DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そりゃ呑みたくなるでしょう

090429_top.jpg
コシアブラとタラの芽の天ぷらを肴に・・・   昼間っからスミマセン。








久々の青空。
早起きをして、今日も朝から渓流へ。
だけど気合とは裏腹に、降り続いていた雨の影響か水量が多くて釣りにならず。
一通り回って敢え無く撤退。


090429_5.jpg

ここ数日、本当に寒かった・・・
里で降っていた雨、山では雪だったのです。



午後からは、のんびりお山へハイキング。
最近寒かったとは言え、そろそろお山の上でも山菜の実りが。

090429_1.jpg
ゼンマイ

ゼンマイにはオスとメスがあり、食べられるのはメスの方。
ちなみに、左がメス。
ぐるぐる部分のワタを剥がすと、判別しやすくなります。
オスはこの膨らんだ部分から胞子を飛ばし、来年に命を繋げます。





090429_2.jpg

結構採ったつもりだったけど、家に帰って処理をしたら
(ぐるぐるの部分は食べられないのです)
たったこれだけでした。
ゼンマイはアクがとても強いので、重曹を入れて軽く茹でたあと
数日かけて天日干し。干している間は、何度も何度も手で揉みほぐさなければ
ならず、その作業はとても手間ひまがかかり市場で高価な意味にも頷けます。
黒くチリチリに乾燥したら完成。 食べられるのはいつのことやら・・・





090429_3.jpg
コシアブラ

タラの芽と違って、知らない人も多く結構取りこぼされているのです。
市場にはあまり出回らないので、これが食べられるのは地元民の特権。
味にはとても特徴がありクセも強いので、好き嫌いは分かれるかも。





090429_4.jpg
左:タラの芽、右:コシアブラ



採りたての山菜。 カラッと揚がった天ぷらを塩でサクサクと、、、くぅ~
本当は、別の目的で用意しておいたお酒だけど、ガマンならずに開けました。
チョットアジミスルダケ・・・


このお酒の本来の目的は、、、また後日




スポンサーサイト
  1. 2009/04/29(水) 22:38:17|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

ありあわせピッツァ

pizza_top.jpg
冷蔵庫一掃! なんでも乗っけちゃえ。








雨で大荒れの日曜日。
外遊びは出来ないし、布団も干せない。
久々にのんびり寝坊して、さてブランチは何にしようかな・・・

雨の中買い物に出かけるのも億劫だし・・・冷蔵庫の中を覗いてしばし思案。


pizza_1.jpg

トマトが一個。新たまねぎにナス、ピーマン。
冷凍庫にはベーコンとチャーシューが。
うん、これならピザになりそうだ・・・





pizza_2.jpg

トマトは湯剥きして種を取ったら粗みじん。
にんにくとオリーブオイルでたまねぎのみじん切りを炒めて、
トマトピューレ(これも冷凍)とケチャップをプラス。これで簡単ピザソース。





pizza_3.jpg

ピザソースが出来上がる頃には、ちょうど生地も発酵完了。
うすーくうすーく、可能な限り薄くのばした生地の上に
かき集めた具材をちりばめたら、チーズを乗っけていざ薪窯へ!!





pizza_4.jpg

・・・って、我が家にゃもちろん薪窯などあるわけないので
MAX300度に熱したガスオーブンで5分。





pizza_5.jpg

本当は、マルゲリータが一番好きなのです。
フレッシュバジルとたっぷりのモッツァレラチーズが乗っていればそれでいい。
だけど家で焼くのなら、何を乗せても無礼講。
この際、あるものなんでも乗っけて楽しもう~




  1. 2009/04/27(月) 21:39:05|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ベジタブル・ベーグル

vegibagel_top.jpg
3色野菜ベーグル。 断面マニア本領発揮!?








