DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

群生と競演

090331_top.jpg


いい加減しつこいんだけど、まだまだ心はカタクリです。
今日はここ
いやー、、、咲いてる咲いてる。
有名な観光地なら、ロープでも張って保護されているんだろうけど
ここは野ざらしですからスゴイです。
しかも、まだここで花を見ている人に遭遇したことがありません。
どんだけ穴場かって。
っていうか、地元の人にとっちゃいたって普通の草花なんでしょうか?




090331_1.jpg

090331_2.jpg






もうひとつのお目当て、青花のキクザキイチゲ。
元気に咲いているこの花を、やっと写すことが出来ました。
ピンクと青の競演が、またかわいくて・・・

090331_3.jpg

090331_4.jpg

090331_5.jpg



今夜からしばらくぐずついた空模様になりそうです。
地面もだいぶ乾燥してきたし、お花たちにはよいシャワーになりそうです。
わたしも内心、ちょっとホッとしたりして・・・
お昼ご飯をゆっくり食べて、まったりとしたお昼休みを過ごしたい(笑)



スポンサーサイト
  1. 2009/03/31(火) 23:04:58|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

こうでなくっちゃ!

090330_top.jpg


久々に、スカッと文句ない青空と燦々と降り注ぐ太陽。
そんな空の割には気温がちょっと低くてどうかなぁ、、、と思いつつ
いてもたってもいられず昼休みにまた行っちゃいました、バンビライン。
お弁当を5分でやっつけ猛ダッシュ。
第一展望台まで駆け上がり、バシャバシャっと撮るだけ撮って
急いで会社に戻るという強行軍。はー疲れた(苦笑)

下でこんなだから、上はどんなにかキレイだろう・・・
今日が休日でないことを恨み~ま~す~。




090330_1.jpg

090330_2.jpg

どうですか、このくるくるっぷり。
カタクリの深呼吸が聞こえてきそう。
花びらをいっぱいいっぱいに開き、雄しべ雌しべをグーンと伸ばし
虫たちを誘っているのでしょうか・・・?





090330_3.jpg

090330_4.jpg







キクザキイチゲは群生はなくいまいちでした。
青花のイチゲの群生、狙っているのですがなかなか出会えません。

090330_5.jpg

090330_6.jpg


今週はまた、お天気がすぐれないようです。
そろそろ桜の開花も気になります・・・





  1. 2009/03/30(月) 23:21:00|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カタクリの山でランチ

bambi_top.jpg
勝山市街を見下ろすカタクリたち








カタクリの花がたくさん咲くことで、知る人ぞ知るここ、バンビライン。
かわいらしい名前は、たぶんこの山のある鹿谷地区の名が由来なのでしょう。
三角点のある山頂まで、のんびり登って一時間程度。
その登山道沿い、下から上までずーーっとカタクリの花、花、花。
昨年に引き続き、少々フライング気味ではありますが
満開を待ちきれずに、ちょっと様子を見に出かけてきました。



bambi3.jpg

先日の雪が、所々に残る登山道。
太陽が燦々と降り注いだと思ったら、ちらちらと雪が舞ってきて・・・
今日も目まぐるしく変わる空模様。
肌寒い陽気に、カタクリは今日も皆、花を閉じてうつむいていました。




でもでも、、、日向では、もうこんなに咲いていましたよ!

bambi1.jpg

bambi2.jpg






今日は朝からパンを焼いたので、それを担いで登って上でランチです。
冷蔵庫にあった食材をタッパに詰め込んで、仕上げは山の上でしましょうか。


bambi4.jpg

bambi5.jpg

甘酒酵母ロールパンの、たまごサンド。
ザックの中でパンが潰れないように、バスケットごと持ち上げました。

実はこれ、正月山行でご一緒したOさんの受け売り。
極寒の蓼科山で、Oさんのザックからバスケットが飛び出した時は驚きました(笑)
中身はサンドウィッチとコーヒーセットでした。ステキな男性です。






bambi6.jpg

カタクリの花は、気温や日照条件によって花を閉じたり開いたりするそうです。
あの反り返った花びらは、太陽が暖かな日の満開状態にしか見られません。
今日の花は雪で痛んだであろうものがほとんどで、接写にはあまり美しくありません。
満開になるころを狙って、また訪れたいと思います。




