DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉄子

etsumi_top.jpg


鉄道ファン、またの名を鉄ちゃん。
以前はほとんど男性の趣味だった鉄ちゃんの世界。
でも最近は、女性のファンも現れて、この女性達を鉄子と呼ぶそうだ。

とても良く晴れた気持ちのイイ休日。
わたしも鉄子よろしくローカル列車のひとり旅に出てみることにしました。
福井市の越前花堂駅から大野市の九頭竜湖駅を結ぶ越美北線は
路線距離52.5km、駅数22駅の全線単線のローカル線。


etsumi_1.jpg


無人駅にて列車を待ちます。
きたきた! いつも見ている車両だけれど、乗るのは今日が初めて。


shanai.jpg


後方乗車、券売機でチケットを抜き取り料金後払い。
乗るなり「録り鉄(走行音などを録音するマニア)」発見。
密かに気分が盛り上がる(笑) 車内はガラガラだけど。


tetsuota.jpg


かと思えば、車窓には「撮り鉄(撮影を趣味とする人)」が!
車で走っていても、結構撮影している人をみかけます。
なんやかんや言ってそんなわたしも撮り鉄のひとり(笑)


etsumi_3.jpg


気分はさながら「電車でGO!」(やったことないけど・爆)


etsumi_4.jpg


景色もだんだんと街から山の中へ。
鉄橋を渡り、トンネルを抜けて、終点九頭竜湖駅到着。


kyouryu.jpg


がしかし、のんびりもしていられません。
単線ゆえ、この車両がそのまま折り返し運転で上り列車になります。
タイムリミットは5分。これを逃すと次の列車まで4時間以上。
とにもかくにも、駅前にある九頭竜湖駅のシンボル巨大恐竜を
記念に撮影して、そそくさと列車に戻ります。




etsumi_2.jpg


越美北線は、2004年7月18日の福井豪雨によって甚大な被害を受けました。
途中、足羽川を縫うように走るこの路線。
荒れ狂った川の水に、5つの鉄橋が落ち、あちこちのレールが流されました。
もともと赤字ローカル線ゆえ、復旧は絶望的とされ廃線の危機も囁かれましたが
多くの人の努力と願いが叶って、今年の6月30日、
全線復旧、営業運転の再開が決まりました。
あの雨の日から今日まで、不通区間はバスにて代行運行されていました。
福井まで通勤通学に利用する人々にとっては、
待ちに待った日になるのではないでしょうか。


今日わたしが乗ったのは、大野から九頭竜までの片道約30分の旅。
全線運行再開されたら、今度はぜひ、福井まで乗ってみようと思います。
もちろんカメラを持って。なんたって撮り鉄子ですから。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/16(土) 22:35:27|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ツバメの赤ちゃん2007

swallow_top.jpg


昨年に引き続き、ことしも会社の軒下にツバメの巣が出来ました。
車を停める駐車場からちょうど見える位置にあるので
毎日巣を眺めるのが日課になっています。



swallow_1.jpg

4/24
今年もまたツバメがやって来た!
去年の巣のお隣に、去年より一ヶ月以上も早い巣作り。
どこからともなく運んでくる木の枝やら草やらで
器用に地道に建築中~



swallow_2.jpg

5/7
巣が完成し、最近親鳥はじっと巣に籠もっています。
お腹の下には、もう卵があるのかな?

しばらくたつと、しきりに巣の中をつっつくようになった。
どうやら、まんべんなく温まるよう、卵を転がしているみたい。



swallow_3.jpg

6/4
祝!赤ちゃん誕生。
体はまだふわふわの産毛。顔より口のほうが大きい。
巣の下でカメラを構えていると、親鳥は警戒して巣に戻らない。
少し離れた物陰に隠れて、そっと望遠で撮影。





追記。

swallow_4.jpg

6/15
産まれてから10日あまり、すっかりヒナたちは成長。
気付くとすでに2羽が巣立ったあとだった。
残ったヒナも、毛繕いに余念がない様子。
昼休みにこの写真を撮影した時いたヒナも
帰るころには全員巣立って巣は空っぽになった。


ツバメの多くは、2週間後くらいに同じ巣を使って2回目の
産卵をするとのこと。
ここの子たちも、戻ってきてくれないかな~

  1. 2007/06/16(土) 08:57:11|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。