DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の頂き物 その2

渓流の脇に車を停めて、いつものように釣りに入る準備をしていると
山の奥から出てきた車がわたしたちを見てすーっと止まった。
窓からおじさんが顔を出し、「釣れるかー?」と。
今来たところで、これから入るところだと告げると
ここいらは、去年の豪雨(昨夏、福井県は集中豪雨に見舞われ
大打撃を受けている)で魚が流され、今年はあまり釣れていないんだと言う。
うーん、、、新しく発見した場所なのに、残念・・・

するとおじさん、おもむろに車から降りてきてハッチを開ける。
すると、なんと積まれたカゴに様々な種類のキノコがたくさん。
「これ、天然の舞茸!」と、自慢気にご披露。
なにしろ天然の舞茸は見つけるのが非常に困難で、発見出来た日にゃあ
舞い上がるほど喜んじゃうってのが名前の由来と言われるほどの貴重品。
山奥の、人が簡単には入れないような場所に生息していて
在処を知っている人は、家族にも場所は教えないっていう話も。
当然、市場では高級品としてかなりの値が付いている。
そんな舞茸も山盛り積まれていた。
たぶんわたし、相当良いリアクションしたんだと思う(笑)
気をよくしたおじさん、両手に乗るくらいの一株をポン!と。
みそ汁に入れてもいいけれど、わたしは天ぷらにして、塩で食べるのが好き!
kurumi.jpg


釣りをするために渓流に入るには、車を停めてから
山道を歩いて抜けて行くことが多いのですが
途中、こんな拾い物をすることもあります。(↑画像参)
クルミって、銀杏と同じように、周りの果肉を腐らせキレイに洗いとると、
よく見るクルミの形が現れるのですねー。
考えてみれば当たり前のことなのに、恥ずかしながら初めて知りました。
果肉が腐りきっていなかったクルミが、まだ庭にたくさん放置されています。
早く洗わねば~~
キレイに洗ったクルミは、しばらく天日干ししてから使います。
山クルミは、菓子用クルミなんかよりずっと風味があるのだそう。
細かく砕いて、お菓子にパンに料理にと、これから活躍してくれそうです。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/29(土) 21:46:22|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。