  1. 2009/03/28(土) 19:54:14|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春の雪

090326_top.jpg
雪に凍えるカタクリの花










もうすぐ3月も終わり。
桜も咲こうかというこの時期に雪です。
でも実は、こっちではそう珍しいことでもなく、みんなしっかりスタッドレスタイヤは
そのままなところは、さすが雪国慣れたもんです。


090326_5.jpg

090326_4.jpg









数日前、地元のお友達に教えてもらったカタクリ群生地。
それはとても身近なところにあって、仕事の昼休みにも覗きに行ける場所でした。
住宅地の中にある小さな公園は、ちょっと小高い丘の上にあって
その丘の斜面一帯に、カタクリの花がびっしりと・・・
範囲は小さいけれど、山に行かずともこんな場所に!という驚きもあって
ちょっと興奮したのです。
それ以来、そこの様子が気になって気になって・・・(笑)



090326_1.jpg

この雪で、カタクリも凍えているだろうなぁ~・・・
雪の中のカタクリが撮りたくて、カメラを持って出社したけれど
朝、スゴイ勢いで積もった雪もその後雨に変わって、
昼休みにはすっかり溶けてしまっていました。



090326_3.jpg


090326_2.jpg


最盛期はまだまだこれから。
しばらく、お昼休みのチェックは欠かせそうにありません。




  1. 2009/03/26(木) 23:10:39|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

酒まんじゅうを作ろう 後編

manjyu_top2.jpg
べんべん堂特製 酒まんじゅうはいかが?







麹を買ってから一週間、毎日毎日酵母のご機嫌を伺う日々が続いています。
最初に仕込んだ甘酒は、出来たには出来たのだけどいまいち納得出来ない
仕上がりでした。甘味もぼやけてなんだか美味しくないのです。
美味しくなくても、パンを焼くための酵母には育つのでしょうが
どうせなら、そのまま飲んでも美味しい甘酒を作れるようになりたいし。
とりあえず一号ビンを発酵させつつ、その後、配合や温度、時間を変えながら
甘酒を仕込むこと三度。
未だ完璧なレシピには到達せず、甘酒の奥深さを実感するのでした。
実は、何を隠そうわたしのバックには物凄いカリスマがついているのだが
ただ先生に教わるまま作ったのでは面白くないじゃない。


さて、、、そんなこんなで甘酒と格闘する間にも、仕込んだ甘酒が順次
発酵具合に変化を表わしてきました。
一号ビン、泡立ってはいるものの匂いがなんだか変・・・
でもまぁとりあえず、捏ねてみるかとパン生地にしてみたけれど
結局まったく膨らまず、あえなく失敗。どうもあれは雑菌にやられて
腐敗していたのかもしれない・・・オソロシヤ。






manjyu7.jpg

そして二号ビン、いまいち元気なし。焦らず待つのも大事かもだけど
一号の失敗でちと弱気になっていたこともあり、酒粕酵母様の手を
借りることにする。冷蔵庫で待機中の酒粕酵母をスプーン一杯投入。
すると!驚くことに半日ほどで明らかに猛烈に発酵し始めました。
ビンの蓋から音がシューシュー漏れるほどの勢い。匂いも良し。
かくしてこの二号酵母で、いざパン生地に!





manjyu8.jpg

一次発酵30℃前後で3時間。酒粕酵母より発酵時間は早いようです。
おまんじゅうということで、パン生地よりも若干固めの捏ねあがり。
わたしのあんパンは、「いつも餡子が偏っている」by相方  すなわち
どうしても綴じ目に生地が密集してしまい、肝心のてっぺんが薄い,,,,
と、相方にいつもダメ出しを食らっていたので、そこを意識して成型。
軽く二次発酵をとったあと、蒸し器へ。






manjyu10.jpg

じゃじゃーん! 酒まんじゅう完成~♪
仕上げに、焼印をじゅっ。
くーっ・・・普通のパン焼いたよりもうれしいかも(嬉泣)
出来てしまえば、おまんじゅうはパンよりもずっとシンプルで簡単なのだけど。





manjyu9.jpg

酒粕酵母とはまた違った独特の風味。
明らかに、酒粕をただ生地に練り込んで作ったものとは違うのです。
皮と餡は3:2の割合。 でももう少し、餡は少なくても良かったかも。

