DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そりゃ呑みたくなるでしょう

090429_top.jpg
コシアブラとタラの芽の天ぷらを肴に・・・   昼間っからスミマセン。








久々の青空。
早起きをして、今日も朝から渓流へ。
だけど気合とは裏腹に、降り続いていた雨の影響か水量が多くて釣りにならず。
一通り回って敢え無く撤退。


090429_5.jpg

ここ数日、本当に寒かった・・・
里で降っていた雨、山では雪だったのです。



午後からは、のんびりお山へハイキング。
最近寒かったとは言え、そろそろお山の上でも山菜の実りが。

090429_1.jpg
ゼンマイ

ゼンマイにはオスとメスがあり、食べられるのはメスの方。
ちなみに、左がメス。
ぐるぐる部分のワタを剥がすと、判別しやすくなります。
オスはこの膨らんだ部分から胞子を飛ばし、来年に命を繋げます。





090429_2.jpg

結構採ったつもりだったけど、家に帰って処理をしたら
(ぐるぐるの部分は食べられないのです)
たったこれだけでした。
ゼンマイはアクがとても強いので、重曹を入れて軽く茹でたあと
数日かけて天日干し。干している間は、何度も何度も手で揉みほぐさなければ
ならず、その作業はとても手間ひまがかかり市場で高価な意味にも頷けます。
黒くチリチリに乾燥したら完成。 食べられるのはいつのことやら・・・





090429_3.jpg
コシアブラ

タラの芽と違って、知らない人も多く結構取りこぼされているのです。
市場にはあまり出回らないので、これが食べられるのは地元民の特権。
味にはとても特徴がありクセも強いので、好き嫌いは分かれるかも。





090429_4.jpg
左:タラの芽、右:コシアブラ



採りたての山菜。 カラッと揚がった天ぷらを塩でサクサクと、、、くぅ~
本当は、別の目的で用意しておいたお酒だけど、ガマンならずに開けました。
チョットアジミスルダケ・・・


このお酒の本来の目的は、、、また後日




スポンサーサイト
  1. 2009/04/29(水) 22:38:17|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。