DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

焚き火といえばダッチでしょ

台風の影響がまだ微かに残り、くるくる変わる空模様を気にしつつも
今日もいつもの焚き火ポイントへ行ってきました。
この秋の週末は、たいていこうしてお山に出かけては
火を熾してランチをするのが定番になっています。

dutch_1.jpg


先日のキャンプでは、食事にはまったく手をかけなかったし
そろそろBBQなんかの焼き物関係にも飽きてきたので
今日は久々にダッチ料理にでもしてみようかな、と。
ダッチオーヴンを買って初めて作ったのは
DOを手に入れたら誰もが一度は作るであろうスタッフド・チキン。
丸鶏というだけでなんとなく豪華に感じるけれど
実はすごーく手軽で簡単なメニュー。

dutch_2.jpg


鶏さん全身とお腹の内側にクレイジーソルトをまんべんなく塗りたくり
丸ごと野菜といっしょにDOに投入。
あとは焚き火の中に放置するだけ。
チキンのお腹には、お米やパンを詰め込むのがホントだけれど
今日は手抜きで空っぽだから、火にかける時間は30分で充分。
「焚き火に放置」と言っても、実はちょっとしたポイントがあるので注意。

dutch_3.jpg


火はぼーぼー燃えてる時じゃなく、オキになってから投入すべし。
肉は底に触れてる部分が焦げるので、アルミ箔のボールなどで底上げすべし。
あとはフタの上にもオキを乗せて、皮がぱりっとするまでじっくりロースト。
上下火の火加減がちょっと難しいけれど、
フタの隙間から香ばしい匂いが漂ってきたら完成~!

dutch_4.jpg


水も油も何も使っていないのに、ほっこりジューシーな鶏と野菜たち。
ベンもへばりついて離れない美味しさでございました(笑)
スポンサーサイト
  1. 2006/10/08(日) 20:33:40|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。