DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

霊峰白山  その3

hakusan_hinode.jpg

御前峰山頂より眺めるご来光。



murodo_bed.jpg

これが本日わたし達が泊る部屋。
一人に与えられるスペースは半畳ほどで、毛布と枕付き。
不潔という感じはしないけれど、そこはまぁ山小屋なわけで・・・
あえて深く考えないことに務める(苦笑)

山小屋の就寝苦労話は有名な話で
ある程度覚悟はしているつもりだったのだけれど・・・・・



なんと部屋一番のイビキ野郎がわたし達の隣にいた人だったのでした。
狭い部屋に20人の老若男女。人いきれで部屋は異常に蒸し暑く、
汗やら体臭やらなんともつかない匂いが充満しています。
一日大汗かいたのに風呂にも入っていないのだから
当然身体はベトベトと我ながら嫌になるほど気持ちが悪い。
体は疲れているはずなのに、目は冴えるばかり。
ほとんど眠れないまま、悪夢のような一晩をやり過ごし
なんとか午前3時をまわった頃
同じくまんじりともしない夜を過ごしたらしい相方と示し合わせ
部屋を一番に飛び出しました。

これからご来光を拝むため、白山山頂である御前峰に、
暗いうちから登るのです。
ヘッドライトを装着して、歩き始めたのですが・・・
ダメ。ぜんぜんダメ。歩き始めて数分もしないうちに、
立っていられないほどの頭痛と吐き気と目眩に襲われて
わたしはその場にヘタリこんでしまいました。
勇気の撤退、、、というよりむしろそそくさと退散。
カメラを相方に託し、独り寂しく部屋に戻るという体たらく(しょぼん)

hakusan_yari.jpg


というわけでここからは相方カメラ。
日の出前、うっすら明るくなってきた遠くの空真ん中に
とんがって見えるのが槍ヶ岳。


hakusan_hinode2.jpg


キタキターーっ。
その瞬間歓声が沸き上がり、バンザイと拍手が起こったそうです。


gozengamine_1.jpg


山頂には神社があって、いっしょに登ってきた神主さんが
お話と祈祷をして下さいます。まさに信仰の山なのです。




さて、、、フラフラになりながら部屋に戻ったわたし。
誰もいなくなった部屋は、まるで霧が晴れたかのよう。
酸素濃度も確実に上昇していたに違いありません。
静まりかえった涼しい部屋で、相方が戻るまでの2時間弱まんまと爆睡。
するとなんとこれで生き返ることが出来たのです。
それから朝食を食べ、外のベンチでコーヒータイム。
みんなに混じってラジオ体操を第二までばっちり決めたら
ムクムクとやる気が湧いてやっぱりピークを目指したくなってしまいました。

だって吸い込まれそうな青空だったんだもの。
神主さんも言っていたそうです。
「ここ最近では一番のお天気です。皆さんの日頃の行いですね」

gozengamine_2.jpg




というわけで、わたしも無事登頂することが出来ました。

帰りに膝を痛めてしまい、ベソかきながら下山、、、という
最後までなにかと苦しい今回の山行でしたが
人を魅了して止まない白山の魅力を充分理解することが出来ました。
本当に懐が深い山。

またいつか登ってみたいです。
が、山小屋はもうコリゴリ。近々テントを買う予定です(爆)
(室堂の名誉のために・・・山小屋としてはクオリティは高いと思います。とても良い施設ですよ)



霊峰白山 その1
霊峰白山 その2

                

スポンサーサイト
  1. 2007/08/27(月) 21:56:21|
  2. お山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。