DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツーキニスト再び!?

090530_top.jpg
見るも無残なビアンキくん。ごめんねごめんねー。









かれこれ10年近く前、たまたま入った自転車屋さんで一目惚れ。即買い。
その名も Bianchi(ビアンキ)。
イタリア生まれの自転車ですが、うちのは確か日本製。
最近のもは台湾で製造されているとかで、マニアの間では
レパルトコルセ@イタリア で製造されたものしかビアンキとは認めない
などと言われているらしいけど、あたしゃマニアでもなんでもないので
まぁどうでもいいかな、、、と(笑)

愛着もあって手放すことが出来ず、わざわざ東京から運んで来たのだけれど
田舎は車社会。
自転車など、遊び以外で必要になることなどないに等しいのです。


090530_1.jpg

もうずーーーっと前から意気込みだけはあったのだけど
なかなか実行に移せなかったこと。それは自転車通勤。
東京にいた頃は、世田谷区の自宅から原宿にある会社まで、
約8kmの道のりを、このビアンキで通ったりしていました。
渋谷区は、都会にしては坂道の多い街で、8kmといえども結構大変です。
R246はとても交通量が多いし、渋谷・原宿は人通りもハンパじゃないので
裏道を駆使し、ルートを工夫して走ったものです。


さて、現在の家から会社までは約10km。
わが奥越地方は山あいの街。要するに走るのは山道です。
もちろん立派な幹線道路ですが、UP/DOWNはかなりヘビーです。
渋谷のそれと、どれほど違うのかは実際走ってみないとわかりませんが
車で走れば15分から20分のその道のりが自転車でどれくらいなのか・・・





090530_2.jpg

たぶん、あらゆる理由により(笑)続けることは困難極まることだと思うのだけど
まぁ、ちょっと一回行ってみたいなぁ~と薄っすら思い続けてきたことを
いっちょ実現してみようか、、、といよいよ決心した次第。





090530_3.jpg

こっちに来て4年。
そうして縁側で放置(たまに布団干しに使われていたりする・涙)され続けたビアンキくん。
痛みが非常に激しく、もはや買い換えた方が・・・という有様ではありますが
手を加えてみるのも楽しいか、と。
何より愛着があって、どうしたって捨てられません。

でも、自転車のリペアの仕方なんて、ぜっんぜんわからないので
どうやら自転車に詳しいらしい今立のYさん、福井のRくん
そのうち泣きつくかもしれません。その節はアドバイスよろしくお願いします(爆)




スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 14:13:45|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。