DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・ベンと森林浴

090606_top.jpg
ブナに挑むベン









先日の平家平に続き、またまたブナ林でフィトンチッドを浴びてきました。
デジャヴのような写真が続きますが、これは今日の出来事です(笑)

白山 市ノ瀬登山口に向かう手前にある小さな街、白峰。
この街の桑島地区のはずれから延びる林道をしばらく登ったところに
ここ、大嵐山(おおあらしやま・1204M)の登山口はあります。
水芭蕉の群生が有名で、春先には多くの人で賑わうようですが
もう花も終わった今ならば、静かなハイキングが楽しめそう・・・ということで
ベンと一緒に出かけてきました。


090606_1.jpg

090606_2.jpg

090606_3.jpg

登山口と言っても、急な上りはなく、ぐるっと一周小一時間ほどの尾根道歩き。
コースの途中には気持ちの良いブナ林が広がっていて、水芭蕉が終わった
今の季節でも、また違った良さがあるお山です。

ここ数日、まるでもう梅雨かというようなハッキリしないお天気が続いていて
今日もあまり期待せずに家を出たのだけれど、登山口を出発するあたりから
青空とお日様が! 今日も木漏れ日が気持ちいい~





090606_4.jpg

ギンリョウソウが、あっちにもこっちにもいっぱい!
初めて見た時は、「気色悪っ!」と思ったものですが(笑)
見慣れると(!)、これはこれで出会えるとうれしいものです。





090606_5.jpg

「ギンリョウソウ(銀竜草)」
葉緑素をもたず光合成する能力がないので、自分で栄養分を作り出すことができない。
ベニタケ属菌類に寄生し、共生する樹木が光合成により作り出している有機物を、
菌経由で得て生活している。別名・ユウレイタケ。





090606_6.jpg

登山口駐車場には、数台の車が停まっていたけれど
結局今日は、誰ひとりとして会うことはありませんでした。こりゃ穴場!
アップダウンがほとんどないせいか、ベンも余裕で歩きました。
また、ランチを持って遊びに来ようかな。





090606_7.jpg

帰り道に白峰の街に寄り道。
縁側のあるお茶屋さんで、ベンを足元にコーヒーを一杯。
「ぼたもちセット」をオーダーしたら、もんのすごい大きなぼたもちでびっくり。
コーヒーカップはオリジナルの様ですね。
この街は豪雪地帯で、雪深い中で開かれる雪だるま祭りが有名なのです。


白峰にはとても良いお湯が出ていて、冬はよくお風呂に入りに来ます。
家からの距離は結構あるけれど、とても身近に感じる好きな場所です。
大嵐山は初めて歩いたけれど、白峰の良いところをまたひとつ知ることが出来ました。


スポンサーサイト
  1. 2009/06/06(土) 22:26:00|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。