DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ただいま放置中。

150315_top.jpg
アップルクランブルマフィン






ご無沙汰しておりますm(_ _)m
トップに広告が現れても尚、放置を続けた怠け者です。
もうすっかりサボり癖が身に付き、罪悪感もなくなりました。
ってか別に誰にも悪いことなどしていないのだけれど(笑)
チラホラと心配の声もいただきましたので
ここらでとりあえず広告を消しておこうかな、と。

相変わらず元気にしておりますよ。
週末、出かけると言えばゲレンデか、一人だったらお茶くらいで
わたしのヘナちょこボードを見せられたところで、面白くもなんともないだろうと
記事にすることもありませんでした。

このところ相方は、週末のたびに山スキーに出かけて留守にしているので
わたくしもフリータイムを満喫しております。
今日は久々にマフィンを焼いたので、これでネタが出来た!と、そんなとこ。



150315_1.jpg

150315_2.jpg

突然焼こうと思い立ったのはいいのだけれど
買い物に出かけるのも億劫で、
家にあるものを物色してみても、あったのは林檎一個。
いつものARIさんレシピを、いつものように適当にアレンジして作ってます。

ベースはまぁまぁだったのですが、上に乗っけた林檎がね・・・
林檎自体がボヤーンとした味な上に、生焼けな感じがなんとも。
やっぱり、フルーツまるごと生載せ、わたしはあまり好きじゃないな。





150315_3.jpg

引き続き、サボり生活は続くと思われますが
またやる気がみなぎる日が来るかもしれないので
まぁながーい目で、見守って頂ければ、と思います。

3月にして結構な雪も降り、寒い日が続いていた奥越地方ですが
明日から一気に春めきそうな予報。
暖かくなるのはうれしいのだけれど、花粉がね・・・(>_<)



スポンサーサイト
  1. 2015/03/15(日) 15:48:51|
  2. 台所
  3. | コメント:10

目から鱗のクックパー

b150128_top.jpg
似非ボルガライス弁当







目から鱗シリーズ第二弾♪
いつもの弁当ネタですが、内容的に今日はこちらに。


先日、新宿の京王百貨店で、「福井県の物産と観光展」なる
催事が行われていたそうです。
福井のグルメに関しては、今や我が家より詳しいんじゃないか?という
bebe矢車草チームがもれなく出かけていて、あんなものがあった、
こんなものを食べたと、楽しそうな報告をくれました。


b150128_4.jpg
photo by 矢車草

その中のひとつがこれ、「どこでもボルガライス」(笑)
本物を知っている者としては、トホホ感が拭いきれませんが
まぁ面白いのでネタ的にはアリでしょうかw


さて、、、前置きが長くなりましたがようやく本題。
うちも明日のお弁当をボルガライスにしよーっと!と思いつくも
ボルガライスはもちろん、オムライスはたまに作るお弁当ですが
”ごはんを玉子で包んでキレイにお弁当箱に収める”
というのがなかなか難しくて、未だに納得いくオムライス弁当を作れた試しがありません。
今度こそ!
そう思っていたタイミングで、たまたまペラペラめくった雑誌に乗っていた記事に釘付け!


b150128_5.jpg

うちでは、魚焼き用グリルの網が古くなって、お魚がくっつくので使っています。
これでビックリするくらい簡単にオムライスが出来ちゃったんです。
いや~、こんな使い方があったのか!クックパー。





b150128_3.jpg

この写真ではちょっと分かりづらいかもですが、フライパンにクックパーを
直に敷いて、その上に卵液を流し込んでいます。
もちろん、油などは必要ありません。
卵に火が通りかけたらグルグル混ぜて半熟状にして
その上にケチャップライスを。
あとは、クックパーの四隅を持って手で包み込むように形作ると・・・
気持ちイイくらいにクックパーから玉子がツルンと剥がれるので
そのまま弁当箱にイン!
フライパンも汚れないので、忙しい朝にもお片づけは楽チン♪





