DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花を愛でる心

hirugano_top.jpg


歳を経るごとに、女の興味は変化をしていくそうである。(相方・談)
イタメシだスウィーツだと、食べ物に夢中だった若い頃を過ぎると
いつしか興味の対象は花へと移行する。
どうやらわたしも、完全にオババの領域に到達したのかもしれない。
こんな季節の花を愛でる心がわかるようになった。


hirugano_2.jpg


我が家から2時間ほどのドライブで辿り着く「ひるがの高原」は
小さなスキー場を持つ、今は少々寂れた感の拭えないこじんまりしたリゾート地。
雪解けから初夏にかけては、点在する湿原に折々の花が咲く。
ミズバショウが特に有名らしいのだけど
それよりちょっと早いこの時期は、ザゼンソウの群生が見られます。
お坊さんが、座禅を組んでるみたいでしょ?それがこの花の名の由来。


hirugano_3.jpg


ベンと一緒に、のんびり写真を撮りながら遊歩道をお散歩。
田舎の何がいいかって、どこへ行っても人がいないこと(笑)
東京近郊ならこうはいきませんから。
道中だってずっと山の中。なんでもない山道で
「美味しい湧き水」の看板を発見して立ち寄れば、
そこにもザゼンソウが群生してました。



相方曰く、興味の最終的移行先は「石」だそうだ。
石の魅力を見出せるようになったら、人生もかなりの域ということでしょうか。
ちなみにわたしは、まだまだ食欲も捨てられない未熟者ですが。

スポンサーサイト
  1. 2007/04/14(土) 00:42:25|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。