甘酒酵母で納得出来ないベーグルを焼いて以来、悶々としていたので
良くないイメージを払拭したくて(笑)、ドライイースト様のお手を拝借して
またまたベーグルを焼く。
ドライイーストならまぁ安心。ちょっと遊んでみますか。



vegibagel_1.jpg

発酵終了時。(発酵は主に、発泡スチロール箱利用)
グルグルをくっきり出すため、そして味の特徴をしっかり引き出そうと思い
各具材を奮発して投入したら、想像以上の発色に。
かなりえげつない色に少々不安がよぎる。





vegibagel_5.jpg

でもま、焼き上がってみればなかなか良い色じゃないですか。
さてさて、、、お楽しみの断面はといいますと・・・





vegibagel_2.jpg

かぼちゃ餡×栗の渋皮煮

かぼちゃは、マッシュしたものを小分けにして冷凍庫にストックしておいたもの。
昨年の秋に煮て、なかなか使う機会のなかった渋皮煮、やっとの出番。
ほっくりと甘くて、何もつけたり挟んだりしなくても充分美味しい。





vegibagel_3.jpg

ほうれん草餡×松の実

ほうれん草はお手軽にパウダー使用。ストックがあれば、ぜひ生ほうれん草を
使いたいもの。軽くローストした松の実を入れて。
抹茶と甘納豆でもいいな、、、でも今回はあえて野菜テイストにこだわりました。





vegibagel_4.jpg

トマト餡×ベーコン

トマトはシフォンケーキでも使った濃縮ペースト。
トマトが嫌いな人には食べられないかもしれないってくらい濃厚なお味。
厚切りのベーコンは軽く炙ってから。





vegibagel_6.jpg

カットした断面を想像しながら、色や味の組み合わせを考えるのはとても楽しい。
次回はもっと、巻き込む具をたーっぷり入れて作りたい。

一見なんでもないベーグル。
贈り物にしたら、みんな楽しんでくれるかしらん。




  1. 2009/04/25(土) 21:17:57|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

こんなところに・・・

ichirin_top.jpg
イチリンソウ (キンポウゲ科 イチリンソウ属)







昨年、はじめてニリンソウの群生に遭遇してから、すっかりこの仲間たちの虜です。
割りとどこにでも咲いているようなのですが、群生ともなると、このイチリンソウには
まだめぐり合えていませんでした。
先週の昼休みに登ったバンビラインで、この春初めてみかけた
たった一輪だけ咲いていたイチリンソウ。
カメラを持っていなかったことをとても後悔していたのですが
まさかこんなところで、しかもこんなにたくさんにめぐり合えるとは・・・




ichirin_3.jpg

普段、何気なく通っている何度も通る道。
きっと去年も咲いていたはずなのですが、興味を持たない人の目には
留まることなどないのでしょうね。






ichirin_2.jpg

それは、線路脇。田んぼに繋がる土手にありました。
線路に沿って、かなり長い距離に及ぶ群生のようです。
かなり大柄な花姿は、ニリンソウとは似て非なるもの。
可憐と言うよりも、華やかな印象です。

花の写真を撮る姿は、正直あまり人に見られたくない滑稽なもの。
今電車が来たら、、、乗っている人に見られるの恥ずかしいなぁ・・・
少々焦って撮りました。(実際は、何時間に1本しか通らないローカル線ですが...)
っていうか本来焦るのはそこでなく、かなり線路から近く結構危険なんじゃ?(笑)






ichirin_1.jpg

サンリンソウは、まだ見たことがありません。
これからどんなところでめぐり合えるのか、楽しみです。




  1. 2009/04/22(水) 21:04:29|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

美味でございます。

090419_top.jpg
あまごの塩焼き








先日のリベンジを果たすべく、今日も焼き網と冷えたビール持参でいざ渓流へ。
まず鳩ヶ湯まで一気に上って、打波川を釣りながら下ってくる戦法。
今日は水量も多いうえ、先行の釣り人もたくさん入っていて苦戦している様子。


090419_5.jpg

相変わらずわたしとベンは、そのまわりをウロチョロしてるだけだけど。
今日は日差しが柔らかで、外遊びには最高の気候。






090419_1.jpg

今日もダメか、、、と諦めかけた頃、ようやくヒット!
食べるには理想的な20cm強のあまごゲット~
この赤い点々がアマゴの印。
せめてもう一匹・・・と、その後もしばらくがんばったけど
結局今日も、これ一匹。






090419_2.jpg

勝原のキャンプ場に移動して、さっそく下処理に取り掛かります。
家でも外でも、魚を捌くのは相方の仕事。






090419_3.jpg

一匹だけだし、炭をおこさずお手軽にストーブで。
これがなかなかどうして上手に焼けるのですよ。
先日の焼き鳥に続き、今日も100円ショップの焼き網大活躍。





(゚Д゚)ウマー!!

