DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

贅沢な秋の食卓

kurisigoto_top.jpg
栗と舞茸のおこわ








春の山菜時期と並び、とっても楽しい味覚の秋がやってきましたよー!
さっそくベンとお山にでかけ、山栗を拾って来ました。
お手軽に栗ご飯もいいけれど、せっかくなのでもち米を使い
セイロでおこわを炊くことに。

毎年この時期は、栗仕事に精を出しています。
山栗は小さくて、処理をするのもなかなか面倒な根気のいる作業なのですが
わたしはなぜかこういうチマチマとした仕事が好きなもんで
毎年せっせと作業に励むのでした。


kurisigoto_1.jpg

いつもの場所で栗拾い。
山栗は動物との争奪戦。
というか実は、動物たちの食べ残しを、わたしが頂戴してるだけ。





kurisigoto_2.jpg

必殺!「栗くり坊主(栗剥きばさみ)」。
でも、小さな山栗には、あまり力を発揮してくれません。





kurisigoto_3.jpg

一時間ほどかかって、栗剥き作業終了。
皮を剥くと、ほんのひとにぎりになってしまうのですが
ふたり分のご飯を炊くには充分です。

この後、しばらく水に浸してアク抜きします。
さて、、、栗ご飯だーっ!
と、気合の入った矢先・・・








maitake09_1.jpg

なんと相方が、天然の舞茸を頂いて来たではないですか!
相方の山の相棒・Sさんのお父上は、地元では有名なキノコ採り名人。
毎年、いろいろなキノコをお裾分けして頂いています。
ズシリと重い一株、、、市場に出せば相当の値がつくと思われます。

こりゃ、一緒に炊き込むしかあるまい。





maitake09_2.jpg

その前に、、、やっぱり天ぷら、サイコー!
歯ごたえ、香り、、、スーパーで売っているペラペラの養殖モノとは
比べ物にならない美味しさ。





maitake09_3.jpg

さらに、朴葉味噌に乗せて、卓上七輪で炙ってみたり。
写真は撮ってないけれど、バターでホイル焼きにもしました。





kurisigoto_4.jpg

今回は、もち米100%。
栗は、くちなしの実で色を付けています。
混ぜご飯やおこわを炊くときは、いつも濃い目にしっかり味付けをするのですが
今回は、舞茸の味と香りを邪魔しないよう、昆布と、少量の酒・みりん・塩・醤油
で、ごくごくシンプルに薄味に仕上げました。

栗は拾ったモノでキノコは頂いたモノだけど(笑)
ある意味非常に贅沢で、今夜はこの上ない秋の食卓でした。




スポンサーサイト
  1. 2009/09/26(土) 22:53:32|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

揚げカレーパン

agepan_top.jpg
残ったカレーで作る揚げカレーパン







カレーを作ったはいいけれど、相方は山に行ってしまい
強力な消費要員がいないので、いっぱい残ってしまったカレー。
冷凍してもいいのだけれど、ちょうどいいのでカレーパンでも作りましょうかね。



agepan_1.jpg

冷凍庫にあった、以前焼いたパンを解凍してフープロでガーッ。
コロッケもカキフライもトンカツも、うちで揚げるときは、たいていこうして
自家製パン粉を作ります。

いつもより若干硬めに捏ね上げた生地を、一次発酵後 約50gで分割。
あんぱんと同じ要領で、のした生地でカレーを包みます。
今回は、丸型で成型してみました。
カレーが、ちょっとゆるくて包みづらかった・・・ 手抜きはダメね。
カレーパンにするのなら、カレーは煮詰めて硬めに仕上げ
更に冷蔵庫で冷やしておいたほうがいいのです。






agepan_2.jpg

さっと水に潜らせて、素早くパン粉をまぶし付けます。
パン粉をまぶす揚げパンは、基本的に乾ホイロ。
湿気のない暖かい場所で、網などに乗せて最終発酵を促します。
要するに、パン粉がベチャっとならないようにするためです。






agepan_3.jpg

包んだ時点で小さいかな~、、、と思っても、かなりぶわっと膨らむので
最終的には結構ボリュームが出ます。
揚げ温度は気持ち低めがいいかなぁ。
綴じ目部分は結構厚みがあるし、焦って上げると生焼けになります。
ぜひとも、揚げ立てアツアツを、はふはふ言いながら食べましょう!

