DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お気に入りの場所 初夏

jyuku_1.jpg


緑濃くなるこの季節、山の中のお気に入りの場所
今日もステキな顔をたくさん見せてくれました。
みんなに教えたいような、でもほんとは秘密にしておきたいような...


jyuku_4.jpg


前回訪ねた時は、薪ストーブが活躍するひっそりとした冬の季節でした。
お休みのところをご厚意でお邪魔させて頂いたので
コーヒーしか飲めなかったのだけど
今回お電話をしてみると、通常営業とのこと。
気になっていたジャムやお菓子も楽しみに出かけて行きました。


jyuku_2.jpg


いつもの場所に腰を下ろし、コーヒーが来るのを待ちながら
ぼーっと窓の外を眺めます。
雨上がりの晴天の日差しと、昨日の名残のジトジトとした湿気が
相まって、外は相当蒸し暑かったのに
部屋の中はなんだかシンと涼しいのです。
この家にエアコン?まさかねぇ・・・?
キョロキョロとしてみても、もちろんそんなものはなく
窓が閉め切られたこの部屋でふーっと流れてくる風は
天井のシーリングファンからでした。
天井の高い昔ながらの木造家屋ならではの良さなのでしょうか。


jyuku_top.jpg


楽しみにしていたシフォンケーキは、
お庭で放し飼いされているニワトリの有精卵で作られた逸品。
フォークを入れると、じゅわっと音がしました。
添えられたクリームとジャムがまた美味!
見たことの無いジャムの実が気になって尋ねたところ
桑の実だとのこと。どれも無添加の手作りです。
帰りにはしっかりと、この卵とジャムをお土産に購入しました。

jyuku_5.jpg





カフェを後にして車に乗ろうとしたら
車のまわりを鶏たちに囲まれていました。
「ちょっとすみません、どいてもらえますか?」
思わず敬語で話しかけてしまったわたしです(笑)

自給自足的生活を営むここの方々の生き方は
昨今のブームに乗った浮ついたものとはわけが違う
どっしりと年季の入った本物の生活です。
到底真似することは出来ないけれど
見習いたいところはたくさんあって
来るたびに心新たにしてしまうのでした。


jyuku_3.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/06/25(月) 00:03:40|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

用具選びも楽しみのひとつ

goods.jpg


次のトレッキングに向けて、とにかく靴だけは
ちゃんとしたものにしようと始めた準備でしたが
気付けばあれもこれもと、結局一通りのものを買いそろえてしまいました。
靴選びはかなり難航して、いくつもの店を廻って20足近い試着の末、
ようやく自分の足に合うものを見つけたのでした。
靴下は、ぶ厚いのと五本指のインナーソックス。
小ぶりのリュックは、靴に合わせてアースカラーに。
別にいらないかな~と思いつつ買った速乾Tシャツとトレッキングパンツが
後にとても良い買い物だったことが判明。
やっぱり実際登ってみると、本当に必要なもの欲しいモノが
わかってくるもんですね。



genanpo_1.jpg


そうして迎えた待望の2山目は、これまた地元の「銀杏峰(ゲナンポウ)」。
ロープに助けられたり、両手でよじ登ったりの急登続きで
わたしは今回も這々の体でした。
山猿おっさん二人組(相方&ベン)は、相変わらず元気満々で
ペースの合わないわたしは常に置いてきぼりなので
一緒に登っているはずなのに、なぜか独歩状態なのです(泣)



genanpo_7.jpg


やっとの思いで頂上に到着~!
登山口で先を譲った中年グループの皆さんが
のんびりとお昼を食べていました。
私たちより30分も早く着いたとのこと。皆さん健脚でいらっしゃる!
ベンはすっかり皆さんのアイドルになってしまい
代わる代わるにツーショットスナップにおさまっておりました。



genanpo_top.jpg


午前中は白山が顔を出していたらしいのだけど
わたしたちは見ることが出来ませんでした。
確かに残念だったけど、こうして天候による悲喜こもごもも、
山歩きの楽しみのひとつかもしれません。

