DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禁漁中の楽しみ方

この土地は山に囲まれた盆地。
いくつもの川が流れていて、釣り好きの間では知る人ぞ知るの渓流もあって
遠方からの他府県ナンバーの車が入っているのもよく見ます。
釣り好きの相方は、春から秋まで暇さえあれば釣り竿担いで川に通っていました。
でも今は禁漁中。
繁殖期に入った魚を保護するために、釣りをすることを禁止されているのです。
こんな時期は海釣りも楽しいのだけれど、
やっぱり渓流の気持ちよさは捨てがたいわけで・・・

yamamichi.jpg

家から2~30分も走ればこんな山の中へ。
この山は、百名山に数えられる荒島岳。
わたしも来年チャレンジしようと思っている(!)1500mの山。


yougyojyo.jpg

山道に入ると間もなく、荒島養魚場到着。
釣り場は、この養魚場が管理する自然の渓流を活かした約1キロ区間ほどの川。
好きなポイントを選んでこれから釣ろうという時に、
ここで養殖している魚をバケツ一杯ほど放流してくれます。
言ってみれば天然釣り堀?邪道っちゃあ邪道なんですけどね・・・(笑)


tsuriba_zenkei.jpg

お天気はイマイチだけど、冷え込みもなく釣り日和。
マイナスイオン出まくり~
ルアー、フライ、エサ、テンカラ、どんな釣り方でもOKな管理釣り場って、
実はなかなかないんだそう。わたしは一番お手軽なエサ釣りで。ちなみにエサはイクラ。


koji_ven.jpg

魚はよくこういう滝壺の溜まりに潜んでいます。
放流された魚たちは、すぐに泳いで下ってしまうのではなく
岩場に潜んだりしながらしばらくこの辺に留まっています。
今放流された魚だけでなく、前の釣り人が釣り残した魚や天然の魚もいるので
かなり魚はたくさん潜んでいるようです。
ベンもお供。久々の川遊びでとても張り切っております~


sitashori_1.jpg
sitashori_2.jpg釣った魚はすぐに下処理。
鱗、内臓、エラなどを取り除いておきます。
大小いっぱいのニジマスGET!
いつもはリリースするのだけど
今日はいただくことにしよう。




sumiyaki.jpg

こんな時のためにと車に積んであった使い捨てのBBQコンロで塩焼きに。
尺超えの大物は、家に持って帰ってお刺身に。
えっ?川魚をお刺身に~~!?
大切に育てられた養殖のニジマスは、お刺身でも食べられるんだそう。
見た目も味もサーモン! 大変おいしゅうございました。
そして、今夜のベンのゴハンにも。
内臓だけ取って丸ごとホイル焼きにしたら、ペロッと平らげました。

釣りセンスのないへったくそなわたしでも、とても楽しめるカンツリ。
こちらはもう、いつ雪が降ってもおかしくないくらい冷え込んできました。
今日が本当に、今シーズン最後の渓流かなぁ・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/11/24(木) 09:53:10|
  2. 田舎の風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。