DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若狭小浜のくずまんじゅう

iseya_top.jpg
つやっつやぷるっぷるのくずまんじゅう






高浜からの帰りに、福井を代表する夏の銘菓を味わうべく
くずまんじゅうで有名な小浜の伊勢屋さんに寄り道。
道案内をお願いしたゆきヲさんも同乗して、敦賀までのドライブを
楽しむことになりました。



iseya1.jpg

葛はとてもデリケートなため、冷蔵庫で冷やしてはいけないのだそう。
店内には水槽(生け簀?)があって、小さなカップで固められた
たくさんのくずまんじゅうが、沈められています。
この水は、地下30Mから湧き出る「雲城水」という名の名水。
店内で頂くと、コップに注いでくずまんじゅうと一緒に出してくれます。

このくずまんじゅうを食べられるのは、夏の間だけ(4月中旬から9月末まで)
の期間限定です。





iseya2.jpg

注文を受けると、お姉さんがその水の中から一個一個拾い上げて
かぽっかぽっとお皿に移してくれます。
「3個ずつお願いしまーす!」
そう、ここのくずまんじゅうを頂く場合、注文は、一人2個3個はあたりまえ
5個と頼むお客さんも珍しくはないようです。
つるんとすっきりした葛に、上品な甘味のこしあんがとてもマッチして
飲むように食べられるくずまんじゅう。
なるほど3個など、あっという間にお腹の中に消えました。

もちろん、お土産にも買って帰りましたが
お店で頂く出来立てのくずまんじゅうは、ぜんぜん風味が違うのでした。





nyu.jpg

店を後にし、海岸沿いをドライブしながら敦賀へ向かいます。
水晶浜や美浜など、あまりに美しいビーチを横目に通り過ぎることが出来ず
後が大変なのがわかっていながらまたベンと海で遊んでしまいました・・・(笑)



ゆきヲさんは敦賀から、小浜線に乗ってお家に戻るとのこと。
小浜線は、海沿いを走るローカル列車。 うーん、、、それもまた羨ましい!

美味しいものを食べ、美しい景色を眺め、透き通る海で遊び
若狭の夏を満喫した2日間でした。


スポンサーサイト
  1. 2008/08/11(月) 19:50:43|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。