で焼きます。
キャンプ場で購入した薪は杉材。
杉はボンボン燃えてすごく暖かいのだけれど、熾きの間が短く
あっと言う間に燃え尽きてしまうので、料理に使うには不向き。
強火で豪快に焼く肉料理ならまだしも、火加減が難しいパンやお菓子は
やっぱり炭火で焼いたほうが無難かも。
薪を料理に使うなら、じっくり燃える広葉樹でいきたいものです。






091004_4.jpg

発酵完了後、ハサミで切り込みを入れて具を乗せましたが
まだまだ切込みが浅かったようで、焼き上がったらやっぱり
具材が飛び散っていました(笑) しかも具の量がしょぼかった。





091004_6.jpg

上からマヨネーズとチーズをかけたので、焦げ目が少々キツく入って
しまいましたが、まぁこれも、アウトドアの醍醐味と言う事で(言い訳)
こうして失敗を繰り返しながら、試行錯誤するのもまた楽しいものです。
パンは相変わらずもっちりふわふわと美味しく焼けました。





091004_7.jpg

091004_9.jpg

みんなでキャンプに行くことが決まって、仲間が、テントやらDOやら
キャンプ道具を揃えていくのを見ると、やっぱり触発されちゃうなぁ。
今とりたてて欲しいものがあるわけでもないのに
思わずキャンプ用品売り場をウロウロしてみたり・・・
で、買わなくてもいいのにテーブルを新調しちゃったりするわけだ(笑)
あとは当日、こんな風に良いお天気になれば言うことなし。

北陸の秋はとても短い。
逃さずいっぱい楽しまなくちゃ。




  1. 2009/10/06(火) 00:36:08|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。