北陸もついに梅雨入りです。
雨ガッパを新調した相方には、雨の週末も関係ないみたいだけど。
  1. 2007/06/22(金) 23:50:26|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鉄子

etsumi_top.jpg


鉄道ファン、またの名を鉄ちゃん。
以前はほとんど男性の趣味だった鉄ちゃんの世界。
でも最近は、女性のファンも現れて、この女性達を鉄子と呼ぶそうだ。

とても良く晴れた気持ちのイイ休日。
わたしも鉄子よろしくローカル列車のひとり旅に出てみることにしました。
福井市の越前花堂駅から大野市の九頭竜湖駅を結ぶ越美北線は
路線距離52.5km、駅数22駅の全線単線のローカル線。


etsumi_1.jpg


無人駅にて列車を待ちます。
きたきた! いつも見ている車両だけれど、乗るのは今日が初めて。


shanai.jpg


後方乗車、券売機でチケットを抜き取り料金後払い。
乗るなり「録り鉄(走行音などを録音するマニア)」発見。
密かに気分が盛り上がる(笑) 車内はガラガラだけど。


tetsuota.jpg


かと思えば、車窓には「撮り鉄(撮影を趣味とする人)」が!
車で走っていても、結構撮影している人をみかけます。
なんやかんや言ってそんなわたしも撮り鉄のひとり(笑)


etsumi_3.jpg


気分はさながら「電車でGO!」(やったことないけど・爆)


etsumi_4.jpg


景色もだんだんと街から山の中へ。
鉄橋を渡り、トンネルを抜けて、終点九頭竜湖駅到着。


kyouryu.jpg


がしかし、のんびりもしていられません。
単線ゆえ、この車両がそのまま折り返し運転で上り列車になります。
タイムリミットは5分。これを逃すと次の列車まで4時間以上。
とにもかくにも、駅前にある九頭竜湖駅のシンボル巨大恐竜を
記念に撮影して、そそくさと列車に戻ります。




etsumi_2.jpg


越美北線は、2004年7月18日の福井豪雨によって甚大な被害を受けました。
途中、足羽川を縫うように走るこの路線。
荒れ狂った川の水に、5つの鉄橋が落ち、あちこちのレールが流されました。
もともと赤字ローカル線ゆえ、復旧は絶望的とされ廃線の危機も囁かれましたが
多くの人の努力と願いが叶って、今年の6月30日、
全線復旧、営業運転の再開が決まりました。
あの雨の日から今日まで、不通区間はバスにて代行運行されていました。
福井まで通勤通学に利用する人々にとっては、
待ちに待った日になるのではないでしょうか。


今日わたしが乗ったのは、大野から九頭竜までの片道約30分の旅。
全線運行再開されたら、今度はぜひ、福井まで乗ってみようと思います。
もちろんカメラを持って。なんたって撮り鉄子ですから。
  1. 2007/06/16(土) 22:35:27|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ツバメの赤ちゃん2007

swallow_top.jpg


昨年に引き続き、ことしも会社の軒下にツバメの巣が出来ました。
車を停める駐車場からちょうど見える位置にあるので
毎日巣を眺めるのが日課になっています。



swallow_1.jpg

4/24
今年もまたツバメがやって来た!
去年の巣のお隣に、去年より一ヶ月以上も早い巣作り。
どこからともなく運んでくる木の枝やら草やらで
器用に地道に建築中~



swallow_2.jpg

5/7
巣が完成し、最近親鳥はじっと巣に籠もっています。
お腹の下には、もう卵があるのかな?

しばらくたつと、しきりに巣の中をつっつくようになった。
どうやら、まんべんなく温まるよう、卵を転がしているみたい。



swallow_3.jpg

6/4
祝!赤ちゃん誕生。
体はまだふわふわの産毛。顔より口のほうが大きい。
巣の下でカメラを構えていると、親鳥は警戒して巣に戻らない。
少し離れた物陰に隠れて、そっと望遠で撮影。





追記。

swallow_4.jpg

6/15
産まれてから10日あまり、すっかりヒナたちは成長。
気付くとすでに2羽が巣立ったあとだった。
残ったヒナも、毛繕いに余念がない様子。
昼休みにこの写真を撮影した時いたヒナも
帰るころには全員巣立って巣は空っぽになった。


ツバメの多くは、2週間後くらいに同じ巣を使って2回目の
産卵をするとのこと。
ここの子たちも、戻ってきてくれないかな~

  1. 2007/06/16(土) 08:57:11|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

100年の歴史を曳く

hikiya_top.jpg


ここ福井県奥越地方は、古くから繊維の街として栄えてきました。
とくに、お隣の街勝山市には、今もたくさんの繊維関連の会社があり
かくいうわたしも、その業界に勤める者のひとりです。