三号ビンの酵母も完成するし、次はパンを焼いてみようと思っています。
酵母生活は、まだまだ続きますよー。




  1. 2009/03/22(日) 22:58:59|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春を探しに

090321_top.jpg
キクザキイチゲ







本日もぽかぽか日和。
ここ数日、とても暖かい日が続いていたので
そろそろお山にも、春を感じられるものが芽吹いているのではないかと
お散歩に出かけてみました。



090321_1.jpg

スプリン・エフェメラル キクザキイチゲ
ニリンソウと同じ、キンポウゲ科イチリンソウ属。
白い可憐なお花です。





090321_2.jpg

フキノトウは、お山の上でももう終わりです。
今年はずいぶんと、楽しませてもらいました。





090321_3.jpg

ショウジョウバカマ
インパクトのある名前が印象的で、一発で名前を覚えた山野草。





090321_4.jpg

カタクリ
開花まではあともう少し。





090321_5.jpg

フクジュソウ
隣街の勝山市では、自生地の南限とされるミチノクフクジュソウが有名です。
フクジュソウには4種類あるのですが、わたしにはまったく区別がつきません。





090321_6.jpg

あわよくば今夜の食卓に・・・ ってそれはさすがに早すぎです(笑)
タラの芽の木ですよ~





090321_7.jpg

森の中に流れる沢筋に、カニ発見!
脱皮間もないのか、体が透けているような?





090321_8.jpg

このお方は、とりあえずバチャバチャ出来ればご機嫌です。
お散歩で火照った体をクールダウン~


こんな陽気でウソのようだけど、
来週は、天気予報に雪マークが並んでいます。
まさに三寒四温。
みなさま、体調崩されませんよう。




  1. 2009/03/21(土) 22:11:03|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

酒まんじゅうを作ろう 前編

manjyu_top.jpg
ぱらりと美しい米麹(こめこうじ)






酒粕で酵母を起こしてパンを焼こうと色々調べていた時に
甘酒でも酵母を起こしてパンを焼けるということを知りました。
手軽に市販の甘酒を使用している人が多いようですが
甘酒自体を作ったことのないわたし、ここはやっぱり甘酒からトライせねば!

さらに、甘酒の作り方を調べると、酒まんじゅうというものは
実は甘酒からの延長線上に作られるのが本筋らしい、、、とのこと。
最近、中華まんで蒸しパン系にハマっていたこともあって
これはもう、一気にやる気モードにスウィッチオン!




manjyu1.jpg

麹は、探せばスーパーでも手に入るようですが
そこは米と水が自慢のわが街です、味噌や醤油の専門店が
普通にあちこちにあるわけで、まずは地元のお味噌屋にお買い物へ。





manjyu2.jpg

manjyu3.jpg

なんてノスタルジック!
店内は、昭和の香りがプンプンです。
撮影許可を頂き、何枚かスナップ。





manjyu4.jpg

店の奥、網戸の向こうに何やら発見。
あれが麹ですか?と尋ねると、扉を開けて見せてくれました。
出来立ては熱々の麹を、風通しの良いあの場所で冷ますのだそう。






manjyu5.jpg

どれくらいからでもいいですよ、とのことで500g注文。
その場で計りながら、紙袋に入れてくれました。

わたし、お味噌はスーパーで買っています。
せっかく身近にこんなお店があるのだから、やっぱりこんなお店で
買うほうがいいに決まってる。地産地消、、、心がけたいものです。






manjyu6.jpg

かくして甘酒完成~♪
「飲む点滴」とも言われるほど、栄養価の高い甘酒。
実はあまり好きではないのだけれど(笑)、たまには飲もうかな。

さて、、、酒まんじゅうへの道はまだまだこれから。
この甘酒から、さらに酵母を育てて行きますよ~




  1. 2009/03/16(月) 21:56:02|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

酒粕酵母肉まん

nikuman_top.jpg



酒粕酵母パン熱冷めやらず、相変わらずちょこちょこと焼いています。
焼いてはいるのだけど、、、ここのところスランプに陥っていて
いまいち納得出来るパンが焼けなくて凹んでいます。
失敗パンの消費はなかなか辛いのです(苦笑)