相方のいないシルバーウィーク。
山へ行けなかったのはちょっと悔しいけれど
こっちはこっちで満喫しちゃうわけです。
亭主元気で、、、(以下自粛)




  1. 2009/09/24(木) 21:55:16|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

久しぶりのPooWooLoo

pwl090921_top.jpg
カフェ PooWooLoo にて







お山歩きで心地よく疲れているベンを寝かしつけ(いつも寝てるけど・笑)
午後からは、久々に越前市のカフェ「PooWooLoo」を訪れました。
ここは、福井における心の姉・きしもさんが営む週末カフェ。
きしもさんは、わたしにとって初めて出来たネイティブ福井の友人であり
会うとわたしにとてもパワーをくれる人。



pwl090921_1.jpg

最近、カメラに燃えているきしもさん。
このPooWooLoo主催のカメラ教室は、大変好評で
自身も熱心に勉強されていて、最近メキメキと腕を上げている様子。
わたしもちょっぴり触発されて、お店の様子などを撮影させて頂こうと
カメラ持参で乗り込みましたが、どうもここへ来ると、ついつい楽しい
おしゃべりのほうに夢中になってしまい、いつも撮影そっちのけで
しゃべりこんで、今日もぜんぜん気持ちの入っていない
なんだかな~な写真を数枚撮っただけ・・・あーあ。






pwl090921_3.jpg

遊びに来るときにはよく、差し入れを持参しているのですが
何を持って行こうかなぁ?と、考えるのもわたしの楽しみのひとつ。
今日は、先日アウトドアでも焼いたワッフルを。
誰でも気軽に焼けるのが、ワッフルの良いところのひとつ。
この際なので、焼く工程も楽しんでもらおうと、最終発酵まで終えて
「あとは焼くだけ」状態にした生地と、ワッフルメーカーを持参。

本日のテーマ:「勝手に押しかけ出張ワッフル」

とはいへ、お仕事のお邪魔をしてはいけません。
お客さんも引けるであろう遅い時間を狙っていざ突撃!






pwl090921_2.jpg

案の定、誰もいない店内。
ナイスタイミング!・・・と内心ほくそえむも
閉店間際のほっとする空気を襲う、これってかなり迷惑なお客じゃん!(笑)

いきなり珍客に見舞われ、なにがなにやらなきしもさん。
それでも、お手伝いの長女ちゃんも巻き込んで、楽しそうにワッフルを焼く
ふたりを、ちょっと離れたところから眺めつつ、
思わずニンマリするわたしなのでした。 お騒がせしましたm(_ _)m






pwl090921_4.jpg

遊びに来るといつも、カンバンになっても居座って
ついつい遅くまでお邪魔してしまう面倒くさいお客です(笑)
きしもさんとは、性格も真逆だし、趣味やたぶん好みもぜんぜん違うのに
話していて楽しいのはなぜだろう・・・
刺激になるようで、それでいてホッとするようで、、、
不思議な魅力を持った女性です。

例の約束、ぜひ実現させましょうね、きしもさん!



  1. 2009/09/23(水) 18:22:10|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

小さい秋をみつけに

090921_top.jpg
初秋の大嵐山ブナ林








風もめっきり秋めいて、近くの低山の彩づき具合も気になり始めたここ最近。
紅葉にはまだちょっと早いけど、小さな秋でもみつけに行こうかということで
久しぶりに、ベンとふたりでお山を歩いてきました。
世間はシルバーウィーク。
混雑だ、渋滞だと騒がれているのが嘘のように静かなマイナーなお山。
いつもより気持ち賑やかに熊鈴を鳴らしつつ出発。
乗鞍岳での熊騒動もあったばかりだし、少々不安もあったのですが
途中、賑やかにお弁当を食べているグループもいて
ちょっとほっとしたりして。



090921_1.jpg

090921_7.jpg

ここ大嵐山には、春に来て以来2度目。
UP/DOWNも緩く、最短コースはぐるりと一周小一時間程度。
体力が落ちたベンでも、楽しく歩ける散歩道ですっかりお気に入りになりました。






