DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無印良品 南乗鞍キャンプ場

08camp_top.jpg


テン泊山行用に、山岳用テント・シュラフ・マットを新調したので
その使い心地をチェックするべくキャンプに出かけてきました。
後になって考えれば、そもそもそんな大きなテントは必要なかったのだけど
今までのテントは、この3倍くらいの大きさがありました。

ここ数日留守をして、ベンの温もりに飢えていたわたしは
狭いテントでぎゅうぎゅうになって寝られるのが、実は楽しみだったりもしました。

ちなみに、テントは montbell ステラリッジの2型。
小さいように見えますが、入ってみれば中は結構広くて快適です。




08camp_1.jpg

正面の山は乗鞍岳(3,026M)


ここ、無印良品 南乗鞍キャンプ場には、毎年 OPEN直後とCLOSE間際に
遊びに来るのが恒例になっています。
標高が高いので、オンシーズンはとても短く
シーズン間際はどちらもまだ朝晩の冷え込みがきついせいか、とても空いているのです。
今回も、ほぼ貸切状態で、穏やかなキャンプが楽しめました。




08camp_2.jpg


数年前、子供の迷子遭難事件があったほど、敷地は広大で
森あり、池あり、広場あり、、、釣り、カヤック、MTB、、、
遊ぼうと思えばなんだって出来そうな勢いのあるキャンプ場です。
相方がルアーに出かけている間、わたしとベンは森を散策。




08camp_3.jpg


シラカバやマツなどでうっそうとした森林地帯は
整備はされていますが、高山植物は自然そのままに育っていて
いくつもの花を見ることが出来ます。




08camp_5.jpg


一方、日当たりの良い場内にはそこかしこにワラビが。
うちのほうではもう山菜はとっくに終わっているのだから
ここがどんなに標高が高いのかがわかります。




08camp_6.jpg


日暮れが近づいてきたら、これも楽しみのひとつ露天風呂。
お天気が良いと、目の前に御嶽山がばーんと!
温泉ではないけれど、キャンプ場でお風呂に入れるところなんてそうそうありません。




08camp_7.jpg

アーベントロートの御嶽山。



サバイバル的キャンプを好む人には、あまりにも過保護過ぎていて
ちょっとつまらないかもだけど、こんなに快適なキャンプ場は
なかなかないと思います。
それゆえに、夏休みに入るとエライこっちゃな混雑具合になるようだから
やっぱりこのタイミングがベストなんじゃないかと思います。

そもそも住んでいる場所が山間地帯で、近所にテントを張る場所は
いくらでもある(笑)けれど、たまにはこうやってお出かけ気分も良いものです。




スポンサーサイト
  1. 2008/06/20(金) 22:12:58|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。