DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近くて遠いふるさと

090905_top.jpg
フジテレビ本社ビル24階レストランからの眺望







久しぶりに、実家に帰りました。
特に何ってわけでもないのだけれど、この時期わりと仕事も暇なので
有給休暇をもらうなら今かな、と。
なんせ、一年以上帰っていなかったのです。
親不孝な娘をお許し下さい。



090905_1.jpg
小松空港発 B747。ピカチュー仕様だったのだ!わお。 羽田でパチリ。



090905_2.jpg
富士山が見たくて、ネット予約でA席ゲット。心躍りますね、、、日本人ですから。



090905_3.jpg
あっちゅーまに東京。 友人との待ち合わせでお台場へ直行。



090905_4.jpg
フジテレビ球体展望室。首都高からはいつも見ていたけれど、上ったのは初めて。



090905_5.jpg
ひと通り見学。眺望の良いレストランで食事しながらしこたまおしゃべり。



090905_6.jpg
その後、スターライトパスでTDL。
モーレツな混雑ぶりに辟易しつつも、押さえるところは押さえます。



090905_7.jpg
夕食は、ブルーバイユーでコース。 大人になったな、と(笑)
「ずわい蟹と帆立貝のガトー仕立て シュリンプ添え」



090905_8.jpg
店内、非常にムーディなライティングゆえ、ピンあまあま。
「牛サーロインのグリル マデラソース」



090905_9.jpg
間もなく夕暮れ。シンデレラ城が美しい~ 閉園までねばり、クタクタ。





と、こんな感じで一日目は、友人とザッツ東京!を満喫しました。
気のおけない女3人ですから、それがどこでも楽しいのですけどね。

以降は実家でまったり。
母と買い物に行ったり、3人で食事に出たり。
わたしにとっては、東京は故郷であり、遊びに行くというより帰るところ。
もともと流行には鈍いので、話題の場所へ出向くことにあまり興味はないのです。
本当は、人ごみは苦手だし、行列に並ぶのも億劫。
そんなわたしですから、田舎暮らしは性に合っていたのでしょう。



---

090905_10.jpg
羽田まで送ってもらいました。レインボーブリッヂから見る東京。



090905_11.jpg
反対側には、一昨日上ったフジテレビ本社ビル。



090905_12.jpg
帰路もやっぱり富士山。ちなみに、羽田→小松も富士山側はA席です。



090905_13.jpg

とはいへ、離れるとなると、やはり淋しいものです。
こちらに手を振る両親を見ながら、東京を出るときはいつも

「これからはもっと頻繁に帰ろう」

と思うのです。
なんせ、ドアtoドアで 飛行機なら4時間。車なら7時間。
その気になれば、週末だけでも帰る事はぜんぜん可能なのです。
それなのに・・・

「それだけこっちの生活が充実しているからでしょう」
と、ある友人が言いました。
確かにそうなのでしょう。
今は元気な両親に、甘えているのかもしれません。

近くて遠いふるさと、東京。
これからは、もうちょっと帰るようにしようと思います。

なのでよろしく。




スポンサーサイト
  1. 2009/09/08(火) 23:20:47|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。