090921_2.jpg

090921_3.jpg

木々はまだまだ青々としていて、一見、春と変わらないようですが
葉はなんとなく乾き初めているし、落葉を踏むカサカサという音が心地よく
中には色づき初めている木もあったりして
確実に秋を感じることも出来ます。






090921_4.jpg
090921_5.jpg

キノコも木の実も、名前はぜんぜん知りません。

途中で出会ったおじさんが、
「あのキノコは食べられるよ。味噌汁に入れると旨いんだ」
と、木の幹に張り付く怪しい物体を指差しました。
は~そうなんですかっ!?
でもちょっと、持って帰る勇気が出なくて、さりげなくフェードアウトを
かますわたしなのでした(笑)






090921_8.jpg

090921_6.jpg

相方は今頃、遠く北アルプスのお山の上を歩いているはずです。
3000m峰では、もう紅葉も始まっているようですし
というか、初雪も降って季節はむしろ冬に向かっているようです。

これからはしばらく、地元の低山が良い季節。
彩づく頃を見計らって、もう一度ベンと一緒に訪れようと思います。



  1. 2009/09/22(火) 11:41:06|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダッチオーブンでナンを焼く

090920_top.jpg
カレーのランチプレート







シルバーウィークってナンですか?
わたしはただの3連休ナンですけど?
ま、どうせどこに行っても混んでるだけですから
こんな時は家でまったり過ごすに限ります。

今日も青空広がるとても良い天気なのですが
今夜からお山に出かける相方は、そわそわと準備に余念がない様子で
相手にしてもらえそうもありません。(わたしは今回、留守番です。)
とはいへ、お天気の良い休日に、家にいられることも少ないし
こんな日も、たまには必要なんですけどね。



090920_1.jpg

家事を片付けつつ、縁側に七輪を出して火を熾し
今日もまた、キャンプを念頭に置いての火遊びを。

本日のテーマ:「ダッチオーブンで焼くナン」。

庭で焚き火もなんなので、お手軽に七輪にしてみたのですが
やはりちょっと火力が弱かったよう。
思うように火が入らず、急遽キッチンのガス台に大慌てで移動!
そこからはもうバタバタで、写真を撮る余裕などありませんでした(笑)





090920_4.jpg

結局、炭火ではなくコンロで焼くこととなりましたが
まぁなんとか焼きあがりました。

色々試した結果、フタではなくやはりナベの中に入れ
フタをして焼いたほうが良いようです。
焚き火なら、フタにも炭を乗せて上火を作ったほうが
両面ふっくら焼けて良さそうです。
確かにそのほうが、タンドール(窯)の状態に近づけますね。

近々、イーストを使わない本場インドのレシピで
再チャレンジしてみようと思います。





090920_2.jpg

新米が出始めました!
せっかくの美味しいお米、ちょっとひと手間ということで
最近は、鍋炊飯に凝っています。
ル・クルーゼで炊くことが多いのですが
一粒一粒のふっくら加減が違いますね~ しかもツヤツヤ。
今日はもちろん、サフランライス。





090920_3.jpg

さて、今日はこんなことも。

今度のキャンプでは、以前使っていたテントをレンタルすることになっています。
もうずいぶん使っていないので、久々に引っ張り出してガレージで虫干し。
それにしても、、、久しぶりに見るとデカイなぁ~・・・
今使っている山岳用テントが、この中で2つは張れそうです。

この中で、女子3人が寝るんですってよ。
そりゃ楽しかろうて。


キャンプの準備にかこつけて、ちゃっかり楽しんでいる最近の休日です。



  1. 2009/09/20(日) 21:19:53|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お外でワッフル

090913_top.jpg
リエージュタイプの直火焼きワッフル







午前中降っていた雨も上がり、午後からは青空が広がりました。
さっそく、ベンを連れていつもの場所へ火遊びに。
暖かな日差しに涼しい風がとても心地よく、まさにアウトドア日和!
一年中こんな気候だったら最高なのに・・・
いやいや、雪が降らないのは困るなぁ。(笑)