b150128_1.jpg

ちょっと玉子に色が入りすぎちゃったけどね。
薄焼き玉子でくるんだりするよりずっと、オムライス感UPです。

今日のカツは、豚コマ肉のミルフィーユ豚カツ。
ゆえに、”似非”ボルガライスなのでした。



  1. 2015/01/28(水) 22:07:49|
  2. 台所
  3. | コメント:2

鰤三昧

141207_top.jpg
ブリ大根






ブリを半身レベルで料理に使いたいという方からその話を聞いて
真っ先にかんちゃんのお顔が浮かぶ。
先日、東京から遥々遊びに来てくれた友人の越前カニが欲しいという
リクエストにも、相談に乗っていただいたお魚のプロのかんちゃん。
さっそく連絡を取ってみると、仕入れましょうと快く引き受けて下さった。
折しも北陸には寒波がやって来ていて海は時化ている様子だから
タイミング良く希望に適う鰤が仕入れられるのかちょっと心配していたのだけれど
約束の日の早朝、市場に並ぶその日一番の上物を競り落としたと連絡をいただいた。
敦賀であがったその鰤は、10.7kgとのことでした。



141207_1.jpg

ちょっと荒っぽい写真でご勘弁を(笑)。
当初、「半身で1.5~2kg程度の鰤を」とお願いしたのですが
それならもっと大きな鰤を仕入れて、美味しいところを選んで
ご希望の分だけお分けしましょうとの申し入れ。
そのほうが絶対に美味しいから、と。

希望されていた方にお渡しする分とは別に、我が家の食卓用に冊で少し、、、
とお願いしておいたら、こんなスゴイのが届きました!(笑)
ちなみにこれ、前の晩に1/3くらい食べちゃった残りです。
で、上に乗っかってるのは、カマ。
これも、スーパーなんかでは絶対に手に入らない見たこともない肉厚っぷり。
当然ひと組(二枚)ありましたが、一枚は夕べ塩焼きにして食べちゃいました。
さらに、サービスでアラも付けていただいてました。
カマのお代を、、、と言うと、カマは魚屋にとってはアラと同じなので(たぶん、
違うと思いますがw)サービスです、と。
ってか、今回の切り身自体、信じられないお値段で譲っていただいたんです。

恐縮するわたしに
「魚屋にとって、その日一番の魚を競り落とせるのはとても幸せなこと。
今回、この魚を買わせていただけたことが嬉しいので」
ですって! 粋なかんちゃん、リップサービスもお上手だこと!(笑)





141207_2.jpg

今夜のために用意した、大吟醸生酒を呑みながら
刺身、ブリしゃぶ、カマの塩焼きを堪能♪
お刺身は言うまでもなく、驚いたのはブリしゃぶ!
今まであまり、せっかくのブリをしゃぶしゃぶにする意味を見い出せなかったのだけれど
素材がいいと、ブリしゃぶもまた格別なモノになるのだということを発見しました。

翌日曜日、さっそくアラを大根といっしょに煮込みました。
せっかくの素材なので、いつもより丁寧に下処理。
そこそこ美味しく仕上がったんじゃないかな?と思います。




---
元々、うちの会社のM係長のお友達だったかんちゃんとは
なんとなくご縁が繋がってお知り合いになった山と川の先輩でもあります。
我が家と趣味が似ているということもあるし、
かなりのグルメで食べ物のお話は聞いているだけでも楽しい方です。
相当なお酒好きでもあるみたいなので、そのうちぜひお酒の席でもご一緒したい
感じではあるのだけれど、うちのM係長と同じく酔うと厄介(爆)らしいので
どうしようかな・・・やめとこうかな・・・(笑)
かんちゃん、ごちそうさまでした♪


  1. 2014/12/07(日) 15:18:15|
  2. 台所
  3. | コメント:0

キャラon角砂糖

141108_top.jpg
ドラえもんアイシング






角砂糖乗せキャラアイシング第二弾♪
アンパンマンに続いて、これまたキャラの王道・ドラえもん。
明日も仕事だってのに、夜な夜な睡眠時間削ってこんなことしてるアホウですw


141108_1.jpg

141108_2.jpg

↑作業過程はこんな感じー。
時間を見計らって途中でやめて続きは明日に・・・とかにすればいいのだけれど
熱中すると、途中でやめられなくなっちゃうのよね。
結局一気に仕上げて、一晩乾燥。





141108_3.jpg

翌朝には固まっているので、シートから剥がして角砂糖の上にオン!