090419_6.jpg

たいへんおいしゅうございました(ナムナム)
自然の恵みに感謝。





  1. 2009/04/20(月) 21:32:16|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

晴れた日に家で過ごす贅沢

bagel_top.jpg
甘酒酵母で焼くプレーンベーグル








朝から快晴。
お天気が良いと、外へ遊びに行きたくてウズウズしてしまうのだけど
ここのところ遊んでばかりだったし、ひと通り春のお花もチェックし終えて
心の余裕(笑)も出来たので、今日は家事に勤しむことにする。
昨日、だいぶハッスルしたベンも、休養させたいし。

洗濯機を3回まわし、布団や毛布も日光浴。
北陸、特に奥越の冬は湿気との戦い。
冬の間は、布団を外に干すことなど出来ないのです。春なんだなぁ・・・

掃除機をかけたり、頼まれていたミシン仕事もやっつけながら
キッチンでは、先週から準備していた甘酒酵母でパンを仕込んでいました。





bagel_1.jpg

今回は、酵母の安定とパワーアップを図るため、3度種継ぎ。
一次発酵はとても順調で、手ごたえはなかなか良かったのだけど・・・
二次発酵およよ?で気分も急降下。
やる気だだ下がりするも、やめるわけにもいかないのでとりあえず作業遂行。






bagel_2.jpg

一応それなりには焼きあがったけれど、イメージには程遠く撃沈。
なにが悪かったのかさっぱり不明。
甘酒酵母との戦いは続く・・・



パンは失敗したけれど、一日中窓全開で家の中のもやが晴れた感じは悪くない。
よく晴れた休日を家の中で過ごすのは、実はとても贅沢なことなんだと思う。
今夜、ふかふかの布団で良い夢見られれば、これ万事パーフェクト!



  1. 2009/04/19(日) 00:13:42|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

勝原の花桃、真っ盛り!

090417_top.jpg
勝原園地で咲き誇る花桃







先週の土曜日に見に行った時は、まだほとんどがツボミだったのに
週明けて月曜日に行った人から満開との情報が。たった2日で急成長。
先週末の暖かさは異常なくらいで、花桃もきっとガマンならなかったのでしょう。
それからずっと雨模様のお天気で、週末まで花がもつのか心配していたのだけれど
今日行ったら、どすこい元気に鈴なりじゃあありませんか!



090417_1.jpg

午前中の肌寒さがウソのように、みるみるうちに青空が!





090417_2.jpg

090417_3.jpg

ベンを連れていると、色々な人に声をかけられます。
今日は、カメラを持った何人かの人にモデル依頼のお願いをされました。
ここに来る前に沢で遊んできたので、実は下半身どろんこなんです。あわわ。
写真に写っているのは、知らないおじさんカメラマン。
知らない人にものこのこ付いて行って、無難にポーズを決めるベン(笑)






090417_6.jpg

間もなく電車が来る時間。
何度も廃線の危機にさらされる、本数も少ない田舎の単線列車です。
シャッターチャンスはそうそうありません。
皆さん立派なカメラを据えて待機中。





090417_4.jpg

JR越美北線。
カメラ軍団にわたしも参戦。鉄子の血が騒ぎます。






090417_5.jpg

土曜日は、まるで小さな飴玉みたいだった花桃・・・
雨にも負けず、がんばって皆の目を楽しませてくれています。





090417_7.jpg

土曜日、相方とベンが座っていたベンチ。
ここには普通の木のベンチより、こんなベンチが良い感じ。
満開だった桜の花は、すっかり落ちて葉桜に。





090417_9.jpg

花桃越しにJR勝原駅舎。
いつもはひっそりとした無人駅も、今日は賑やかです。





090417_8.jpg

足元は、カラフルな絨毯。





090417_10.jpg

この花桃のお世話をして下さっている方のことを考えてみても
出来るだけたくさんの人の目を喜ばせることが出来たら、、、と思います。
今週末も良いお天気になりそうです。
ぜひお出かけ下さい。





  1. 2009/04/18(土) 00:06:14|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山菜シーズンが始まりますよ。

09tara_top.jpg
手のひらいっぱいのタラの芽








土曜日に、いつもの場所へ見に行くと、まだもうちょっとと言う感じ。
でもそれからずっと良いお天気が続いていたし、もしかしたら・・・
と思って会社帰りに立ち寄ってみると、、、ををっ!!
良い塩梅じゃあないですかい。