さて、そんなわけでここらでいっちょ気分転換に、中華まんにしてみました。
酒粕酵母、絶対に合うはずだし。
自称ぎょうざ職人。包む作業は大好き!
と言いつつ・・・トップの口、開いちゃってるし(ダメじゃん)




nikuman1.jpg


餡はかなり贅沢に、いろーんなモノが入っています。
野菜をたくさん入れるのが好み。
酒粕の風味は、餡に負けたのかまったく感じられず。

あんぱんもいいけれど、あんまんも良さそうだ。
よし、次回はコレでいこう!



  1. 2009/03/11(水) 21:09:16|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

簡単アウトドア鍋

enchi_top.jpg
お外で鍋焼きうどん







天気予報もまずまずということで、明日は荒島岳にでも登ろうかなと床に就くも
まんまと寝坊。しかも、カーテンを開けると予報に反したどんより空。
一気にテンションだだ下がりで、山はやーめたっと(弱)



enchi1.jpg

午後になって顔を出したお日さま。
山の上で食べようと思って、夕べのうちに準備しておいた食材もあるし
せっかくなので外で食べようと、いつもの河原へ出かけることに。





enchi2.jpg

スーパーで、100円ほどで買った鍋焼きうどん。
麺とスープとおあげ(もしくはかき揚げ)が一枚入っているだけだけど
自前のトッピングで、一丁前な鍋焼きうどんになっちゃうわけです!





enchi3.jpg

ストーブ二頭立て。
家のガスコンロで作るより美味しそうに思えるから不思議。

山ではカップ麺を食べることも多いのだけど
日帰りでザックの重さに余裕があれば、アルミ鍋、いいですね!





enchi4.jpg

今日も暖かな午後でした。




  1. 2009/03/08(日) 22:35:34|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田舎暮らしはやめられない

kadoentop.jpg
ふきのとうの天ぷらと、ふき味噌の焼きおにぎり。







三種の神器、軍手・ビニール袋・運動靴。
今日は本気ですよ。


先日、たまたまちょっとだけ見つけたフキノトウ。
天ぷらがあまりに美味しくて、もっといっぱい食べたいな~と。
みんなは、どこにでも生えてるって言うけれど
実際採ろうと思うとなかなかみつからないのです。
今日は休日。そしてとても良い天気。
ベンを連れて、フキノトウ探しの旅に出る。






kadoen1.jpg

「キレイな沢が横を流れる田んぼのあぜ道」
ポイントはここ。
そして、ウロウロしていても怪しまれない(笑)車の通りのないところ。
これが結構難しい。






kadoen2.jpg

田んぼでゴロゴロ転がるわ用水路でばちゃばちゃやるわで、ご満悦のベン。
今日はシャンプーと腹を決め、無礼講としましょうか。







kadoen3.jpg

ありましたありました!
畦のノリ面にポツポツと。






kadoen4.jpg

あっという間に、コンビニ袋一杯に!
これならふき味噌にも出来そうです。






kadoen5.jpg

やっぱり田んぼ、土壌が違うのでしょうか・・・
先日の収穫物がハナクソに思えます。
大ききゃいいのか、、、っていうのもよくわからないのですが
立派なルックスにテンションも上がります。






kadoen8.jpg

ぽかぽか小春日和の青空の下、のどかな風景の中楽しそうなベンと一緒に
今夜の食卓を思い浮かべながらのお散歩。
これだから田舎暮らしはやめられないと思っちゃう(笑)





  1. 2009/03/01(日) 00:21:57|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。