141108_4.jpg

相変わらず胡散臭さ全開のドラえもん・・・
黒のラインは非常に細かいので、だいぶプルってます(笑)
まだまだ修行が足りません。





141108_5.jpg

前回のアンパンマンと比べると、ちょっと大きくなっちゃった。
それになんとゆーか、改めてアンパンマンってカワイイな、と。
こんなにシンプルなデザインなのに、人を惹き付ける力がハンパない。
やなせ先生、やっぱスゴイな。



次はなに作ろうかな、、、そろそろ例のヤツ逝っちゃう?(爆)


  1. 2014/11/08(土) 23:47:05|
  2. 台所
  3. | コメント:12

ジビエのススメ

141013_top.jpg
しし肉ベーコンと小エビのパスタ  by MOCCOLI'Sキッチン








この3連休(わたしは2連休)我が家は、本当なら遠方まで遥々キャンプに
出かける予定でした。
わたしは生憎、前半が仕事だったため、後半にやって来るらしい台風の影響を
懸念して、残念ながら不参加と相成ったわけですが
このタイミングで相方がたまたま、知り合いから猪肉をいただいたので
キャンプで振舞うべく、しし肉のベーコンを下準備していたのです。

かなり手抜きの簡単レポではありますが、久々に、相方のつぶやきによる
燻製シリーズ、いってみたいと思います。
いつものように写真は相方のスマホカメラ。原文ママ、です。



141013_1.jpg

しし肉が手に入ったんで、ベーコン作ってみる。

写真ではふた塊ありますが、ひとつは普通に焼いて食べました。




141013_2.jpg

5時間 塩抜き完了!あとは冷蔵庫で乾燥。




141013_3.jpg

ガレージで、コーヒー片手にまったりケムケム中の相方。




141013_4.jpg

飴色に燻せた。しし肉ベーコン。味見は、一晩置いてからね。




141013_5.jpg

でけたー。これからパスタ。

だいぶ脂身の多い部位だったみたいで・・・
味見で少し焼いて食べてみたら、やっぱり塩抜きが甘くてしょっぱい。
というわけで、、、パスタにしようということになりました。




141013_6.jpg

相方が作ってくれるんだそうです~! 気分はもこみちくん。
(でも片付けるのはわたし・・・なんでやねんorz)




141013_7.jpg

完成~♪
にんにくを効かせて、小エビと共に和えました。
うーん、、、燻製香がいいですねぇ!
しし肉、普通に焼くとやっぱり多少のクセがあり、お肉も硬かったりするんですけど
ベーコンにするとそれらはまったく気にならずぜんぜんイケてます。





---
田舎では、野生動物による農作物への獣害は深刻な問題で、場所によっては
田んぼに高圧電流柵などを設けて対策する農家も珍しくありません。
わたしにしても、会社帰りの山道で、運転する車の前を横切る猪の親子に遭遇
したことも、一度や二度ではありません。

とくに嶺南地方では、ニホンジカが激増して問題になっています。
木の皮や下草などを食い荒らすことにより樹木が立ち枯れて森林生態系にも影響。
森林が持つ保水力の機能が失われ、表土がむき出しとなり雨で土砂が流出し、
災害を誘引する。
昨今環境省では、鳥獣保護法改正で、野生生物においては「保護」から「管理」へと
対策が検討されているそうです。
コントロールしていかなければならないのなら、少しでも無駄にならない方向に・・・

最近では都会でも、ジビエ料理もだいぶ浸透してきていると思いますが
日本では流通にまだまだ課題がたくさんあるようで、専門料理店でもない限り
一般的にはなかなか手に入れることは難しいのではないでしょうか?
ここらでは狩りをする方もまだいらして、熊に人間が襲われたときなどは
地元の猟友会の方々にその後のケアをお願いしたりもしています。
そういう方々がまだいらっしゃることもあり、野生動物のお肉をいただく機会も
少なからずあるわけです。

命あるものをいただくというのは、牛や豚や鶏とも同じ。
十分に調査、分析した適正な捕獲を願うとともに、
再び正しい生態系を取り戻す未来を念頭に、わたしたちもその過程を担う者との
思いを忘れずジビエ料理に向き合っていけたらいいな、、、と思います。
みなさんも、機会がありましたらぜひ。



  1. 2014/10/13(月) 22:13:34|
  2. 台所
  3. | コメント:10
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。