今夜は天ぷらだーっ。
それにしても、、、会社帰りに山で晩のおかずを調達って・・・(笑)



09tara_1.jpg
これはまだもうちょっと待ちましょうか。


お山の上では、さすがにまだまだ芽も出ていないタラの芽ですが
里ではチラホラ収穫出来そうな感じ。
山菜は、朝市やスーパーにもたくさん並ぶけど、買ったことはない。
だって自分で採るのが楽しいんじゃない。





09tara_2.jpg

天ぷらは、当然揚げたてを食べるに限るから
揚がるそばからほいほいとテーブルに並べて相方に食べさせる。
わたしには、イスに座っている余裕はないわけで
スキを見つけてつまみ食い。でもこれが美味いのだ!
今日は忙しい。写真も撮らなきゃあかんしね。




あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまった桜。
今年も春のお花には、ずいぶんと楽しませてもらいました。
今は雨が降っています。
この雨が上がると、きっと景色は一変していることでしょう。
ちょっと寂しくもありますが、なんのなんの。
これからは山菜採りというお楽しみが・・・

初モノのタラの芽はちょっぴりほろ苦く、わくわくするようなお味なのでした。




  1. 2009/04/14(火) 22:56:16|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

みんなで歩く里山

090412_top.jpg
やっぱ、焼き鳥にはビールっしょ。








ちょうど一年ほど前、週末に歩こうと思っていた地元の山の状況を知りたくて
情報を得るべくPC検索していて引っかかったあるBlog。
ノスタルジックで雰囲気のある写真と、今どきの若者にしては珍しく(笑)
里山をとても楽しんでいる様子に惹かれて、コメントを残したのがきっかけで
同じ福井在住のヨウメイさん・ワリエさんカップルと知り合いました。
それから仲良くさせて頂いているのだけれど、
そもそも福井に知り合いがあまりいないところにもってきて
更に趣味が合う人と巡り合うことはなかなか難しいもので、こんな出会いがあって
インターネットの力って本当にスゴイなと、つくずく思い知ったものです。

今日はそのふたりと、初コラボ山歩。
しかも、そのふたりがまたその友達を連れて来て、、、
ちーちゃん・ともちゃん姉妹と合わせて6人。
日ごろ、相方とひっそりふたりきりで歩いているわたしたちにとって
みんなとワイワイ歩く山は本当に新鮮で楽しかった。
わたしは一番後ろから、一列に並んで歩くみんなを眺めてニンマリするのでした(笑)




090412_1.jpg

今日も快晴。
気温が高くて山歩きにはちょっとキツかったけど、時折吹く風はまだまだ冷たく
稜線歩きはとても気持ち良かったです。






090412_2.jpg

お山の上はまだ春が来たばかり。
咲いているのは、春を告げる花・ショウジョウバカマが少々程度。






090412_3.jpg

山歩きは久々・・・というメンバーが多く、今日は軽いハイキング。
登り一時間弱で、あっという間に目的地に到着です。
空は雲なく真っ青なのに、春霞で山々はぼんやり。






090412_6.jpg

090412_5.jpg

さて、着いて早々ランチ。
最近は、いかにお山の上で面倒くさい食事を楽しむか、、、
が、マイブーム。 日帰りでザックが軽いことが前提ですが。
今日も色々と食材を保冷剤で包んで持ち上げました。
いやもとい、相方に持ち上げさせました。
我が家のお抱えボッカは、良い仕事しまっせ。






090412_4.jpg

今日の女子メンバー(わたし以外)。
何度もしつこいようだけど、山では貴重な若者たちです(笑)
山を歩いていて思うのは、山は本当に年齢層が高いということ。
わたしでも、山ではまだまだ若手です(爆)
確かに登山なんて地味だものね・・・わかるけど。
でも彼らを見ていると、山歩きは楽しいスポーツなんだなぁ・・・と思います。


北アルプスもいいけれど、みんなで歩くこんな里山もほんとに楽しい。
次回はどこ行く?みんな。





  1. 2009/04/13(月) 21:21:46|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お花見は静かな場所で

090411_top.jpg
満開の桜の木の下で (大野市勝原集落)







本日も晴天なり。
まさにお花見日和りではあるけれど、人で相当賑わっているであろう
奥越の桜の名所・弁天河原にはどうしても行く気になれず
我が家はのんびりと、山あいの村で遊んでいました。

