DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自家焙煎のススメ

beans_top.jpg


ふたりして好きで、しかもふたりとも濃いーのが好きなもんだから
コーヒー豆の消費量は結構なもの。
とくに味にうるさいってわけじゃないけれど、
インスタントも、挽いて袋で量販されている市販の豆も
わたしはどうも好きになれなくて
やっぱり専門店で買う豆を、淹れる度にミルで挽いて飲みたいのです。
どこの店のこの豆じゃなきゃ!というこだわりはないので
たまたま通りかかった店で買う豆でもいいのです。

味はもちろんのこととして、要は、
味を想像しながら豆を選ぶ→さぁ飲むぞ!とミルで挽く→丁寧にドリップする
という一連の作業そのものもひっくるめて、
コーヒーが好きなんだろうと思います。お茶のお点前、みたいな感覚。




beans_1.jpg


で、その一連の作業をさらに楽しむために
半年くらい前からは、豆の焙煎も自分でするようになりました。
自己流だし、果たしてこの焙煎方法で良いのかどうかは
わからないけれど、煎りたて新鮮な豆が、おいしくないわけはないでしょ。
基本的にコーヒー豆は、焙煎してから一週間くらいが
味も風味も損なわないリミットとされていますから
一回の焙煎で100~200gを煎って、数日で飲みきる、というのが
今のパターンかな。




beans_2.jpg


やり方は簡単。コンロに焙煎カゴを乗っけて
ひたすらくるくる回すだけ。
だけど、煙や匂いが結構すごいし、チャフ(豆の皮かす)が
激しく飛び散るので、場所を考えてやらないと・・・
いつも、テーブルいっぱいに新聞紙を広げて
窓全開、換気扇フル回転で挑みます。





beans_3.jpg


煎り始める前に、悪い豆をつまみ出しておきます。
悪い豆は雑味の原因。結構これが重要みたい。
煎ってしまうとあまりわからないのだけれど
生豆で見ると、品質の違いは一目瞭然です。
やっぱり品質の良いお高い豆は、粒ぞろいでふっくらしているし
はじかなければいけない悪い豆も少ないのです。





beans_4.jpg


豆の量や火加減にもよるけれど
15分も回していると、だんだんに色付いてきて
そのうちパチパチと激しくはじけてきます。
キッチンタイマーとにらめっこしながら
豆の色づき加減を見極めるのは、なにげに緊張の一瞬です。




beans_5.jpg


わたしは深煎りが好きなので、このくらいの色まで。
ふっくらと、生豆の1.5倍くらいの大きさに膨らんで
オイルも出てきてぴっかぴか。
所詮素人だから、若干の煎りムラや
その時々に煎り加減が違ったりするけれど、それもまたご愛敬。





beans_6.jpg


ちょっと前までは、焙煎なんて素人が出来るものじゃないと
思っていたけれど、やってみればとても楽しくて
ますますコーヒーが好きになるのでした。

生豆を仕入れようと、ネットで色々調べているうちに
フェアトレードの意味や、農薬の実情も知りました。
味や価格と共に、これらのことも選択肢のひとつとして考え
納得出来れば買ってみる。
とても小さなことだけど、これもひとつのエコロジー。



スポンサーサイト
  1. 2008/05/23(金) 11:47:08|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。