DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダッチde外めし

dutch_top.jpg
あちゃー、、、焦げたし。





急に冷え込んで、火が恋しいここ数日。
いろいろあってお泊りキャンプには行けないので、
火遊びだけでも楽しもうと近所のキャンプ場にデイキャンプに出かけてきました。
せっかく火を焚くのなら、ダッチオーブンを使った料理を楽しみたいなぁ~


パンは、ずいぶん前に一度焼いたことがあるけれど、記憶が曖昧で、
案の定、火加減をミスって焦げました(泣)


dutch1.jpg

暖とり用のメインの焚き火の横に、パン焼き用の小さなカマドを。
パン生地は夕べのうちに捏ねて、冷蔵庫で一晩 一次発酵しておきました。
現地では、常温に戻しパンチ→二次発酵→分割→最終発酵 の段取りです。
夏ならば、ほっておいてもパンは勝手に発酵してくれますが
今日はとても寒いので、極弱火の熾きの上に置いたダッチの中で発酵を促します。




dutch2.jpg
最終発酵を終えて、さていよいよ焼きに入る生地。



家でなら、ある程度時間で管理が出来ますが
寒い外での発酵の見極めは、勘に頼るところが大きくて難しいのです。
ましてや焚き火で焼くとなると、温度も感覚で調節しながらなわけで
終始手探りのおっかなびっくりだったのだけど、
焼き上がってみれば我ながら会心の出来で思わずニンマリ。




dutch3.jpg

焦げやすいと言われている底側は、こんがりきつね色で大成功。
何より、このもっちりふんわり具合いと言ったらいったい!?
家のオーブンでは、絶対に出せないような食感なのでした。
これもダッチオーブンのなせる業。ダッチオーブン恐るべし。

火加減もわかったし、次回は完璧を目指します!




dutch4.jpg

BLT。
・・・と言いたいところですが、レタスがなかったので雑草を挟んでみました(爆)
あくまでも彩りですので。 もちろん、食べる時にははずしましょう。






dutch5.jpg

そして、今日のメインはタンドリーチキン。
自家製スパイスに漬け込んだ手羽元を、今度は大胆にぼんぼん燃えてる焚き火の中に。
ダッチオーブン本領発揮。




dutch6.jpg

飯ごうで炊いたサフランライスとともに。
これでレトルトのカレー(手抜き)も、なぜか美味しくなっちゃうわけです。





dutch7.jpg

いつもはそのへんの河原で適当に遊んじゃうのだけど
一日腰を据えて遊ぼうと思ったら、やっぱりトイレや炊事場があったほうが便利。
ペットも直火もOKなキャンプ場って、東京近郊ではなかなかないのだけれど
この辺には、管理のおおらかなキャンプ場がたくさんあるのです。

寒くなってきて、これからが静かなキャンプを楽しめる時期。
さて次は、どんな料理で腕を振るいましょうか。



スポンサーサイト
  1. 2008/09/28(日) 01:24:10|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

試行錯誤がハマる理由?

vege_top.jpg

悪天候やら用事やらでここのところ外遊びが出来ないので、おやつネタ続きます。





先日、友人宅への手土産にシフォンケーキを焼いて行ったら
えらく気に入って頂いたご様子。
それ以来、久々にシフォンブーム再来で暇を見つけては焼いています。

シフォンケーキって、誰が焼いてもそう大差は出ないんじゃないか・・・
ということで、フレーバーで勝負とばかりに基本のレシピを無視して
あれこれアレンジしまくるせいか、未だに失敗作を多発しています。

好みとしては、水分含有率が大きそうなしっとりとした感じが好きなのだけど
あまりにふにゃっと柔らかいと、ケーキ自体が自立出来ないなんてことになり
贈り物用には不向きなのです。その按配がまた難しい。



vege2.jpg

今回は、「La Famille」小沢さんの野菜シフォン をお手本に
4色マーブルに焼きました。
色出しに試行錯誤して、あれこれと練りこんでみたけれど
結局は小沢さんのレシピ通りがベストのようです。
きっとかなり研究されたであろうから、当たり前っちゃあ当たり前(爆)


「緑」 ほうれん草パウダー
 野菜パウダーは、ムラなく溶かし込むのが非常に難しいのに
 ほうれん草だけはキレイに溶け込みます。
 生のほうれん草をブレンダーですりつぶしたりもしましたが
 ムラになるし、非常に手間がかかるので断念。

「赤」 トマトペースト
 発色はパプリカの赤がなかなか良かったのだけど、味が最悪。
 にんじんも入れてみたけれど、黄色との差が弱くてイマイチ。
 それにやっぱり、生野菜は下準備が面倒です・・・
 トマトペーストはカゴメが出している6倍濃縮タイプがGOOD。

「黄」 かぼちゃの裏ごし
 パウダーだと色が薄いかな~
 かぼちゃは生でも電子レンジでチンするだけなので簡単。
 ベンのゴハンにもよく使うので、割といつも冷蔵庫に在庫があるし。
 発色もいいし、なんと言っても、断然味が良いです生かぼちゃ!



vege1.jpg

研究に夢中になって何台も焼いたけど、当然食べ切れるはずもなく
一方的に差し入れしたり、我が家の冷凍庫はシフォンでいっぱい。
シフォンケーキは、冷凍保存が可能ですよ~
カットして一個ずつラップで包み冷凍庫へ。
ずぐ解けるので、食べたい時に自然解凍すればOK。


まだいろいろ試してみたいところだけれど
冷凍庫のシフォンがなくなるまでしばしのガマン。
はー、、、楽しい。


  1. 2008/09/18(木) 23:47:02|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

贅沢ロール

sroll_top.jpg




毎年GW頃を最後に、市場からぱったりと姿を消すイチゴ。
相方もわたしも夏生まれ。誕生日にケーキを焼こうかなと思ってはみても
デコレーションの王様・イチゴがないと、なんだかイメージが膨らまなくて
結局何も焼かずに終わることが多いのです。

今日スーパーで、久々にイチゴ発見!
真っ赤に色づいたイチゴを見たら、俄然やる気がおきちゃうから不思議。
でも、カリフォルニアからの輸入イチゴは、色こそ赤けれ見るからに硬くて酸っぱそう。
若干痛みかけてもいるのに、598円!たけー。
一度通り過ぎたけど、やっぱり我慢出来ずに戻ってカゴに入れる。

やっぱりロールケーキかなぁ・・・むふふ。



sroll_1.jpg
今日は、口当たりサクサクのビスキュイ生地。


sroll_2.jpg
一見美味しそうなカリフォルニア産イチゴ。でも実際はめちゃくちゃ酸っぱい。





sroll_3.jpg

sroll_4.jpg

sroll_5.jpg


久しぶりに高脂肪の生クリームを買いました。
200ccで380円。生クリームってこんなに高かったっけ?
今はケーキを手作りするのも大変な時代になりましたね。


食材は、旬のものを食べるのがやはり一番美味しくて体にも良いもの。
だけど、なかなか手に入らないとなると逆に無性に食べたくなるものってないですか?



  1. 2008/09/05(金) 23:59:31|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。