ここ勝原集落は、いわゆる限界集落(過疎化などで人口の50%が65歳以上の高齢者になり
冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になった集落のこと 出典:Wikipedia)
と呼ばれる村で、いつ来てものんびりとそしてひっそりとしたところ。
だけどこの季節には、たくさんの花桃が咲き誇ることで知る人ぞ知るの場所。
そろそろ咲く頃だなぁ・・・と気になっていたところ、釣りに行くぞと相方。やった!
そうここは、釣りをするにも最高の場所なのです。






090411_1.jpg

桜も満開です。
でも、お花見しているのは、お年寄りの一組だけでした。





090411_2.jpg

公園の目の前には、本数もまばらなJR越美北線が走る線路。
その線路脇に並んだ100本を越える花桃は、この村の個人の方が
30年以上もかけて少しずつ植えて増やしてきた努力の賜物です。
昨年、その軌跡を福井テレビでドキュメンタリー化されたこともあり
少しずつ訪れる人々も増えているのではないでしょうか?
今でもその方はお元気(81才の女性です)で、花桃を植え続けています。





090411_3.jpg

まだ咲き始めたばかり。でもこのツボミの数たるや・・・!?
満開になると、それはそれは見事なのですが、このツボミの時点でも
充分見ごたえがあります。
色といい、姿といい、お菓子みたいで本当にかわいらしい!





090411_4.jpg

白、薄ピンク、濃ピンク、そしてマーブル。
色とりどりの花桃。桃や桜とは、また違った魅力があるお花。






090411_6.jpg

集落の奥には小さなキャンプ場があり、夏はそこで川遊びをする人で賑わいます。
相方はここでルアー。
以前はわたしも竿を投げてみたりもしたのですが、センスがないのでやめました(笑)
いつもはリリース(釣れた魚を元気なまま川に返すこと)しているのですが
今日は久々に焼き魚を食べたいな、、、ということで、炭焼きセット持参です。





090411_7.jpg

山女ゲット!
でもまだ型が小さいのでリリースしました。
今日の釣果はこれ一匹。塩焼きならず・・・(がっくし)






090411_5.jpg

相方が釣りをしている間、わたしはベンとうろうろ散歩。
ニリンソウ発見。
二輪の花期にはズレがあり、咲き始めは一輪だけなのだそう。






090411_8.jpg

その後は勝原を後にし、さらに上流の打波集落へ。
ここは勝原の上を行く限界集落。
冬は除雪車も入らず住民が里に下りるので、人がいなくなります。
でももう春を迎え、村にも人が戻りみなさん畑仕事に精を出していました。

どちらの集落も、10年後にどうなっているのかわかりません。
人が住まなくなれば荒廃が進み、こうして安全に楽しく遊ぶことも
出来なくなるかもしれません。
こんな集落が、奥越には他にもたくさんあります。
田舎の自然を愛するわたしとしては、非常に心配な問題です。





今日は25度を越える夏日でした。
冷たい川も、さぞかし気持ちが良かったでしょうね・・・ベンくん。



  1. 2009/04/12(日) 00:06:23|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

白花カタクリ

white_top.jpg


10万本に1本とも言われる白色のカタクリ。
まさかこの白花を、バンビラインで見ることが出来るとは!
これもやはり、地元のお友達に教えてもらったのだけど
これまで何度か通っているのに、ぜんぜん気づかなかったのは
そもそも見つけ辛い上に、どうもまだ開花したばかりのようです。
毎年同じ場所にこの一輪だけ咲くのだそうで、
こんなことを知れば尚、来年の春の楽しみがまた増えて行くのです。



white_7.jpg

ちょっと調べたところ・・・
突然変異には違いないようですが、アルビノ(色素が欠乏した遺伝子疾患)ではなく
生態は普通種と変わらない白変種なのだそう。







white_5.jpg

春らしい陽気に包まれて歩く山は最高に気持ちがいい。
でもベンにとっては、もう暑いみたいだけど。
間もなく11歳。 まだまだ元気にお山を歩けますよ!







---

そしてこの2日後の今日、様子が気になって昼休みにまた登っちゃった(笑)
だってここ数日、お天気が良くて本当に気持ちが良いのです。
こう何度も通っていると、もはやペースもつかめてきましたよ。
運動不足解消にちょうど良いし、気分転換にもなっていいかも。


white_10.jpg

この子たちのおしゃべりが、聞こえてきそうじゃないですか?

