DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春ですよ、春。

kamejo_top.jpg


会社の庭に 「ふきのとうが出ているよ」
と教えてもらったのはもう2週間以上前のこと。
「えーっ!?だってふきのとうって春のものなんじゃ?」
とても驚いて、思わずすっとんきょうな声を出したわたしに
「何を言ってるんだ?今はもう春じゃないか」
上司の冷静な突込みが。
そりゃあ確かに、立春を過ぎれば暦の上では春ですが・・・

この辺では、田んぼのあぜ道などに雑草のように生えているふきのとう。
だけど車で走っていてはなかなかお目にかかることもなく
休日にベンと散歩に出て、ようやっと今年初めての収穫となりました。
天ぷらサイコーッ!






kamejo1.jpg

雪が積もっていれば上れない大野城も、今はこの通り。
麓から天守閣に続く石段や坂道は、ちょっとした運動になって
お散歩にはもってこい。






kamejo2.jpg

標高290Mの小さな山・亀山の頂上に立つ大野城。
一丁前に三角点もあるんです。






kamejo3.jpg

お城から眺める法恩寺山。
あそこ、実はスキー場なんです。
まだなんとか滑れるようなんですが、その周りの他の山々の様子ときたら・・・






kamejo4.jpg
ただいまのソメイヨシノ



今年はスキー一式揃えようか、いやそれより雪山用の登山靴を買うべきか、、、
そんなことをウダウダと悩んでいるうちに、なんだかもう春じゃないですか。あーあ。


スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 22:49:56|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

時節柄ということで。

choco_top.jpg

贈り物用に2台。
自宅用に1台。
そしてこのあと更にもう1台。
今日一日で、4台のシフォンを焼きました。




choco1.jpg

食べてくれる人がいるのなら、バンバン焼きまっせー(嬉)



  1. 2009/02/14(土) 23:06:59|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

冬の西穂でラーメンを食す

winnishiho_top.jpg
西穂山荘と焼岳









ここ最近、まーーーったく降らない雪。
とうとう地元のスキー場は、軒並み開店休業状態です。
雪がないならあるところへ行くしかないでしょう、、、ということで
雪を求めて西穂高岳へ出かけてきました。
と言っても、冬の西穂は初心者にはまだちょっと・・・
山頂に向かう手前に佇む西穂山荘が、今日のわたしの目的地。

冬の西穂山荘は、去年に引き続き2度目。
昨年の夏には西穂登頂も果たしましたが、どちらも天気がいまいちで
ほとんど写真も撮らずに、ブログに記録は残せませんでした。





winnishiho1.jpg

そんな過去2回に引き換え、本日はこれ以上ない晴天!
時折強く吹く風に、ロープウェイが止まったりもしましたが
比較的気温は高く(-8℃)、樹林帯を歩く分にはさほど影響はありません。

ロープウェイ終着駅付近の散策路。
2月にしては、だいぶ雪は少ないようです。





winnishiho2.jpg

今回、痛恨のミス。わたし、アイゼン忘れました(痛)
自分の道具は自分で責任持って準備しないと。人任せはイケマセン(猛省)

というわけで、わたしが相方のアイゼンを借りたので
相方はアイゼン履いてませんが、脅威の脚力でガシガシ登っていきます。






winnishiho3.jpg

雪煙を上げる西穂高岳(2.909M) いつ見てもカッコイイ!
夏にあそこを歩いたことが、今でも信じられません。






winnishiho4.jpg

頭上に見えるのが、今回の目的地 西穂山荘(2.385M)。
登山口からの標高差はたったの230M。
一時間ちょっとで着いちゃうのは、うれしいようなもったいないような・・・






winnishiho5.jpg

てなわけで、あっという間に着いちゃいました。
山荘前のベンチで日向ぼっこ。





winnishiho6.jpg

今回の目的のひとつでもあった、西穂山荘名物・西穂ラーメン。
わたしはとんこつ味をチョイス。 他に、しょうゆ味もあります。


樹林帯ならまだしも、稜線上はかなり強風が吹き荒れている模様。
山荘からさらに独標まで登る予定だった相方も、今回はのんびりモードに
切り替えて、コーヒーを飲んでまったり過ごしました。







winnishiho7.jpg
新穂高ロープウェイ山頂駅展望台より西穂高岳を望む





こちらからはアクセスもよく、わりと身近な北アルプス飛騨側登山口。
大好きな槍・穂にチャレンジするために、これからもたびたび通うことになるでしょう。

この季節に、こんな青空に出会えるなんて・・・
本当に気持ちの良い、雪山トレッキングを楽しむことが出来ました。



  1. 2009/02/09(月) 22:30:02|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

みたび酒粕酵母

sweetboule_top.jpg
スウィートブール







しつこく酒粕酵母ネタいきます。

もはや酵母が酒粕とか、そういうことはどうでもよくなってきました(笑)
ぷくぷくいってる酵母が愛おしく、それでパンが焼けるということがただただ楽しくて。

幸か不幸かわたしにはさほど酒粕自体の匂いや癖があまり気にならないので
たぶんある程度使用範囲も広いのではないか、と。
今までは、せっかくだから酒粕の特色を感じられるようなシンプルなパンを
と考えていたけれど、酵母の意外な使い勝手の良さに気を良くして
とりあえず何でも焼いてみようと、今日は甘い菓子パンにチャレンジです。
普段はテーブルロールばかりで、こういったパンを焼くことはめったにないのですが
やってみればやはり、ちょっとした細工や手間は楽しいものです。




sweetboule1.jpg

最終発酵を終えたパン生地に、ビスケット生地の帽子をぐるぐるっと被せます。
ビスケット生地に関しては、ネットで調べただけでもレシピは無数にあって
好みの食感を見つけるために色々焼いてみるのも楽しそう。
このぐるぐる渦巻きが、焼くととろけてパン生地を包み込む仕掛け。





sweetboule2.jpg

おーまいがっ。
予想以上に膨らんで、流れ出したビスケット部分がくっついちゃった!
相変わらずツメが甘いわたし・・・(苦笑)
でもこのはみ出した部分がサクサクで美味しいのです。





sweetboule3.jpg

相変わらずふわふわのパン生地に、ほんのり甘い薄皮が香ばしく
とても美味しく焼けました。
甘い菓子パンにも、酒粕酵母は良く合うと思います。
こりゃますますバリエーションも広がるわぁ~


  1. 2009/02/02(月) 21:30:11|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。