DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋の頂き物 その1

こちらでは、野菜や果物などをよく頂きます。
大概は、自分の庭や畑で採れたもののお裾分けです。
自分では絶対に買うことはないであろう食材もあったりするので
調理するのもチャレンジで新しい発見があり楽しいです。

前回、山栗のお話を書きましたが、もちろんこちらでは
家に栗の木があるお宅もたくさんあります。
山栗と違い実が大きいので、使い道もたくさん。
栗ご飯もいいけれど、今回はいっぱい頂いたので、
お菓子用に加工しておくことにしました。

栗加工品って、すごく高価なのがよくわかります。
皮剥きはとても大変だし、渋皮煮に至っては、
2~3日がかりで煮上げるとても手間暇かかるもの。
一個一個手にとって皮を剥きつつ、初めは、果てしない作業に気が遠くなるのだけれど
なぜだろう、、、気付くと無心になっていたりして
これはあの、マラソンランナーも陥るというランニングハイならぬ
栗剥きハイなんではあるまいか・・・
というわけで、渋皮煮と甘露煮、できましたー!
kuri_kakou.jpg


熱処理したビンに小分けに詰めたので、これから少しずつ、お菓子にしていこうと思っています。
まずは渋皮煮でシュー・モンブラン。
渋皮煮を裏ごしして、生クリームやラム酒と混ぜ合わせたクリームを
モンブラン口金で絞り出したのだけど、口金の小さな穴に、渋皮のカスが詰まったらしく
スムーズに絞り出てくれずになんともミジメな有様に・・・(涙)
でもま、味はとてもイケてたので良しとしますか。
kuri_chou.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/10/28(金) 21:49:43|
  2. 台所
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。