ピンク:「たくさんの人にジロジロ見られて、あなたも大変ねぇ~」
白:「えぇ、正直疲れます(苦笑)」






white_11.jpg

white_9.jpg

ほんとにどれだけの人に見つめられているのでしょうか?
考えるとなんだかちょっとおかしいのです。
花びらが、日曜日より更に反り返って絶好調!
見るたびに姿を変えるところも、また魅力のひとつなのかもしれません。




  1. 2009/04/07(火) 22:43:49|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

守りたい花

090406_top.jpg
小貝母(コバイモ) RDB 絶滅危惧種指定








地元のお友達、花博士のコンビニさんに教えてもらったお花、コバイモ。
甲斐コバイモ・越のコバイモ・出雲コバイモ・細花コバイモ・阿波コバイモ・土佐コバイモ・美濃コバイモ
と、日本には7種類のコバイモが確認されており、そのどれもが大変貴重で
絶滅危惧種に指定される花なのだそう。
その貴重なコバイモが、これまたとても身近に自生している場所があると聞いて
さっそく見に出かけてきました。


090406_1.jpg

花は指先ほどの小ささで、しかも地味~な色。
花丈が低い上に、まるで花を多い隠すように葉が広がっています。
教えてもらわなければ、絶対に見つけられない・・・

でも目を凝らしてよーーく見ると、ポツポツといっぱい咲いているじゃありませんか!
生息地的に考えて、これは美濃コバイモになるのでしょうか?
福井では、あまり見られることはないのだとか・・・
本当に貴重な群生地だけれど、数年前の防護壁工事で
だいぶ数が減ってしまったのだそう。




090406_2.jpg

090406_3.jpg

ちょっと失礼~!
地面に這いつくばって下からこっそり覗くと、花の中はこんな風になってます。




090406_4.jpg

こういった貴重な山の花を好んで撮る写真愛好家の中には
自分だけの手柄にするべく、自分のカメラに収めた後花を折る、、、
なんて輩もいるとか!

わたしは地元のお友達に助けられ、自分で探さずとも
貴重なお花にめぐり合えるチャンスをもらっています。
秘密にしておきたいような情報も、惜しみなく教えてくれる皆さんに感謝です。

盗掘も絶えない山野草。
山の花は、山でめぐり会えるから魅力的なんだと思うのですが・・・
自然破壊に盗掘、、、受難の多い山野草ですが
絶やすことなくいつまでも見ることが出来るよう、大切に守ってあげたいですね。




  1. 2009/04/06(月) 22:00:57|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

たまにはお手軽に

carry_top.jpg
出来立てあつあつ!ベン珍楼のカレーまん








冷蔵庫で保存していた甘酒酵母が、最近なんだか元気がなかったのです。
まぁいいか、、、と使ってみたところ、案の定膨らみが悪くて失敗。
先日仕入れた麹は使い切ってしまったし、というか今から酵母を起こすわけにもいかないので
久々にドライイーストを使うことにしました。
天然酵母パンを焼くことに、別に大層なこだわりはなく
こんな面倒くさいことをしているのはただ楽しいから。
よってイーストは、必要に応じて使い分けられれば良いのです。臨機応変。


ドライイースト、久々に使ってみてつくづく、あたりまえだけどその安定性には
関心します。思い立って3時間後には、パンが食卓に並ぶわけですから。




carry1.jpg

肉まんと同じ要領で具を包み、綴じ目を下に。
皮の黄色は、くちなしを使って着色しました。
中華まんは、ベンチもホイロも短時間で済むので、益々簡単。





carry2.jpg

蒸すこと12~3分。
あっという間にぷくぷくつるんと膨らみました。
そして仕上げに、いつものベンベン印の焼印を。
この焼印は、だいぶ以前にカッパ橋道具街にあるお店にオーダーして
作ってもらったものです。





carry4.jpg

具は、たまねぎたっぷりのキーマカレー。
とろけるチーズを一緒に入れれば良かったなぁ~





carry3.jpg

酒粕酵母も甘酒酵母も、いくら強いといえども
ほったらかしはやっぱり良くないようです(苦笑)
しばらく使わない時は、たまに酒粕や甘酒を足してあげたほうがいいみたい。

さてまた、麹を買ってこなくっちゃ。




  1. 2009/04/05(日) 21:47:35|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。