DAY BOOK from countryside

田舎暮らしビギナーが愉しむ田舎の暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プチトマト その後

tjam_top.jpg
トーストに、プチトマトジャムを乗せて






相変わらず、採れ続けている相方の菜園のプチトマト。
一日の収穫量はたいした量じゃないのだけれど、使いきれない分が
毎日少しずつ溜まっていくので、ちょっと気を抜くとあっと言う間に袋いっぱいに。
冷蔵庫の野菜室の占有率がどんどん高くなってきて、相方が収穫してきた
トマトのザルがキッチンに置いてあると、思わずギョッとしてしまうのでした(笑)


pickles_1.jpg

ドライトマトにもチャレンジしてみたけれど、この夏の不安定な天候に阻まれて
2回失敗してやめました。
なんせ、3日以上好天が続かないのです。
おまけにそもそも北陸地方は湿気が多く、お日様の力だけで乾燥させるのは
無理でした。カビてしまうのです。
本当なら、低温のオーブンでじっくり時間をかけて枯らし焼きをすると良いのだ
そうだけど、この蒸し暑い中、それはちょっとなー、、、と。





pickles_2.jpg

ならばピクルスに!

プチトマトだけじゃつまらないから、夏野菜いろいろで作ってみよう~
そう思い立つとついつい張り切ってしまい、アレもコレもと食材を用意。
キュウリ、にんじん、ブロッコリー、ペコロス、ヤングコーン、ゆで卵・・・
あややや、、、プチトマトのスペースがぁ~




pickles_3.jpg

ピクルス液のデキが悪かったのか、なんかイマイチなんだよな~
これも失敗だったか・・・






じゃあコレは?



tjam_1.jpg

プチトマトジャム。
フルーツで作るジャムと同じ要領で、湯剥きしたプチトマトを
砂糖で煮詰めるだけ。



ぬを~っ!!
これはいいんでないの?


tjam_2.jpg

砂糖の量は、トマトの甘さによって調節する必要がありますが
うちのトマトはごっつ酸っぱかったので、今回、50%で。
これまでどうしても邪魔になってたこの酸味が、ジャムにすると
いい味を醸し出すのです。

トマトの実は完全には潰さずに、ゴロリと残す感じで。
種のつぶつぶが、すごくいっぱい出るのですが
このジャムに関しては、ほとんど気になりません。






tjam_3.jpg

口に入れた最初の感じは、いちごジャム。
後からトマトの風味が残る感じ。

パンにつけたりしてもいいけれど、カレーやミートソースの
隠し味にも使えるかもね。



これなら保存も利くし、これからもうしばらく採れるであろうトマトの
行方は、これで決まりかな。


スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 20:36:10|
  2. 収穫だより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

赤い宝石

tomato_top.jpg
プチトマトのマリネ








家の裏庭のちょっとしたスペースを利用して、相方が野菜を育てています。
ナスやら枝豆やらオクラやら、今は夏野菜が結構収穫出来ています。
なんだか鬱蒼とジメッとしているし、虫も多くて、わたしはその場所が
なんとなく好きになれなくて、あまり行きたくないのだけれど
大葉とか、バジルとか、料理のアクセントにちょっとだけ必要、、、
みたいなものが結構便利で、さささと摘みにだけ行っています。


tomato_1.jpg

それにしてもプチトマト、採れ過ぎ。ぶどうの如き鈴なり。
お弁当の彩りにもなるからってリクエストしたけれど、
毎日こんなに採れては食べ切れませんて。






tomato_2.jpg

そのまま食べるのにももう飽きたし、保存食にもなるミートソースにでも
するしかないか?
その前に、今日はちょっとマリネにでも。
バジルも収穫したもの。





tomato_3.jpg

熱湯に2~30秒くぐらした後、氷水へ。
面白いようにつるんと剥けるのです。
たくさんあると、一個一個面倒なのですが、わたしはこういう作業が大好きで。
山菜の後処理とか、釣った小あじの下処理とか、こまごまちまちまと地道に
作業するわたしを見て、相方は「栗仕事」と総称します。
秋にしている栗剥き仕事が、相当印象深いようです(笑)





tomato_4.jpg

tomato_5.jpg

マリネ液に漬け込んで半日ほど寝かせば出来上がり。
オイルが染みると益々ツルツルと輝いて、まるで宝石のよう。
でも、そうたくさん食べられるものでもないし
やっぱり大量に消費するには、結局ミートソースにするしかないか・・・(苦笑)





  1. 2009/08/01(土) 22:31:58|
  2. 収穫だより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

間もなく収穫!

