DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テン泊バンザイ! 前編

tent_top.jpg

夜の唐松岳頂上山荘前 標高 2.620M




学生時代の3年間、夏と冬の休みのほとんどを
八方尾根スキー場にあるホテルの住み込みアルバイトで明け暮れました。
社会人になったその後も数年間、バイト時代の仲間とつるんでは
居候と称して宿に転がり込んでお世話になっていたので
結局はずいぶん長いこと通いつめた思い出の地、白馬八方尾根。
今はそのホテルもなくなって、たまに連絡を取り合う以外、
その頃の仲間と会うこともほとんどなくなりました。

当時はもちろん目的はスキーやボードなわけで
ゲレンデのコースMAPは完璧に頭にインプットされていても
360度に広がる山々が何と言う山かなんて、正直どうでも良かったのです。
山座同定よりも、ゲレンデのコンディションの方がずっとずっと大切だった。




山に登るようになってからは、その思い出の地 白馬は
やはりずっと気になる存在ではありました。
でもまだ今のわたしには、しろうまを週末の一泊山行で縦走する自信はなかったのです。
そんな時、たまたま雑誌で見かけたある写真に目を奪われて・・・
それは、夕日に赤く染まる唐松岳頂上山荘でした。

登山口はなんと懐かしき八方尾根スキー場。 
しかもコースタイム登り4時間半!
ここなら行ける。唐松岳に登りたい!




happo_1.jpg

ポピュラーなアプローチは、麓の八方駅からゴンドラ、リフト、リフトと3本乗り継いで
一気に1830M地点の八方池山荘まで上がってしまうのですが
堅実(?)な登山客は、黒菱林道終点まで車で上がり
ゴンドラ代(往復 1440円×2人)をケチります(笑)。

すでにここは、ゲレンデ内です。青い建物はカフェテリア黒菱。
昔よくお茶したものです。懐かしい~(涙)



happo_2.jpg

以前は、ここから別のリフトが一本運行していたのですが
今年は不景気の煽りか、リフトは運休。
次のリフト乗り場まで自力で登攀。約30分。しょっぱなだし、かなりキツイです。
でもこれでまたリフト一本分(往復 450円×2人)の節約です(爆)

牛の皆さんの間を抜けて登って行きます。
(本当はここは通っちゃイケナイようです。すみません。)
雪のない八方のゲレンデを歩いたのは、もちろん初めてです。



happo_3.jpg

汗だくになって到着したところに、3本目のリフト乗り場があります。
ここで、ゴンドラで上がってきた観光客とも合流。
リフト運行時間前の早朝発ちの人などは、ここからもさらに徒歩で上がりますが
わたしたちはもちろん迷わずリフト使用。
冷たい風が気持ちいい~~リフト最高~~(笑)



happo_4.jpg

赤い屋根が、リフト終点の八方池山荘。
さて、ここからは観光客に混じって、まずは八方池を目指します。
八方池までは、うっかり来てしまったらしいサンダル履きの人や、
子供やお年寄り、軽装のカップルなんかで賑わってます。
結構侮れない登りなんですけどね・・・



happo_5.jpg

ちらほら咲き始めたお花たちを愛でながら、木道や石畳のよく整備された道を
一時間ほど登ると、八方池到着!
この池、よく晴れた日には、池に白馬の山々が映りこむ「逆さ白馬」で
有名なのですが、今日は雲で山々が見えない上に
風で水面がたっていてまったく画にならず。
ぐるりと池を一周して、そそくさと先へ急ぎます。

空が、ちょっと怪しくなってきました。



happo_6.jpg

池から先は本格的登山道。観光客がいなくなり一気に静かな山に。
ふと振り返ると、もう池があんなに小さく。
人間の足ってスゴイなぁ・・・



happo_7.jpg

アルペンムードもぐっと高まって、雪渓もだいぶ増えてきました。
何度か雪渓を渡りますが、もうアイゼンはなくても大丈夫。



happo_8.jpg

丸山ケルンに着くあたりから、だいぶガスが濃くなってきました。
もはや展望もきかず、山並みもまったく見えません。
結構険しい岩場や、痩せた尾根を歩いているようなんだけど
上に行けば行くほどどんどん白くなって
仕舞いには足元しか見えないので、自分がどんなところを歩いているのか
様子がまったくわかりません・・・(涙)



tentba_gas.jpg

それでも一本道なので、迷うことはありません。
無事、山荘に到着する頃にはものすごい風。
受付を済ませたら、強風の中飛ばされそうになりながらテント設営。
そう、今回は初のテント泊山行です。

ここから唐松岳の頂上はすぐそこのようなんだけど
なーんに見えないし、何よりこの強風じゃ散歩もままなりません。
小屋でコーヒーを一杯飲んで、昼寝でもするかとそそくさとシュラフに潜り込みました。




2時間ほど眠ったでしょうか・・・
外の話し声で目を覚まし、テントのファスナーをじじじじと開けてみると・・・

tateyamarenpo.jpg

さっきまで真っ白で何も見えなかったテントの目の前に
うっすら夕日に照らされた立山連峰のシルエットが!
剱岳の雄姿に目を奪われます。
っていうか、こんなところにいたのね、わたし(笑)




tent_night.jpg

手前のオレンジがわたしたちのテントです。
唐松岳のテント場は、本来はここからだいぶ降りたずっと下にあるのですが
残雪があることと、この時期まだテントが少ないことからか
今日はココに張って良いとのこと。
トイレが近くて助かります(苦笑)


ガスは切れたものの、相変わらずの強風で外で過ごすことは出来ません。
まだまだながーい夜ですが、プライベート空間は気兼ねもなく
なんて快適なんだろう!!
荷物はぐんと重くなるけれど、この快適さのためならば
がんばって持ち上げるしかないなぁ、、、やっぱり。

一晩中吹き荒れる強風。
さて明日の天気はどうなることやら・・・



スポンサーサイト
  1. 2008/07/14(月) 21:46:16|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。