現在は近代化も進み、百年以上前に栄華を誇った当時の木造工場は
時代の流れとともに壊されて、市内ではもうほとんど残っていないのだそう。
そんな中、この旧木下機業場は、平成10年にその役割を終えるまで
この社屋で操業を続けていたというからそれもまた驚き。
今現在の建物の老朽化はかなり深刻なもので、家は守る者がいないと
退廃に拍車がかかるのだということを実感する。

この建物を解体撤去するか保存するかで、かなり意見はわかれたよう。
この佇まいですから、構造補強や外内部の改装にはかなりの税金が
投入されることになるでしょうから。
が結局、この旧木下機業場は、勝山の近代化を支えた繊維産業の
歴史を物語る貴重な産業遺産として市の指定文化財に指定され
今後は「(仮称)おりものミュージアム」として保存されることが決定しました。


hikiya_4.jpg


施設の整備にあたり、建物を移動させることとなり
現在、引き手を募集しています。
取り壊しを逃れた4割が残るこの建物は、延べ床面積1000㎡。
渡り廊下などが連なったままの総重量240tの建物群を
50台のジャッキを使って浮き上げ、レール上を約30m 人力で大移動させようという曳き家イベント。
家曳きは、解体・建替コストにくらべ遥かに経済的だそうで
古民家の移築などでも使われる工法のようです。



hikiya_3.jpg


当時を偲ばすノスタルジックなサインプレート。
昔は集団就職などで、多くの女工さんが地方から働きにきていたとか。
この機業場は、玄関や事務所などを備えた本格的な工場として
市内最古に位置づけられています。


hikiya_2.jpg


老朽化が深刻な内外装。
今は工事のために中は空っぽですが、糸繰り機や整経機などの機械・器具類など
貴重な遺産がそのままに残っていたのだそう。
周囲の工場が生産性の高い鉄製の織機を導入しても、できる限り半木製織機を使い続けてきた。
「東京のしにせ業者からは、半木製の『きしみ』で糸が柔らかく打ち込まれ、羽二重の風合いが良いと評価された」と、3代目社長だった木下さん談。



hikiya_1.jpg


レールの準備も着々と進んでいる様子。
このレールの上を、200人で引っ張るとのこと。


賛否両論意見は色々あると思うけれど、保存すると決まったからには
ぜひ、有意義な施設となることを願いたいと思います。
完成予定は09年の春を予定。

  1. 2007/06/13(水) 00:36:50|
  2. 日々のたわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

登ってみねの

ihuri_ven.jpg


「~してみねの」とは、「~してみてね」をこちらで言う言い回し。
この方言をタイトルにした「登ってみねの福井の山」は
地元の山岳会の方々が自費出版した福井の登山・ハイキングの本。

minenoo.jpg



今回歩いたのは、地元の人なら必ず一度は登ったことがあるという
もっとも身近な山「飯降山」。
なぜなら、地元の小・中学校の遠足で、皆必ず一度は登る山なのだそう。
子供が遠足で登るくらいなら、、、と、侮るなかれ。
たったの884.3Mではあるけれど、日頃の運動不足が祟るわたしには
そりゃもう、大変な登り2時間半でした。


ihuri_5.jpg


先を行くのは、「エネルギー補給は大切」などと言いながら、
クッキーを分け合い食べながら歩く余裕のおっさん二人組。
こっちは息があがって食べ物を口にする余裕などないというのに。
山男ベン太郎、先日9才を迎えまだまだ元気いっぱいなのです。

ihuri_3.jpg

わたしたちの間を行きつ戻りつ張り切るベン。



登り初めて20分。早くも眼下の街が小さくなってきました。
田んぼばかりだと思っていたけれど、こうして見ると家がギッシリ。
この日は薄曇りで、展望はあまり良くなかったけれど
疲れて立ち止まるたびに後ろを振り返り、自分の住む街を何度も眺めました。

ihuri_2.jpg




本格的に山歩きなどしたことがないので、軽装もいいところ。
次回歩くときは、せめて足下だけでも決めたいと思い
ただ今ハイキングシューズを物色中。

そもそも忍耐が嫌いなこのわたしが、まさか山に登ろうなどと思うとは・・・
それもこれもこの相棒・ベンの存在が成せる技なのですが
まだまだ元気とは言っても、お互い(笑)年齢による体力の衰えは否めません。
無理はせず、のんびり歩けるコースを選びながら楽しみたいなと思います。
なんたって、せっかくここはそんな山々に囲まれた土地ですから。

ihuri_top.jpg

頂上付近の広場にて、登頂記念にはいポーズ。


  1. 2007/06/03(日) 00:23:34|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。