DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩の殿堂・剱岳へ

090725_top.jpg
カニのヨコバイ(下はスッパリ切れ落ちた岩場)通過中! (photo by 相方)







梅雨が明けるのを待っていたら、夏は終わってしまいそう。
ずっとタイミングを計っていたのだけれど、もう待つのにも飽き飽き。
天気予報は雨だけど、こうなったら強行突破!

090725_1.jpg
剱沢のテン場から、剱岳(標高 2.999M)を望む



というわけで、映画化で話題の剱岳に登ってきました。
雨の状況次第で登頂は出来なくても、この姿を拝めるだけでも満足、、、
と思っていたのですが、奇跡的に午前中は風雨も止んで
なんとかアタックすることが出来ました。






090725_2.jpg
雷鳥沢コースの中腹から、室堂平方面を振り返ってパチリ。



立山へは昨年のGW、まだ雪で覆われた季節に来て以来2度目。
GWは、色とりどりたくさんのテントで賑わっていた雷鳥平のテン場も
この天候のせいか淋しいばかり。



いつものようにマイペースに、息を上げぬようゆっくりと。
だけどその分、休憩はとらずに一気に登ります。
写真を撮りたいときなんかはダメだけど、こんな天気でもくもくと登るだけの
ときには、歩く速度は遅くとも、座り込んで休憩しているパーティを
何組も抜き去る意外と効率的な登り方なんです。

せっかく順調に高度を稼いでいたのに、そろそろ剱御前小舎に着こうかと
いう矢先に突然激しい暴風雨。慌ててカッパを着込み、カメラをザックに
しまいます。それ以降、ずっとカッパを脱ぐことは出来ず
カメラもザックにしまったまま、ほとんど写真を撮ることも出来ませんでした。



090725_3.jpg

剱御前小舎で一服。
ここから本日の目的地、剱沢のテン場まではゆるい下り道。
ガスで真っ白の中を再び歩き始めたのですが
しばらく歩くと、突然ガスが流れて剱岳がばーーーん!
カラフルなテントも見えてきて、慌ててしまったカメラをまた出しました。
いきなりボルテージUP!




そんなこんなであっけなく着いてしまった剱沢。
でも着くなりまた雨風が激しくなって、あとはひたすらテントの中でまったり。
今朝が早起きだったせいなのか、はたまた外の暴風雨のわななきが
心地よかった(!?)のか、自分でも呆れるくらいよく眠れました。


「オレはちょっと行って来るから」
朝5時、相方の声でようやく目が覚めました。
気付けば、雨風はやんでいるようで、外は静かです。
濡れているであろう岩場を歩くのはちょっと不安だったけど
行ける所まで行ってみようと、わたしも慌てて準備をし出発。


アタックザックには、行動食と水分、そして防寒着で包んだ一眼レフ。
さすがに鎖だらけの岩場を、いつものようにカメラを首にぶら下げて歩くわけには
いきません。
前後を歩く他の人とのペースを乱すわけにもいかないし
結局、アタック中にカメラを出すことは出来なかったのです。








というわけで、ここからは相方カメラ。
ポケットに忍ばせたコンパクトカメラで、要所要所で撮影してくれました。
臨場感が伝わればこれ幸い。

オレンジのカッパがわたしです。


090725_6.jpg

090725_7.jpg

ガスで真っ白のため、景色は何も見えません(涙)
もちろん谷底も見えないわけで、幸か不幸か恐怖感も半減。
こんな感じで、過保護なくらいあちこちに鎖がかかっているため、
実はとても登り易いのです。





090725_4.jpg
カニノタテバイ

ここまで順調に登ってきたのに、やっぱりここで渋滞してしまうのでした。
登りのクライマックス、カニノタテバイ。
ひとりドン臭いのがいるだけで、流れがせき止められるのです。イライラ・・・
約20分待ち。
(ちなみに、ねじり鉢巻は知らない人です)





090725_5.jpg

で、そのタテバイを登っているわたし。
基本、サルです。
しかも、軽度の高所平気症だったりもするので、よじ登るのはまぁ得意分野。





渋滞に巻き込まれつつも、テン場から約3時間で頂上到着!
が、やっぱり頂上は真っ白で何も見えず。
しかも団体様ご一行に占拠され、ゆっくりする場所もないくらい。
この団体の後になったら、鎖場の渋滞は必至。
余韻に浸る間もなく、速攻下山開始。いそげー!





090725_8.jpg
カニノヨコバイ

下りのクライマックス、カニノヨコバイ。
僅かにかかっているつま先が、ツルッといったら谷底落下。おーこわ。
ツアーのおばちゃまたちは、カラビナ(要するに命綱)をかけながら渡るそう。
そりゃ渋滞も起こすだろって。
でも実はほんの数メートル。難なくクリア。

カニのタテ・ヨコよりも、わたしは平蔵の頭のほうが怖かったかな。
でもま、怖いところには必ず親切に鎖が付いているので
しっかりつかまり、慎重に登り下りすればそれほどビビることもないのでは
ないでしょうか。





一服剱あたりで、激しく雨が降り出しました。
険しい岩場で出合わなくて良かった。
雨の中をとぼとぼ下って、約6時間で無事テン場に帰還。

ゆっくり昼食を食べて、しばし休憩をとったあと
雨の中テントを撤収して帰路へ。
剱岳登頂で終わらないのが、一泊山行の辛いところ。
疲れた体にムチ打っての、剱沢から剱御前小舎への登り返し、
雷鳥平から室堂ターミナルへの登り返しが
わたしにとっては岩の殿堂登頂より辛い歩きなのでした(苦笑)


今回は、写真もほとんど撮れず、キレイな花を愛でることもなく
雨の中をひたすら歩くという、わたしにとっては行のような山行でしたが
岩スキルの経験値UPという意味では、とてもよい経験となりました。

立山は、ここ福井からはとても身近な地。
またいつかこの周辺を歩く時、そびえる剱岳を見る目は確実に変わるでしょう。
「山は頂上に立った後のほうがかっこよく見える」
そう三歩も言っていますから。



スポンサーサイト
  1. 2009/07/29(水) 21:31:50|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。