090913_1.jpg

短時間、お手軽に遊ぶだけなら最近はこんなスタイルです。
小さなイスとローテーブル。
そして、コンパクトな焚き火台で小さく火を熾します。
簡単な食事をしたり、コーヒーを飲んだり、、、
たいてい2~3時間のんびりしたら、わりとあっさり帰ります。






090913_2.jpg

火が熾きるまでには少々時間がかかるので、それまでは
釣りをしたり、うろうろ写真を撮ったり、ベンのボール投げのお相手をしたり。

そして今日は、試してみたいことがありました。





090913_3.jpg

わたしが持っているワッフルメーカーは直火式タイプ。
買ったときは、単に安価なのでこれを選んだわけですが、
そういえばこれも、今度のキャンプで使えるじゃないか!と。
いつもはもちろん、キッチンでしか使ったことがなく
焚き火でどんな風に焼けるのか、ちょっと実験してみたかったのです。






090913_4.jpg

生地は、パンと同じようにドライイーストで発酵させて作ります。
今日も家で仕込んで、発酵させながら車で現地まで運びました。
一次発酵が終了したら分割して二次発酵。
生地は柔らかめで、バターたっぷりのブリオッシュ生地といった感じ。
ワッフルメーカーを閉じると、押しつぶされて例の形になるわけです。





090913_5.jpg

これは、リエージュタイプと言われるワッフルです。
ベルギーワッフルで有名な、マネケンのワッフルはこのタイプですね。
もともと生地にたっぷり砂糖が入っているので、これだけでも充分甘く
もっちりとした食感と、生地に混ぜ込んだザラメやパールシュガーの
シャリシャリした舌触りも美味しさのひとつ。
手でつまんで気軽に食べられるのが、アウトドアでは良いかな、と。






090913_6.jpg

そして、今日は実験なのでもうひとつ。
クリーム状のゆるい生地を、お玉ですくって流しいれて焼く
ブリュッセルタイプも焼いてみました。
こちらも、生地はドライイーストで発酵させて作ります。





090913_7.jpg

リエージュタイプより、ふわっと軽い焼き上がり。
お砂糖少な目の生地なので、これだけで食べるより
トッピングを楽しみたいワッフルです。





090913_8.jpg

今日は、バナナをバターでソテーして、お砂糖とブランデーでキャラメリゼ
したものを添えてみました。
この焼きバナナ、アイスを添えて食べても美味なのだ!






090913_9.jpg

更に、生クリームとスライスアーモンドとチョコレートソース。
王道でしょう!?
お皿も汚れるし、アウトドアではちょっと面倒なメニューかな。
でも、このいかにもスウィーツ!なビジュアルは捨てがたい?(笑)


とりあえず、実験は成功~
というわけで、コーヒータイムもお楽しみに。




  1. 2009/09/13(日) 18:24:07|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

近くて遠いふるさと

090905_top.jpg
フジテレビ本社ビル24階レストランからの眺望







久しぶりに、実家に帰りました。
特に何ってわけでもないのだけれど、この時期わりと仕事も暇なので
有給休暇をもらうなら今かな、と。
なんせ、一年以上帰っていなかったのです。
親不孝な娘をお許し下さい。



090905_1.jpg
小松空港発 B747。ピカチュー仕様だったのだ!わお。 羽田でパチリ。



090905_2.jpg
富士山が見たくて、ネット予約でA席ゲット。心躍りますね、、、日本人ですから。



090905_3.jpg
あっちゅーまに東京。 友人との待ち合わせでお台場へ直行。



090905_4.jpg
フジテレビ球体展望室。首都高からはいつも見ていたけれど、上ったのは初めて。



090905_5.jpg
ひと通り見学。眺望の良いレストランで食事しながらしこたまおしゃべり。



090905_6.jpg
その後、スターライトパスでTDL。
モーレツな混雑ぶりに辟易しつつも、押さえるところは押さえます。



090905_7.jpg
夕食は、ブルーバイユーでコース。 大人になったな、と(笑)
「ずわい蟹と帆立貝のガトー仕立て シュリンプ添え」



090905_8.jpg
店内、非常にムーディなライティングゆえ、ピンあまあま。
「牛サーロインのグリル マデラソース」



090905_9.jpg
間もなく夕暮れ。シンデレラ城が美しい~ 閉園までねばり、クタクタ。





と、こんな感じで一日目は、友人とザッツ東京!を満喫しました。
気のおけない女3人ですから、それがどこでも楽しいのですけどね。

以降は実家でまったり。
母と買い物に行ったり、3人で食事に出たり。
わたしにとっては、東京は故郷であり、遊びに行くというより帰るところ。
もともと流行には鈍いので、話題の場所へ出向くことにあまり興味はないのです。
本当は、人ごみは苦手だし、行列に並ぶのも億劫。
そんなわたしですから、田舎暮らしは性に合っていたのでしょう。



