DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親子三代川遊び

090719_top.jpg
初代:鮎師
二代目:ルアーマン
三代目:先祖は水鳥回収犬(今は遊んでるだけ・笑)









よくもまぁこう毎日毎日降りやがる。
ジメジメムシムシじっとりと湿気をたっぷり含んだ空気の中で
やる気を削がれる日々を送っています。
ベンも、この雨ではどこにも行けないということをちゃんとわかっていて諦めモード。

だけどせっかくの週末だから、雨の止み間をみつけてちょっとだけでも外遊び。
この蒸し暑い中では、遊ぶといえば水遊びしかないわけで。
でもたぶん、お山の中の渓流は、毎日の雨で増水して川遊びどころじゃないはず。
ちょっと水質は劣るけれど、下流の河原へ行ってみようか。


090719_1.jpg

下流域はこの季節、鮎の釣り人で賑わいます。
こんな天気で多少流れが速かったり水が濁ったりしていても
鮎は問題なく釣れちゃうのだそうで、今日もたくさんの人が出ていました。







090719_2.jpg

相方も一応、ルアーで参戦。狙うのは鮎ではなく、アマゴ。

さすがにこの流れでは泳ぐのは無理だけど、
ベンはとりあえず、水に浸かれればご機嫌。
「ちべたくてキモチイイデース」






090719_3.jpg

真剣な鮎師に、背後からこっそり・・・

って実はこれ、お義父さん。
寝食忘れるほどのめり込むので、しばらく禁止令が出ていた(笑)のですが
最近また復活して川に出るようになった生粋の釣り人。







090719_5.jpg

流派は違えど釣り人同士。

同じ釣るという行為でも、ターゲットが違うとまるで違うことを
しているようなスタイルが、当然だけど面白いな、といつも思います。






090719_4.jpg

090719_6.jpg

ちょっと型は小さいけれど、3匹ゲット。
新鮮な鮎ってスイカの香りがするのです。知ってた?





090719_7.jpg

七輪に炭を熾して、縁側で焼いて頂きました。
内蔵ごと食べる鮎は、苦味のある独特なオトナのお味。

なぜ鮎は内臓も食べられるのかというと、エサの違いにあるのだそう。
鮎は草食。川底や岩などに生える藻や苔を食べて育っています。
だからキレイな川で育つ鮎は、キレイな藻や苔を食べているので
スイカのような青臭い匂いがするんだな。
一方、イワナやアマゴのエサは昆虫。ひー。





この先ももだしばらく傘マークが並んでいます。
梅雨明けはいったいいつになるのやら・・・
青空にもくもくの白い雲が恋しい、梅雨のとある一日の出来事でした。


スポンサーサイト
  1. 2009/07/20(月) 10:49:25|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。