DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さい秋をみつけに

090921_top.jpg
初秋の大嵐山ブナ林








風もめっきり秋めいて、近くの低山の彩づき具合も気になり始めたここ最近。
紅葉にはまだちょっと早いけど、小さな秋でもみつけに行こうかということで
久しぶりに、ベンとふたりでお山を歩いてきました。
世間はシルバーウィーク。
混雑だ、渋滞だと騒がれているのが嘘のように静かなマイナーなお山。
いつもより気持ち賑やかに熊鈴を鳴らしつつ出発。
乗鞍岳での熊騒動もあったばかりだし、少々不安もあったのですが
途中、賑やかにお弁当を食べているグループもいて
ちょっとほっとしたりして。



090921_1.jpg

090921_7.jpg

ここ大嵐山には、春に来て以来2度目。
UP/DOWNも緩く、最短コースはぐるりと一周小一時間程度。
体力が落ちたベンでも、楽しく歩ける散歩道ですっかりお気に入りになりました。






090921_2.jpg

090921_3.jpg

木々はまだまだ青々としていて、一見、春と変わらないようですが
葉はなんとなく乾き初めているし、落葉を踏むカサカサという音が心地よく
中には色づき初めている木もあったりして
確実に秋を感じることも出来ます。






090921_4.jpg
090921_5.jpg

キノコも木の実も、名前はぜんぜん知りません。

途中で出会ったおじさんが、
「あのキノコは食べられるよ。味噌汁に入れると旨いんだ」
と、木の幹に張り付く怪しい物体を指差しました。
は~そうなんですかっ!?
でもちょっと、持って帰る勇気が出なくて、さりげなくフェードアウトを
かますわたしなのでした(笑)






090921_8.jpg

090921_6.jpg

相方は今頃、遠く北アルプスのお山の上を歩いているはずです。
3000m峰では、もう紅葉も始まっているようですし
というか、初雪も降って季節はむしろ冬に向かっているようです。

これからはしばらく、地元の低山が良い季節。
彩づく頃を見計らって、もう一度ベンと一緒に訪れようと思います。



スポンサーサイト
  1. 2009/09/22(火) 11:41:06|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。