---

090905_10.jpg
羽田まで送ってもらいました。レインボーブリッヂから見る東京。



090905_11.jpg
反対側には、一昨日上ったフジテレビ本社ビル。



090905_12.jpg
帰路もやっぱり富士山。ちなみに、羽田→小松も富士山側はA席です。



090905_13.jpg

とはいへ、離れるとなると、やはり淋しいものです。
こちらに手を振る両親を見ながら、東京を出るときはいつも

「これからはもっと頻繁に帰ろう」

と思うのです。
なんせ、ドアtoドアで 飛行機なら4時間。車なら7時間。
その気になれば、週末だけでも帰る事はぜんぜん可能なのです。
それなのに・・・

「それだけこっちの生活が充実しているからでしょう」
と、ある友人が言いました。
確かにそうなのでしょう。
今は元気な両親に、甘えているのかもしれません。

近くて遠いふるさと、東京。
これからは、もうちょっと帰るようにしようと思います。

なのでよろしく。




  1. 2009/09/08(火) 23:20:47|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダッチオーブンぱん

090830_top.jpg
ついにリベンジ! やっとコツがつかめた感じ。








今度計画しているキャンプ、ある程度人が集まるようなら
パンをいつもよりいっぱい焼こうかなぁ、、、と思っています。
ナンとかピザとか、そこらへんはまぁ失敗は少ないのだけれど
普通にテーブルパンを焼くのが、これが結構難しいのです。
過去2回は、いまいち納得出来ないデキだったので
現場であたふたしないように、予習を兼ねて近所の河原で
パンを焼いて来ました。(河原へパンを焼きに行くってどうよ?笑)



090830_1.jpg
久々登場のベン。元気にこの夏も乗り切りましたよ~♪


まだ日中はちょっと蒸し暑い時もあるけれど、だいぶ秋の気配も漂い始め
朝晩など肌寒いくらいです。
時間帯を考えれば、ベンもお外で遊べるようになりました。
このところ、山ばかりでお留守番が続いていたので
この週末は、しっかり遊んで久々に癒しを注入(してもらったのはわたし・笑)

キャンプで久々に、ベンとお泊り出来るのも今から楽しみです~






090830_2.jpg

今回も、生地は家で仕込み、一時発酵している段階で車に積んで現地へ。
頃合を見計らい、成型して型(DO)入れ。
今日は結構涼しくて、最終発酵にはちょっと炭火の力を借りました。
家で焼くのとは違い、時間配分も、温度管理も、火加減も、目と勘が頼り。
ちょっと緊張します。





090830_3.jpg

ここからが勝負の火入れ。
焼いている最中、あまりフタを開けたり閉めたりしたくはないのだけど
焼き加減が気になって気になって、禁断の覗き見を数回。
うん、焼き色はなかなか上出来!




さて内層は・・・



090830_4.jpg

焼き上がりアツアツをちぎってみると・・・ ひゃ~~
お餅みたいにもちもちびよーんとすごいひきなんですけど。
このクラムの感じは、やっぱりDOで焼くパンならでは、なんじゃないかな。

よっしゃ!大成功~





090830_5.jpg

さっそく、プチトマトジャムを乗せていただきまーす!






キャンプでは、色々具材を用意して、このパンを使った
セルフハンバーガーなんていいかなぁ・・・なんて考えてます。
カレーパーティなら、ナンやタンドリーチキンも焼きたいし
スタッフドチキンも捨てがたいかも。
そうそう、おやつにはスコーンも焼けるじゃない。
DO一台で、果たしてまわせるだろうか・・・



皆さんのご参加、お待ちしておりますm(_ _)m



  1. 2009/09/02(水) 20:36:41|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。