勤めに追われて相変わらず残業だ休日出勤だの毎日。
お陰で毎年楽しみにしていた山菜採りにもまったく行けず
気付けば春を通り越して季節はすっかり夏の様相。

去年の秋に色々植え付けた畑も、お世話はすっかりお義母さん任せ。
「いちごが赤くなってるから採って来たら?」
そう言われて久々に畑に足を運ぶと・・・

ichigo_top.jpg


野菜たちの成長ぶりにはびっくり。
冬の間、ずいぶんと長いこと雪の下にいたのに
こうしてちゃーんと元気に育ってくれるのだなぁ・・・

いちごは去年、食べきれないほど出来てしまったので
苗を半分にしたのに、それでも今年も食べきれないくらい出来てしまいそう。
誰かいちご狩りに来ない~?

他にも収穫間近なものがいっぱい。

broccol.jpg

ブロッコリー


cabbage.jpg

キャベツ


pump.jpg

かぼちゃ


onion.jpg

たまねぎ


potato.jpg

じゃがいも


negi.jpg

にんにく


他にも、ナス、ピーマン、パプリカ、トマト、オクラ、スイカ、メロンなどなど。
忙しさに負けず、これからはもう少し畑に顔を出さないと・・・
  1. 2006/06/07(水) 22:37:58|
  2. 収穫だより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

雨ばっかり

毎日毎日、雨、雨、雨・・・
どうせ平日は朝から晩まで窓のない部屋で仕事詰めだから
お天気なんて晴れていようが荒れていようがまったく関係ないのだけれど
週末雨だとなーんにも出来やしない!(怒)
ベンとのお出かけはもちろんのこと、ようやく布団も干せる季節になってきたというのに。
そういえばこの気候のせいか、今年は花粉症をまだ発症していません。
去年突然花粉症になり、去年の今頃は本当に辛い思いをしました。
だけど体にマッチする薬に出会ってからは、ほとんどノープロブレムに。
まだ症状は出なくても、今年もすでに耳鼻科にて薬は準備万端処方済み。

とはいえ、この気候で喜んでいるヤツもいるわけで。

kinoko_1.jpg


2~3年前だったか買ったシイタケのホダ木。
今までまともな収穫がなかったのに、ここへ来て急成長!
ちょっと前に傘が出始めたのを確認はしていたのだけれど
忙しさでついつい忘れていたら、あらら、ちょっと育ち過ぎちゃったみたい(笑)

kinoko_3.jpg


さっそく今夜の食卓で、網焼きにして七味醤油で、天ぷらにして塩で。
シイタケ苦手の人だったら、絶対に食べられないであろう香りの強さ。
肉厚でとても美味しかったです。
ホダ木もまだまだ元気。当分シイタケ狩りが楽しめそうです。

kinoko_4.jpg

  1. 2006/04/15(土) 21:26:50|
  2. 収穫だより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目指せ!自給自足への道

ichigo1.jpg
まだこちらに移り住む前の昨年の秋から
小さな畑を借りています。
家から車で出かけないとならないのが
ちょっと不便なのですが
JAが提供してくれている格安の土地で、
素人から半プロの人々が
思い思いの畑仕事を楽しんでいます。
昨年は当然、休暇でこちらに来る時にしか畑の様子は見られないため
世話はこちらの父母がしてくれていました。
今年の春からは、私達も満を持して参戦!

左の画像は、植え付けたばかりのイチゴ。
苗は、農家の親戚から分けてもらっています。
去年も植えたイチゴ。今年の春は食べ切れないくらいのイチゴを収穫しました。




hatake_top.jpg

左は10月の初め、畑をおこした時の様子です。 お義父さん、特別出演(笑)
夏野菜が終わり、すべてキレイに引き抜いたあと
新たに土をおこし直してウネを作っているところ。
昨年は、クワを持ってすべて手でおこしていたのでとても大変だったけど
今年からは、小型の耕耘機を借りたので、土の質も向上し作業効率もグンとUP!
お義父さんの後ろにちらっと移っている赤いのがソレ。
後方に、ナスなどの夏野菜がまだ多少残っています。

さて、右の画像が最近の様子。
イチゴとタマネギにはマルチ(黒いビニールカバー)がかかっています。
マルチには、雑草除けや保温の目的があるのだそう。
他にも、水菜、にんにく、大根、ホウレン草、エンドウ豆などが植わっています。

mizuna.jpg

水菜は、今がまさに収穫期。
食べきれないほど収穫出来ちゃうので、サラダではなく炒め物にして食べています。
ザルに山盛りいっぱいの水菜も、炒めるとほんの一握りになってしまうので
たくさん摂取出来て、栄養面でも◎。


daikon1.jpg

種まきが少々遅かった大根・・・
雪が降るまでに、収穫出来るかがちょっと微妙な感じ。
だけど、葉っぱだって栄養満点の立派な食材。
間引き菜は、お味噌汁や炒め物に利用します。

今は水やりの必要もあまりなく、畑に行くのもたまーにです。
豪雪に負けず越冬し、来年の春の食卓を賑わせてくれる野菜達、、、

まだまだ経験のない素人集団ゆえ、試行錯誤で失敗も多いのですが
ゆくゆくは、もっと種類も増やして行きたいと思ってます!
  1. 2005/11/18(金) 10:50:10|
  2. 収穫だより
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。